商品一覧を見る お客様の声を見る  カートを見る  マイページログイン
 >   >   >  オイリー肌だと思っていたら大間違い!?そのケア危険かも・・

ヴェフラコラム

オイリー肌だと思っていたら大間違い!?そのケア危険かも・・

こんにちは!vefla美容研究所の瀬戸です。

汗ばむ日が多くなってきましたが、皆さまこの時期お肌の乾燥は気にならないですか?

「乾燥よりもお肌のテカリの方が気になる…。」
そういう方の方が多いかもしれないですね。

ですが、お肌の中が乾燥してしまっているがために、
その気になるテカリが出てしまっているのかもしれません!

夏はインナードライ肌に注意!


インナードライ肌というのを聞いたことはないでしょうか?
文字通り、内側が乾燥している状態の肌のことを言います。

乾燥してしまっているお肌を守ろうと、皮脂が過剰に分泌されてしまい、
中はカラカラ、外はべたべたという厄介なお肌になってしまうのです。

しかもインナードライ肌は、特に夏になりやすくなります。
それは、まず紫外線。
紫外線はお肌の乾燥を招きますが、これによってインナードライ肌になってしまう方も少なくありません。

そして次にエアコンです。
エアコンの付けた部屋は乾燥してますよね?
もちろんこれによりお肌も乾燥してしまいます。
そしてお肌の内側までも…。

インナードライがもたらす影響とは


ここでインナードライ肌かどうかチェック!

・洗顔後何もつけずいるとしばらく乾燥しているが時間が経つと脂が出てくる
・毛穴が開いている
・化粧ノリが悪い
・ニキビができやすい
・皮脂が出ているのにお肌のつっぱり感がある

以上に当てはまるほどインナードライ肌である可能性が高いと言えるでしょう。

インナードライになってしまうと、上記のチェック項目にもありますが
毛穴が目立ってしまったり、お肌はテカっているのにつっぱってしまったり、
化粧水の浸透が悪くなるなど、お肌にとって良くない影響をもたらします。

対策をしましょう♪


インナードライ肌の対策はお肌の潤いを守ることが非常に重要になってきます。
そして皮脂の取りすぎにも注意。
お肌のテカリが気になるからと言って、洗浄力が強い洗顔料を使用したり、
さっぱりタイプの化粧水や乳液を利用したり…。
本当はお肌の乾燥が招いたテカリなのに、皮脂を取り除こうとケアすることでインナードライに拍車がかかり、
ますますお肌をいじめてしまう結果に。

以下の点に注意しながら普段のスキンケアを行いましょう。

●過剰な洗浄力の洗顔料は避け、お肌に優しい洗顔料を選びましょう。
そしてたっぷりの泡でお肌をこすらずに優しく洗います。

●化粧水はしっかり浸透させましょう。
べたつくからと言って適当につけるだけではお肌は潤いません。
手のひらで顔を包みお肌の奥まで浸透させるようにするとより効果的です。
その後は乳液やクリームなどでしっかり蓋をします。

●あぶら取り紙の使い過ぎに注意しましょう。
中は乾燥していると言っても、やはりテカリは気になるもの。
ついついあぶら取り紙でごっそり皮脂を取り除きたくなりますが、
あぶら取り紙は必要以上に皮脂を取りすぎてしまいます。
そんな時はティッシュオフ!
気になる部分はやさしくティッシュでおさえましょう。

VEFLA洗顔フォームでお肌の潤いをキープ♪


そこでおすすめはVEFLAパーリィモイストフェイシャルフォーム

VEFLA洗顔フォームはお肌に優しいアミノ酸系の洗浄成分を使用しています。
お肌にとって必要な潤いを残して汚れだけを洗い流すので、
洗顔後つっぱりを感じないというお声を沢山いただいてます!
また、洗顔後の化粧水の浸透も良くしてくれるので、
いい化粧水を使ってるのに効果を感じられないという方にもおすすめです。
お肌の潤いキープ=お肌のハリやキメ、トーンアップにも!

VEFLA洗顔フォームは濃密泡ではなく軽い泡立ちです。
これはアミノ酸特有でなのですが、慣れない方には物足りなさを感じる場合も…。
ですが、お肌を洗うのに濃密すぎる泡は必要ありません!
泡立てネットでふわふわに泡立ててご使用ください♪

泡立て方法はこちら♪⇒http://vefla.jp/lp02/howto/


関連記事

  • 白髪染めとシャンプーの関係
  • 白髪染めの危険性 白髪染めの悪影響で最も多いのはアレルギーと髪へのダメージです。 白髪染めの中にはアレルギーを引き起こしてしまうパラフェニレンジアミンという物質...
    >> 続きを読む
  • 旅行とシャンプーについて
  • 荷物が重くなるなどの理由でシャンプーを持っていかず、旅行先のホテルや旅館にあるシャンプーを使用することがあると思います。 その時に「いつもよりベタつく」「パサ...
    >> 続きを読む

>> 自分に合ったシャンプー選びに関する記事一覧へ