スタイリングとケアのW効果!ヘアクリームがおすすめの理由

髪の毛を美しく仕上げていきたいのなら、ケアは必要不可欠です!

でも、スタイリング剤などでオシャレを楽しんでいると、どうしても髪にダメージがかかってしまいます。

そこで今回はスタイリングとケアのW効果が期待できる「ヘアクリーム」についてご紹介します。

この記事は、こんな人におすすめ

  • 美しい髪の毛を育てたい
  • オシャレを楽しみながら、ケアにも力をいれたい
  • ヘアケアとスタイリングをダブルで行いたい
  • ヘアクリームとオイルの違いが知りたい
  • 髪の毛が痛んでいる

ヘアクリームとは?

スタイリングとヘアケアを同時に補える、ヘアクリーム。

基本的にはスタイリング剤ですが、最近の商品には髪の美しさをキープするために必要な栄養成分も含まれているのです。

ヘアオイルも一般的ですが、こちらでスタイリング&ヘアケア剤として、おすすめするのは「ヘアクリーム」です。

その理由をまとめてみました。

ヘアクリームがおすすめの3つの理由

さて、ヘアクリームがおすすめの3つの理由を確認してみましょう。

理由1.髪全体に馴染みやすい

 ヘアオイルは一部分にベタッとついてしまったり、全体に馴染ませようとして付けすぎてしまうことも少なくありません。

でも、ヘアクリームならその心配はありません。

手のひらの上で伸ばしやすいテクスチャーとなっており、手のひらから髪の毛全体にまんべんなく塗ることができます。

オイルのように、垂れてこないのも大きなメリットです。

理由2.髪を乾燥から守ることができる

ヘアクリームは髪の毛一本一本になじみやすく、髪を乾燥から守ることができます。

特に乾燥しやすい毛先や、コテなどでスタイリングする箇所を中心に、髪の毛を乾燥から守ってあげましょう。

理由3.ベタつかない

「オイルはベタつくから、苦手」という人は、意外と多いですよね。

ヘアオイルに比べて、ヘアクリームの方がべたつきが少ないので、さらりとしたつけ心地になります。

髪の毛が細い人や、毛量が少ない人はヘアオイルを使うと、ペタッとなってしまうので、ヘアクリームをおすすめします。

まとめ。ヘアクリームをケアに使おう

スタイリングとヘアケアの両方の役割を持っている、ヘアクリーム。

おすすめの理由は、こちら↓

  • 髪全体に馴染みやすい
  • 髪を乾燥から守ることができる
  • ベタつかない

オシャレをするためには、髪の毛そのものが美しくある必要があります。

是非、ヘアクリームを日々のスタイリングとヘアケアに、お使いになってはいかがでしょうか?

薄毛で悩む女子に飲んでほしい!おすすめの飲み物5選

「髪の毛が薄くなってきている」「薄くなった髪の毛を何とかしたい」という女子も多いはず。

ヘアケアは毎日コツコツと進めていくのが基本ですが、1日3回の食事だけですべてを補うのは、難しいですよね。

そこで今回は「薄毛で悩む女子に飲んでほしい!おすすめの飲み物5選」と題して、美しい髪の毛を作り上げる効果が期待出来る飲み物をご紹介していきます。

この記事は、こんな人におすすめ

  • あまり大きな声では言えないが、薄毛に悩んでいる
  • 毎日ヘアケアをしていきたい
  • 薄毛を何とかしたい
  • 髪の毛にボリュームを取り戻したい
  • 自炊をする時間がない

薄毛で悩む女子へ!おすすめの飲み物5選

ヘアケアは、じっくりと焦らずコツコツとが基本です。そこで手軽に取り入れられる「飲み物」で、発毛・育毛対策をしていきましょう。

1. 豆乳ココア

豆乳とココアのコンビは、薄毛対策にはとても効果的です。

なぜなら、それぞれに高い効果が期待できる栄養素がたっぷりと含まれているからです。

ココア:頭皮環境を整えて、抜け毛予防効果のあるポリフェノールがたくさん含まれている。

豆乳:豊富なイソフラボンが、薄毛を引き起こす過剰な男性ホルモンを抑えてくれる。同時に、髪のツヤやコシをキープしてくれる。

豆乳ココアはコクがあって、とてもおいしいですよ!

