>   >   >  ストレスと薄毛の関係

ヴェフラコラム

ストレスと薄毛の関係

ストレスフリーではない現代社会に生きる私たちは、様々なストレスを抱えこんでいます。
人間関係や仕事の多忙で心休まるときがない日々を過ごしていると、身体のいたる所に症状が現れます。
中でも、とても増えているのが「薄毛」です。
とくに女性の方は行き過ぎたダイエットや、恋愛などで悩みストレスを抱えてしまうケースがとても多いのです。
ですが皮肉にも「頑張ってキレイになろう」「もっと若々しく保ちたい」という女性の気持ちが結果的にストレスを溜め込んでしまう原因になってしまっています。
髪が命という女性にとって薄毛になるという事は心もダメージを負ってしまうのです。



心と髪のバランス


そもそもストレスから薄毛になるというのは、どの様な関係があるのでしょうか。
それは「血行不良」です。血液をコントロールしているのは自律神経
ですがストレスにより心と身体のバランスが崩れてしまうと、自律神経が正常に働かなくなってしまいます。
すると血液から栄養を吸収していた髪はやせ細り、薄毛になってしまうのです。
つまり髪に十分な栄養を与えてあげることが大切だとわかります。



シャンプーが効果を発揮する


血流が悪くなってしまった頭皮にダイレクトにアプローチする方法がシャンプーです。
シャンプーには頭皮によいマッサージ効果があるのでとてもお勧めです。
しかしここで注意して欲しいのが「ごしごし洗わない」ということ。
血流を意識しすぎてごしごしと洗ってしまう方が多いのですが、物理的な刺激は肌にとって最大のダメージなのです。
あくまでやさしく行うことが大切です。

ではシャンプーにもこだわってあげましょう。

アミノ酸系シャンプーは肌にやさしくとても低刺激なのが特徴です。指どおりのいい潤い成分なので髪が絡まることもなく丁寧なマッサージが行えます。

veflaは肌にやさしいアミノ酸が配合されており、ノンシリコンシャンプーが頭皮を清潔にしてくれます。

シャンプーを見直して、抱えている悩みから一歩踏み出してみましょう。

>> vefla モイストクレンジングシャンプーの詳細はこちら


関連記事

>> 女性の薄毛に関する記事一覧へ