>   >   >  2分で分かる女性の薄毛とホルモンの関係

ヴェフラコラム

2分で分かる女性の薄毛とホルモンの関係

女性ホルモン=薄毛なの?


女性の薄毛の一因に、ホルモンが関係しています。
女性の髪が美しくツヤやかであるのは、女性ホルモンが分泌されているからなのですが、更年期に入ると女性ホルモンが急激に低下し男性ホルモンの影響を受けやすくなります。
女性にも男性ホルモンが分泌されており、更年期や老化の影響でホルモンバランスが崩れることから、「髪の老化」へとつながります。
髪の老化はパサつきや白髪だけではなく、抜け毛が多くなりやがて薄毛へと悪化していきます。



今すぐできる予防と改善策


薄毛や抜け毛になってしまった場合は、予防と改善に意識を向けてみてはいかがでしょうか。
まずは予防ですが普段お使いのシャンプーはどのような洗浄成分かご存知ですか?
市販されている多くのものは高級アルコール系シャンプーであり、洗浄成分が高いことがあげられます。
洗浄成分が高い方がいいのではないかと思われますが、薄毛やその他の頭皮トラブルを抱えている肌には刺激が強すぎるのです。
特に男性ホルモンの影響を受けている頭皮は過剰な皮脂が分泌されている事が多く、何度も洗髪をしてしまう傾向にあります。
ですが、しっかりと洗髪しているにも関わらず半日もしないうちに臭いが気になったり髪がベタつくことはありませんか?
これは刺激の強いシャンプーで洗うことから頭皮が乾燥し、乾燥から肌を守るために過剰に皮脂が分泌されるからです。
そこでおすすめなのがアミノ酸シャンプーです。
アミノ酸シャンプーはシャンプーの中で最もやさしい洗浄力が特徴です。
そのため頭皮を乾燥させることなく潤いを与えてくれるので、さまざまなトラブルから予防することができます。

そして次に体質を改善するという事も大切です。

体内の女性ホルモンを増やすことは出来ませんが、食事で女性ホルモンと同じ働きをする食品があります。

さらにアミノ酸を多く含む食品も合わせて摂ることで、髪を構築しているタンパク質を補うことができ、活き活きとした健康的な髪を育むことができるでしょう。



エイジングケアとしてのシャンプー選びと食生活を見直すことはとても大切なことだと言えるのではないでしょうか。

>> vefla モイストクレンジングシャンプーの詳細はこちら


関連記事

>> 女性の薄毛に関する記事一覧へ