2. リンゴと小松菜のスムージー

美しい髪の毛を作るために欠かせないビタミンCを摂取できる、リンゴと小松菜。

皮にも栄養がたっぷりと含まれているので、リンゴは皮ごとミキサーにかけましょう。

リンゴ、小松菜、氷、水や豆乳などをミキサーで混ぜ合わせれば、スムージーの完成です。

3.ホット黒蜜きな粉豆乳ラテ

体を温めて血流アップを図りながら、イソフラボンの栄養もたっぷりと摂ることができるのが、ホット黒蜜きな粉豆乳ラテ。

温めた豆乳に、スプーン1杯の黒蜜ときな粉を混ぜれば完成です。

4.コーヒー

頭皮環境が良くなければ、健康な髪の毛なんて全然生えてきません。

そこで、コーヒーが役に立ちます。

コーヒーを飲むことで血液の流れが良くなって、結果として頭皮環境が良くなるのです。

カフェインを含んでいるので飲みすぎには注意ですが、1日2杯を目安に飲んでいきましょう。

5.ゴボウ茶

ゴボウ茶に含まれるサポニンがポイント!

サポニンは老廃物を外に出して、頭皮環境を根本から整えて、髪の毛を生えやすくしてくれるのです。

飲み物でおいしく!発毛・育毛対策

今回は、おいしくヘアケアをテーマに、発毛・育毛に効果的な飲み物のお話をしました。

もう一度、おすすめの飲み物をおさらいしましょう。

  • 豆乳ココア 
  • リンゴと小松菜のスムージー
  • ホット黒蜜きな粉豆乳ラテ
  • コーヒー
  • ゴボウ茶

飲んですぐに髪の毛が生えてくるわけではありませんが、効果が期待できることは間違いありません。

是非、毎日の生活におすすめの飲み物を取り入れて、コツコツとヘアケアをしていきましょう。

薄毛に効くサプリとは?サプリの種類と効果的な摂取方法まとめ

「薄毛をどうにかしたい!」と薄毛専用のシャンプーや育毛剤ばかりを試し続けていませんか?実は薄毛のお悩みには外からのアプローチだけではなく、内側からのケアも大切なんです。


そんな内側からのケアに便利なのが「サプリメント」。日頃から美容や健康のために摂取している方も多いのではないでしょうか?様々な種類があるサプリメントですが、薄毛に効くサプリメントとは一体どのような栄養素のサプリなのでしょうか?


今回は薄毛に効果的なサプリメントと、正しく効果的に結果を出すための摂取方法をご紹介していきます。


薄毛に効果的なビタミンとは?


薄毛に効果的と言われている栄養素は以下の5つです。


1. 亜鉛
2. ビタミンB2
3. ビタミンB6
4. ビタミンE
5. ビタミンC


髪の毛を主成分となる「ケラチン」を合成する機能を持つ「亜鉛」は、三大栄養素の中でも不足しやすい栄養素として知られています。牡蠣やレバー、ウナギなどに多く含まれていますが、毎日摂取することが難しい栄養素でもあるため、サプリメントでの摂取がおすすめです。


他にも亜鉛の吸収を助けるビタミンB2とB6、頭皮の血流を促進させて発毛を促すビタミンEとCも一緒に摂取するのがおすすめです。


過剰摂取に注意?正しく効果的な摂取方法


薄毛にいいと言われている亜鉛ですが、実はむやみやたらに摂取すればいいわけではありません。過剰摂取すると倦怠感や発熱、脱水症状など身体に悪影響を及ぼす可能性があることがわかっています。気軽なサプリメントでは特に注意したい栄養素でもあります。


さらに、サプリメントの効果をより実感するためには、サプリメントと一緒に外からのアプローチである薄毛に効果的なシャンプーやトリートメントを使うことが大切です。髪を育むための頭皮環境を外からのアプローチで改善し、髪を育てるのに必要な栄養素をサプリメントで内側から摂取することでようやく、髪をつくる環境がフル稼働できるようになるのです。
忙しい毎日で不足しがちな栄養素を補いつつ、効果を実感するために毎日の食事に気をつけたり、睡眠など生活習慣も改善できるようになることが理想です。


いかがでしたか?一見難しいと思われがちな内側からのアプローチも、サプリメントを有効活用することで気軽に始めることができますね。現在さまざまなメーカーから薄毛に特化したサプリメントも発売されているので、ぜひ自分に合ったサプリメントを選んで薄毛対策を始めてみてはいかがでしょうか?

