>   >   >  <知っていましたか?>薄毛を進行させていたのは実は...シャンプーでした

ヴェフラコラム

<知っていましたか?>薄毛を進行させていたのは実は...シャンプーでした

シャンプーの鉄則


薄毛の現象として多いのが、うねった髪がニョキニョキと生えてくるというものです。
これは毛穴に詰まった汚れや皮脂が髪の成長に影響を及ぼし、真っ直ぐ生えてくるのを邪魔しているからです。
そこで大切なのがシャンプーの選び方で、頭皮を重視するか髪を重視するかで選び方が変わってきます。
ですが自分に合ったシャンプーがわからない、どれも同じだという人は一度自分の頭皮の状態を確認してみましょう。
肌に合わないシャンプーをし続けることは薄毛の進行を早めるだけです。



頭皮タイプ


・頭に痒みあり
これはオイリータイプの頭皮の人に多く、毎日シャンプーをしているのにベタついたり臭いがしたり不快な症状が現れます。
ひどい乾燥肌の人も皮脂量が多い場合がり、これはインナードライ状態に陥っていると考えていいでしょう。



・頭に痒みなし
これは普通、乾燥、敏感肌タイプの頭皮の人だと考えられます。
皮脂量は普通ですが環境によってドライ、オイリーへと移る可能性があります。



使用感で選ぶ


シャンプーの洗浄成分には「せっけん系」「アルコール系」「アミノ酸系」「ベタイン系」があります。
せっけん系とアルコール系は洗浄力が高く、皮脂が過剰でベタベタが気になる人におすすめです。
せっけん系は肌への刺激が少ないのですが、アルカリ性なので洗い上がりがパサついたりゴワゴワしたりします。
アルコール系は安価なので市販で販売されているシャンプーはほとんどがこのアルコール系です。
安価なので経済的ではありますが、洗浄力や肌への刺激が強く薄毛で悩む人の頭皮にはあまりおすすめできません。

次はアミノ酸系とベタイン系ですが、両方とも洗浄力はやや弱く、肌に対する刺激が少ないため頭皮にとてもやさしいです。

パーマやカラーを繰り返している人はアミノ酸系かベタイン系がおすすめです。



このようにシャンプーによって使用感は異なります。

薄毛で悩む人は毛穴がつまっていたりフケが出たり、臭いがあったり痒みがあったりと必ずトラブルを抱えています。

出来るだけ肌にやさしいアミノ酸系かベタイン系のシャンプーを選ぶことがおすすめで、正しいシャンプー選びは薄毛を改善する近道になります。

>> vefla モイストクレンジングシャンプーの詳細はこちら


関連記事

  • 白髪染めとシャンプーの関係
  • 白髪染めの危険性 白髪染めの悪影響で最も多いのはアレルギーと髪へのダメージです。 白髪染めの中にはアレルギーを引き起こしてしまうパラフェニレンジアミンという物質...
    >> 続きを読む
  • 旅行とシャンプーについて
  • 荷物が重くなるなどの理由でシャンプーを持っていかず、旅行先のホテルや旅館にあるシャンプーを使用することがあると思います。 その時に「いつもよりベタつく」「パサ...
    >> 続きを読む

>> 自分に合ったシャンプー選びに関する記事一覧へ