商品一覧を見る お客様の声を見る  カートを見る  マイページログイン
 >   >   >  【頭皮の悩み特集】育毛シャンプーを解析してみた!

ヴェフラコラム

【頭皮の悩み特集】育毛シャンプーを解析してみた!

毎日実感していなくても着実に進む薄毛


私たちの髪は平均して10万本の髪が生えていて、老化や紫外線、生活習慣の乱れにより髪の太さや量は次第に減少します。
気づいた時に慌ててしまうよりも今から育毛シャンプーで頭皮ケアをして、将来イキイキとした健康な髪でい続けませんか。



育毛シャンプーと市販のシャンプーの違いって?


育毛シャンプーと市販のシャンプーは大きく分けると、頭皮に与える影響力だと思います。
市販のシャンプーは高級アルコール系シャンプーで、価格が安い界面活性剤を大量に使用しています。
ここで『界面活性剤ってなに?』という疑問が出てきます。
界面活性剤を分かりやすく例えると、スーパーで売っているドレッシングを想像してください。
何もしない状態のドレッシングは油と調味料が分離した状態で、使う時に振って油と調味料を混ぜなければいけません。
シャンプーもオイルと美容液が入っていますが、振って使わなくてもすでにオイルと美容液が混ざっています。
これは何故かというと、油と馴染みの良い界面活性剤が入っているからです。
つまり界面活性剤はシャンプーを作る時に必要なもので、その種類も3種類存在します。
①石油系
②石鹸系
③アミノ酸系
先に述べた価格の安い界面活性剤というのが①の石油系になります。
シャンプーの価格も安いので一般に多く出回っているのですが、洗浄力の強さが強力な為、シリコンで手触りをよくしています。
それでは育毛シャンプーはどうなのかというと、多くのシャンプーはノンシリコンシャンプーでシリコンを配合していません。
そして③のアミノ酸系であることが多いです。
アミノ酸はベタつきがちな頭皮や乾燥しがちな頭皮まで、あらゆる肌の悩みに対応できる優れものです。
その理由が界面活性剤の中で一番肌にやさしく、弱酸性で低刺激なため敏感肌の方も安心して使うことができます。
さらに潤いをキープしてくれることからエイジングや薄毛で悩む頭皮にやさしく働きかけてくれるのです。



おすすめのシャンプー♪


ノンシリコンで毛穴はすっきりし、アミノ酸で潤いをキープしながら洗い上げてくれるそんな優秀なシャンプーがveflaモイストクレンジングシャンプーです。
『モイスト』...アミノ酸、真珠エキスをはじめとした9つの有用成分が乾燥から守り、潤いをキープしてくれます。
『クレンジング』...ノンシリコン処方が頭皮や毛穴を清潔に保ち、健やかな髪を育てます。
抜け毛や薄毛で悩む原因は、シャンプー選びが間違っていることがあげられます。
肌に負担をかけるシャンプーは出来るだけ避け、髪だけではなく頭皮を労わるシャンプーにかえてみませんか。

>> vefla モイストクレンジングシャンプーの詳細はこちら


関連記事

>> シャンプー分析、解析に関する記事一覧へ