1月2月は要注意。髪のパサつきお助け術

1月2月は、本当に乾燥が激しくなる季節。 インフルエンザが流行しますし、ノロウィルスも蔓延します。

このような感染症が流行するのは、空気が乾燥しまくっているからです。

そこで影響を受けるのが、髪の毛や頭皮!

乾燥に弱いので、小まめにヘアケアをしてあげなければいけません。

そこで今回は「1月2月は要注意。髪のパサつきお助け術」というテーマでお話します。

この記事は、こんなひとにおすすめ

  • 冬の間だけ、髪がパサつく
  •  ヘアケアに力をいれたい
  • 毛先がごわごわする
  • うまくスタイリングできない
  • キューティクルを復活させたい

どうして、1月2月は髪のダメージが大きくなるの?

1年を通して、1番髪の毛へのダメージが大きくなるのが、1月2月です。

では、どうしてなのでしょうか?

真冬と言われる1月・2月は、湿度が20~30%まで低下するため、空気は常に乾燥しています!

だから、感染症が流行するのですね。

もちろん、髪の毛も冷たい風を受けてパサパサになってしまうため、髪へのダメージが大きい季節と言われています。

また、乾燥は室内でも引き起こされます。

暖房がついている部屋では、髪から水分が奪われてしまうのです。

暖かくて心地よいですが、髪の毛はパサパサで瀕死の状態であることをお忘れなく。

髪のパサつきをお助け術とは?

パサパサの髪の毛を助けるためにも、お助け術をご紹介します。

お助け術1.冬の期間だけ美容室トリートメントをする

1月2月はどう頑張っても、乾燥します。

そこで、冬の期間だけでも定期的に美容室にトリートメントに通ってはいかがでしょうか。

トリートメントだけなら、3000~5000円ほどで済みますし、効果は自宅トリートメントよりもはるかに高いです。

お助け術2.自宅トリートメントを見直す

できるだけお金をかけないで、美しい髪の毛をキープしたいのなら、自宅でのトリートメントに力を入れましょう。

髪の内部まで、トリートメント成分が浸透していくものを選んでください。

高保湿成分が含まれている冬用トリートメントに、買い替えてはいかがでしょうか?

お助け術3.頭皮を冷やさない

頭皮を冷やさないのは、とても大切なことです。

頭皮が冷えると、血行不良はが起きて、栄養成分が行き渡りづらくなります。

そこで、頭皮が冷えないように、帽子などをかぶって暖かくすることをおすすめします。

3つのお助け術を試そう

今回は「髪のパサつきお助け術」と題して、ご紹介しました。

もう一度、おさらいしてみましょう。

  • お助け術1.冬の期間だけ美容室トリートメントをする
  • お助け術2.自宅トリートメントを見直す
  • お助け術3.頭皮を冷やさない

特に気をつけて欲しいのは、 頭皮を冷やさないことです。

血行不良は頭皮・髪の毛・体調にも良くない影響を与えます。 帽子をかぶって、冷え対策を心掛けましょう。

マイナスイオンの髪への効果とは?ヘアケアとマイナスイオンの関係

「マイナスイオンが髪に良い」って、漠然と思い込んでいませんか?


1990年代終盤に突如一大ブームとなった「マイナスイオン」は、ヘアケアや肌ケア、メンタルケアまで幅広い効果があるとされており、中でもマイナスイオンの力で髪を美しく整える「マイナスイオンドライヤー」が大ヒットしました。


でも、「マイナスイオン」ってどうして髪に良いのかご存知ですか?


今回は「マイナスイオン」の髪への効果や、マイナスイオンドライヤーの正しい使い方についてご紹介していきます。

マイナスイオンの効果とは?


