>   >   >  紫外線と毛髪・頭皮の関係

ヴェフラコラム

紫外線と毛髪・頭皮の関係

後悔する前に知って欲しいこと


紫外線が髪や頭皮に悪影響を及ぼしていることは、美意識の高まっている現代女性なら誰でもご存知かと思います。
しかし本当にその意味を知っていますか?

紫外線には2つの原因要素があります。



・A線→シミ・シワの原因

・B線→ほてり・炎症の原因



A線は皮膚の奥まで到達し、それが毛髪ですとキューティクルを通りぬけコルテックスに悪影響を及ぼします。

コルテックスはキューティクルの内側にある、髪を構成する大きな部分であり毛髪の9割がコルテックスです。

コルテックスはケラチンといわれるたんぱく質で出来ており、紫外線はそのたんぱく質を壊してしまいます。

それにより髪のパサつきや乾燥、そして退色の原因となります。



B線は肌の表面にダメージを引き起こすもので、海や山で赤く炎症を起こす原因がこのB線です。

これが頭皮に直接ダメージを与え毛穴が萎縮し頭皮が固くなってしまいます。

頭皮が固くなるという事は血流が滞ってしまうので、髪を育てる大切な栄養素が毛根に送られなくなってしまいます。

そして毛穴から分泌されている皮脂を酸化させ、ニオイの発生やエイジングの進行を進めてしまいます。



効果的な対策法


紫外線をたくさん浴びてしまったらその日のうちにしっかりとケアしてあげることが大切です。
皮脂が酸化してしまわないように毛穴に残っている皮脂をシャンプーで洗い落としてあげましょう。
veflaモイストクレンジングシャンプーはシリコンが入っていないノンシリコンシャンプーなので頭皮や髪を清潔にしてくれます。
そしてアミノ酸配合により、やさしくマイルドに洗いあげ紫外線による乾燥から頭皮・毛髪を守ってくれます。
紫外線により毛髪が細くなったり、白髪や薄毛に悩む前にまずは基本に立ち返ってみましょう。
30代から髪質も頭皮環境も変わり始めます。
どんどん低下していく髪質を修復、そして活性化させてあげましょう。
エイジングを進めない為にもシャンプー選びはとても大切なことです。

>> vefla モイストクレンジングシャンプーの詳細はこちら


関連記事

>> 女性の枝毛、切れ毛に関する記事一覧へ