まず、「マイナスイオン」とは一体何なのでしょうか?


マイナスイオンとは、「ミスト」よりもさらに細かい、空気中の水分がマイナスに帯電した微粒子水のことを言います。
反対に、静電気などが発生したときに生まれるのが「プラスイオン」と呼ばれるプラスに帯電した微粒子です。静電気で髪がパサパサに広がったりしてしまうのは、プラスイオンが髪のキューティクルを傷つけ、ダメージを与える原因となっているからなのです。


このプラスイオンを帯びた髪にマイナスイオンを届けることで、マイナスイオンがプラスイオンを中和させます。マイナスイオンがプラスイオンが中和しキューティクルが整うことで、静電気が起きにくく、潤いのあるまとまった髪へと導く効果があると言われています。


マイナスイオンドライヤーの正しい使い方


マイナスイオンが髪に良いからといって、マイナスイオンドライヤーをむやみやたらに髪にあてるのは、返って髪を傷めてしまう原因となる可能性があります。


続いてはマイナスイオンドライヤーの正しい使い方についてご紹介していきます。


1. シャンプー後、濡れた髪を丁寧にタオルドライする。
2. 洗い流さないトリートメントやオイルなどを乾燥しやすい毛先につける。
3. マイナスイオンドライヤーで頭皮と根元を中心に乾かしていく。このとき、ドライヤーは髪から20センチ以上離し、温風が一箇所に集中しないよう注意する。
4. 80%くらい乾いたら、冷風に切り替えて髪をまとめながら乾かして終了。


マイナスイオンをよく当てたいからといってドライヤーを髪に近づけたり、一箇所に集中して当てたりしないように注意しましょう。


いかがでしたか?髪にうるおいとまとまりを与えるマイナスイオンドライヤーは様々なメーカーから発売されていますので、これからの季節、静電気による髪のダメージが気になる方はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?

ヘアケアのスペシャリスト?「ヘアケアマイスター」とは

美容院に行ったらヘアカットやパーマ、カラーだけではなく「ヘアケアの最新情報や自分に合ったヘアケア方法を聞く」のが楽しみという方も多いのではないでしょうか?


美容師は誰もがヘアケアに詳しいイメージがありますが、実は今そんな美容師でも取得するのが難しいと言われている資格「ヘアケアマイスター」が話題になっています。「ヘアケアマイスター」とは一体どんな資格なのでしょうか?


今回は話題の「ヘアケアマイスター」についてまとめてご紹介していきます。

「ヘアケアマイスター」ってどんな資格?


「ヘアケアマイスター」とは、ヘアケアに特化した専門知識を持つ「ヘアケアのスペシャリスト」として、お客様それぞれに合ったヘアケアの分析や提案をすることができる資格です。


ヘアケアの専門知識は毛髪科学からカウンセリング、様々なヘアケア剤の知識や皮膚科学まで多岐に渡ります。一人一人の髪の状態に合わせた学術的アプローチもできるため、より的確で効果的なヘアケア方法を提供することが可能になります。


ヘアケアマイスターには以下の3つの「説明責任」が与えられます。


1. 「現状説明」毛髪診断から髪質を見極め、ダメージレベルを的確に把握しお客様に理解してもらう。
2. 「技術説明」ヘアケアのプロとしてなぜこのヘアケア方法が効果的なのか?学術的アプローチも踏まえて説明し、品質を保証する。
3. 「お手入れ方法」施述後60日間の保証を約束し、ヘアケアのプロとしてのアフターフォローを行う。


「ヘアケアマイスター」になるには?


それでは「ヘアケアマスター」になるには一体どのような手順が必要なのでしょうか?


まず「ヘアケアマイスター」の受験資格は、美容師、理容師の国家資格を持ち実際に仕事として従事している人に限られます。趣味として資格取得するように、誰でも取得できる資格ではないことが大きな特徴です。


「ヘアケアマイスター」を目指すには、まずマイスターの前段階である「プライマリーコース」「ミドルコース」の試験に合格する必要があります。コースが上がるにつれ学ぶ範囲が広がっていき、「プライマリーコース」の合格率が75%と比較的高いにも関わらず、次の「ミドルコース」の合格率は25%と、合格率を見てもいかに難しい試験になのかがわかります。合格すると「ヘアケアマイスター」としてその知識を業務に活かすことができるようになります。


いかがでしたか?より自分に合ったヘアケア方法を知りたければ「ヘアケアマイスター」に相談してみるのがおすすめです。ヘアケアのプロによる診断をしてもらいたいという方は、ぜひ気になる美容室に「ヘアケアマイスター」の資格を持つスタッフがいるか確認してみてくださいね。

冷蔵庫にあるものでパック!毛先まで美しい髪に

外気温の低下と共に、乾燥しやすい季節となってきました。

そこで気になるのが、髪の毛のパサつきです。

ロングヘアーなどは髪の毛の先端まで栄養分が届きにくいので、特に毛先のパサつきを感じる方が多いですよね。

そこで今回は「毛先の集中パック」をテーマに、簡単に作れる手作りヘアパックの作り方をご紹介します。

毛先まで美しい髪の毛を目指しましょう。

この記事は、こんな人におすすめ

  • 毛先の痛みが激しい
  • 髪の毛がパサパサする
  • 毛先の集中ケアをしたい
  • 美しい髪の毛を目指している
  • とにかくヘアケアしたい

毛先のパサつきの原因はなに?

髪の毛は紫外線・カラーリング・ブロー・ヘアスタイリング剤など、さまざまな外的刺激によってパサついてしまいます。

また毛先に関しては、カットバサミによって髪の毛の断面が荒くなり、そこから枝毛などが発生しやすくなってしまうのです。

末端部分とあって、栄養成分が行き渡りづらいという要因も重なって、どうしてもパサつきが激しくなってしまうのです。

そこで、髪の毛全体はもちろんのこと、毛先だけを集中的にケアしていくことも大切です。

毛先のみでOK!手作りパックの作り方

髪の毛全体を毎日トリートメントしている時間もないし、面倒くさい・・・という人も多いでしょう。

そこでおすすめするのが、毛先のみでOKの「手作りパック」です。

材料(1人分)

  • エクストラバージンオイル 大さじ3
  • 黄身 2個
  • はちみつ 小さじ2

作り方はとても簡単! すべての材料を混ぜるだけで、出来上がりです。

手作りパックを毛先に塗ってみよう

手作りヘアパックがあまりに簡単に作れたことに、びっくりする人もいるでしょう。

でも簡単に作れなければ、なかなか継続できないですよね?

毛先にたっぷりと塗って、シャワーキャップをかぶるか、毛先をアルミホイルに包んで保温すると浸透しやすくなりますよ

15分ほどそのままにして、最後にお湯でしっかりと洗い流すようにしましょう。

ただし、出来上がった手作りパックは、卵黄も使っているので、その日のうちにお使い下さい。

まとめ。簡単ヘアパックで毛先を集中ケアしよう

今回は、すぐに作れる「手作り毛先パック」についてお話をしました。

エクストラバージンオイル・黄身・はちみつさえあれば簡単に作ることができます。

これって、キッチンに常備している材料ですよね?

化学物質を使っていないので、ナチュラル志向の人にもおすすめです。

ぜひ毛先パックを習慣にして、毛先までツルンと仕上がる美しい髪の毛を目指しましょう。

秋髪に美味しい栄養補給「さつまいも」レシピ

ほくほくした食感と優しい甘さが魅力のさつまいも。

栗やかぼちゃと並ぶ秋の味覚であり、女子には人気の食材です。

そこで今回は「さつまいも」を使った美髪レシピをご紹介!

サプリメントやヘアケア剤を活用するのも効果的ではありますが、是非食べて美しい髪の毛を育てていきましょう。

この記事は、こんな人におすすめ

  • さつまいもがすき
  • 髪の毛が抜ける
  • 髪の毛のトラブルが続いている 内側からヘアケアをしていきたい
  • 季節の変わり目に、髪の毛のトラブルが起きやすい

さつまいもって髪の毛にいいの?

さつまいもには、頭皮環境を整える効果が期待できる栄養成分が、たっぷりと含まれています。

健康な髪の毛が育つためには、健康な頭皮環境が大切ですからね。

まずはビタミンA。

ビタミンAには、適度な皮脂をキープして、健康な頭皮環境を作り上げる効果が期待されます。

その上、ビタミンAの持つ高い抗酸化作用によって、新陳代謝の促進や髪の毛の健康を維持してくれるのです。

発毛に直接関係はしていないものの、さつまいもの食物繊維も重要な栄養成分です。

食物繊維の効果により腸内環境が良好になると、血行促進につながり、髪の毛の隅々にまで栄養が届きやすくなるのです。

活性酸素の発生を押さえる働きもあるので、直接発毛に結び付くことはありませんが、髪の毛にプラスの影響を与えているのは確かです。

 黒ごまたっぷり!簡単大学芋

6種類の抗酸化物質が含まれ、薄毛や発毛に効果が期待できる美髪成分「ゴマリグナン」がある黒ごま。

 黒ごまをたっぷり使った、大学芋は女性にも人気のスイーツです。

 材料(2人分)

  • さつまいも 2分の1本
  • 黒ごま 大さじ1
  • 砂糖大さじ1
  • みりん大さじ1
  • 醤油大さじ1/2
  • サラダ油 大さじ1

作り方

  • さつまいもをスティック状に切る
  • フライパンに油を引いて、さつまいもを揚げ焼きする
  • 火が通ったら、砂糖、みりん、醤油を加えて中火で絡めながら炒める
  • 完成

ズボラな作り方に思えるかもしれませんが、これが意外とおいしい!

手間がかかると思われがちな大学芋も、これなら簡単に作ることができます。

豚肉とゴロゴロさつまいもの味噌汁

 良質なタンパク質の豚肉とさつまいもを使ったお味噌汁で、体を温めましょう。

 材料(2人分)

  • さつまいも 2分の1本
  • 豚肉こま切れ 40g
  • 味噌 適量
  • だしの素 適量
  • ネギ 適量
  • ごま油 小さじ1
  • 水 500cc

作り方

  • 豚肉とさつまいもは一口大に切る 鍋にごま油を引いて、豚肉を炒める
  • ある程度火が通ったら、さつまいもを炒める
  • だしの素、水を加えてさつまいもが柔らかくなるまで煮る
  • 味噌を溶かす
  • 器に盛り付ける
  • 小口切りにしたネギを仕上げに盛り付けて完成

おかずにもなるお味噌汁なので、これ一杯で栄養満点。 是非、お試しください。

まとめ。さつまいもで美しい髪の毛を育てよう

今回は、美しい髪の毛を育てる「さつまいもレシピ」をご紹介しました。

ほっこり美味しい秋の味覚を、是非食卓に取り入れつつ、ヘアケアにつなげましょう。

産後や更年期の抜け毛には「カルシウム」が効果的。その理由とは?

産後や更年期の抜け毛は、ホルモンバランスの乱れが原因と言われています。


「ホルモンバランスって、自分で整えるの難しそう…」
「ピルやサプリメントを買うのは高くつくし…」


そう思って諦めている方も多いはず。しかし、実は産後や更年期の抜け毛はホルモンバランスの乱れだけではなく「カルシウム不足」も原因になっているのをご存知ですか?


今回はカルシウムと抜け毛の関係について紹介していきます。


カルシウム不足によるストレスが抜け毛を促進させる


「カルシウム=骨を強くするもの」というイメージが一般的ですが、実はカルシウムには脳神経を「興奮させる」作用があります。


カルシウムは血液中と細胞の中に蓄えられており、人間の身体は血液中のカルシウム濃度を常に一定に保つようにできています。しかし、カルシウムが不足すると人間の身体はバランスを取ろうと大量のカルシウムを血液中に放出してしまいます。このため、カルシウムの濃度が急激に変化して興奮しやすくなり、イライラしたり、不眠症などの「ストレス」が抜け毛の原因につながってしまうのです。


カルシウム不足を解消することで身体中のカルシウム濃度が保たれ、さらにカルシウムを多く含む乳製品やナッツ類には自律神経のバランスを整えるセロトニンという物質をつくる「トリプトファン」も多く含まれているため、相乗効果でイライラやストレスの軽減に効果的と言われています。


カルシウム不足を補うことで産後の育児によるストレスが軽減されたり、更年期に起こりやすい「骨粗鬆症」を予防することで栄養分が骨に吸い取られることなく髪に行き届くことで、抜け毛を予防することにつながるのです。


カルシウムを簡単かつ効果的に摂取する方法


カルシウムは食品からの摂取をおすすめします。乳製品はもちろん、大豆製品やナッツ、小魚などもカルシウムを多く含んでいます。毎日の習慣に取り入れやすい食品ばかりなので、自分の好みに合わせて選ぶといいですね。


・乳製品…牛乳が一番カルシウムの吸収率が高いと言われています。
・大豆製品…豆腐や納豆など、毎日の食事にも取り入れやすいものが多いです。
・ナッツ類…落花生はカルシウムの他にストレス軽減や興奮抑制に効果的なビタミンEやマグネシウムも多く含まれています。
・小魚…いわしやししゃもなど様々な種類がありますが、おやつや出汁としても取り入れやすい煮干しがおすすめです。


いかがでしたか?産後や更年期の抜け毛でお悩みの方や「抜け毛の原因はストレスかも…」と感じている方は、ぜひカルシウムを意識的に摂取してみてくださいね。

美髪に効果的なハンドブローとは?簡単なやり方と効果についてまとめ

「ハンドブロー」って何かご存知ですか?

シャンプー後、ドライヤーを当てるときにブラシではなく手を使っている方も多いはず。
髪の根元をやみくもにぐしゃぐしゃしたり、適当に手ぐしでとかしながらドライヤーを当てていませんか?

実は「ハンドブロー」はいつものドライヤーにちょっとしたコツを加えるだけでできる、美髪に効果的なブロー方法なんです!


今回は簡単にできる「ハンドブロー」についてまとめて紹介していきます。

ハンドブローで得られる効果とは?

 

「ハンドブロー」って何かご存知ですか?

ハンドブローとはその名の通り、手を使って行うブロー方法です。


濡れた髪はキューティクルが開いた状態で、そのまま放置せずドライヤーで乾かすことでキューティクルを髪に閉じ込めることが必要です。


「でも、ドライヤーの熱も髪によくないって聞いたけど…?」


確かに、ドライヤーの熱を長時間当て続けると髪は熱によるダメージを受けてしまいます。ドライヤーは構造上、一箇所に集中的に熱風が当たるようになっているので、キューティクルをキープしつつ熱からのダメージも防ぐには「ドライヤー」か「髪」を動かしながら乾かしてあげることが大切です。


「ハンドブロー」は癖毛や希望のスタイルに合わせて手で優しく髪をリードすることで、髪を熱風のダメージから守り、キューティクルを活かした美髪に効果的。さらに正しい手の使い方を覚えれば希望のスタイルに合わせてヘアセットまですることが可能です。


ハンドブローのやり方とコツ


それでは、具体的なハンドブローのやり方とコツを紹介していきたいと思います。


①タオルドライした髪にオイルや洗い流さないトリートメントなどで下準備


②下を向いて後頭部、耳周り、前髪の根元を手で頭皮をこするようにして乾かす


均等に風が当たるように根元を手で散らしながら乾かすのがコツ。根元に生え癖がある場合は少し引っ張るようにしながら乾かすと癖がなくなって綺麗な毛流れになります。


③髪の中間から毛先にかけて、手ぐしで流したい方向に少し引っ張りながら乾かす


内巻きにしたい場合は内側から手を入れて指のカーブを利用して内側に巻き込むように、ストレートにしたい場合は手ぐしのときに少し引っ張るように圧をかけながら、パーマヘアを活かしたい場合は指でねじりながら乾かすのがコツ。


いかがでしたか?手でドライヤーの熱風を分散させたり、指をつかって髪に毛流れをつくることでヘアスタイルの土台をつくり、自然なキューティクルを生み出すことができます。ハンドブローは簡単で誰でもできるブロー方法なので、ぜひ参考にして取り入れてみてくださいね。