今話題の「ヘアセラム」とは?ヘアオイルやクリームとの違いや使い方を紹介

ヘアオイル、ヘアクリーム、洗い流さないトリートメント……

たくさんあるヘアケア商品の中でも、新しいヘアケア商品として話題の「ヘアセラム」をご存知ですか?
有名なメーカーからも続々と登場しているので、ドラッグストアなどで見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。

今回は今話題の「ヘアセラム」について、他のヘアケア用品との違いや使い方をわかりやすくご紹介します。

「ヘアセラム」って何?

「ヘアセラムって、ヘアオイルやトリートメントとどう違うの?」

「セラム」とは、化粧品業界では「美容液」と同じ意味で使われています。
スキンケア商品で考えるとわかるように、美容液は化粧水や乳液などと比べて高浸透、高品質な栄養素が濃縮されたのお肌の「栄養剤=サプリメント」のようなもの。
化粧水や乳液が肌を外からケアするとしたら、美容液は肌の内側まで浸透して「細胞を再生する」ことを目的にした美容商品なのです。

「ヘアセラム」も同じように、髪の芯からダメージを修復する効果の高いヘアケア商品、いわば「髪の美容液」です。

ヘアセラムは水ベースのものが多く、ヘアオイルやトリートメントと比べてさらさらした使い心地でベタつかない使用感が特徴です。
スプレータイプやプッシュタイプ、頭皮用など、様々なタイプのヘアセラムが発売されています。

「ヘアセラム」の正しい使い方

ヘアセラムは乾いた髪にも使用できますが、乾かす前に使用して、乾かした後にオイルやクリームで保湿するのがおすすめです。

①シャンプー後、タオルドライした髪にヘアセラムを毛先を中心になじませていく。

手ぐしで優しく擦り込むようになじませるのがポイント。
※頭皮用ヘアセラムの場合は、頭皮にもしっかりなじませましょう。

②ドライヤーでしっかりと乾かす。

③ドライヤー後、ヘアオイルやヘアクリームで毛先を保湿する。

ヘアセラムは外の刺激から髪を守ったり保湿する効果よりも、髪に栄養を与えることを目的としているため、使用したあとは保湿力の高いオイルやクリームをつかって栄養を髪に閉じ込めるのを忘れずに!
髪がベタつくのが気になる方は、ヘアオイルよりもヘアミルクを使うのをおすすめします。

ヘアセラムはオイルやトリートメントと違ってお値段もお高めですが、その分ダメージの多い髪の修復やアンチエイジング効果も期待できます。

ぜひ、自分に合ったヘアセラムを選んで、今までのヘアケアにプラスしてさらなる美髪を目指してみてはいかがでしょうか?

簡単手作りヘアパックで髪を芯からダメージケア

たくさん種類のあるヘアケア用品の中でも、特に浸透性の高い「ヘアパック」。

栄養たっぷりのパックで髪を包み込み一定時間おくことで、栄養が芯まで行き届き髪のダメージを修復。髪を健康で美しく保ちます。
「トリートメント」や「ヘアオイル」はお風呂上がりにつける洗い流さないタイプもありますが、「ヘアパック」は洗い流すことを前提として作られているため、お風呂の中で行うヘアケア方法です。

現在さまざまなブランドのヘアパックが市販されていますが、実は自宅にある材料で簡単に手作りヘアパックが作れるのをご存知ですか?

今回は手作りヘアパックの作り方と、効果的な使い方をご紹介します。

簡単手作り「卵ヘアパック」の作り方

材料
・卵…2個(髪の長さによって変わります)
・はちみつ…小さじ2
・オリーブオイル…大さじ2~3

材料はたったこれだけ。ボールに入れ、ペースト状になるまでよく混ぜ合わせれば完成です。自宅にあるものだけで簡単に作れるのが魅力的。

卵黄には髪の栄養となるタンパク質が含まれている他、化粧品にも使われている「レシチン」という成分が髪のダメージを補修します。
卵白には余分な皮脂を取り除いてくれる「リゾチーム」という成分が含まれていて、頭皮マッサージに使うことで頭皮をさっぱり保ちます。

基本的には卵をそのまま使ってOKですが、「ベタつきが気になるので卵白だけで頭皮マッサージ」「ダメージを集中的にケアしたいので毛先を中心に卵黄だけを使う」など、髪のダメージや目的に合わせて使い分けることも可能です。

卵だけでも大丈夫ですが、オリーブオイルとはちみつを入れることでさらに保湿力もアップします。また、お好みでホホバオイルを2~3滴加えるのもおすすめです。

「卵ヘアパック」の使い方とコツ

①ブラッシングで髪の絡みやほこりを落とす

②シャワーで髪を濡らし、軽くすすいで予洗いする

③卵ヘアパックを毛先から髪につけていく

サラサラしていて手でつけるのは難しいので、ボールの中に直接髪を浸すのがコツ。
卵白だけのときは頭皮にもつけて優しくマッサージ。

④シャワーキャップかラップでくるみ、蒸しタオルを巻く

直接蒸しタオルでもいいですが、タオルの汚れが気になる方はシャワーキャップやラップで一度髪をくるんでから蒸しタオルを巻くのがコツ。
シャワーキャップでヘアパックの効果を閉じ込め、蒸しタオルで浸透させやすくします。
ラップを巻くのは慣れないと難しいので、ゴムのついたシャワーキャップがおすすめです。

⑤30分ほど置いてから、通常のシャンプー&コンディショナー

お風呂上がりはいつもと同じケアでOK。
1回のケアでも効果は出ますが、週1~2回を目安に続けるとより効果が持続します。

簡単に作れる「卵ヘアパック」について、いかがでしたか?
賞味期限が切れた卵も使えるので、冷蔵庫に残った卵があったらぜひ活用してみてくださいね。

シャンプーするときの姿勢は「上向き」が良い理由

シャンプーするときの姿勢を意識したことはありますか?

・うつむいて髪を下ろす「下向き」の状態で洗う
・顔を上げて上体を反らした「上向き」の状態で洗う

一般的なシャンプーの姿勢だと、このどちらかに当てはまるかと思います。

「両方ともよくある洗い方だけど、実際はどっちが髪にいいの?」

実は、美髪や美容のことを考えると「上向き」で洗うのが正解なんです!
今回はシャンプーするときの正しい姿勢について、わかりやすく説明していきます。

「下向き」のシャンプーが髪に良くない理由

「「下向き」でシャンプーする人も多いけど、何がダメなの?」

確かに「下向き」でシャンプーする方は多いです。
それもそのはず。日本は昔からシャワー文化の海外と違って洗い桶で水を汲んで髪を洗う習慣がありました。桶の水を髪にかけて洗うことを考えると、どうしても「下向き」になってしまいますよね。こうした習慣を受け継いで、物心ついたときから「なんとなく」下向きにシャンプーしていたという方も多いのではないでしょうか。

しかし、「下向き」のシャンプーは髪や頭皮にとってあまり良くないと言われています。

「下向き」のシャンプーで髪を洗い流すと、頭皮の毛穴を下に引っ張っている状態になります。こうすることで毛穴がたるみ、頭皮の血行が悪くなってしまいます。
さらにたるんだ毛穴に汚れがたまりやすくなり、頭皮の環境が悪化して抜け毛や薄毛に繋がってしまうのです。頭皮だけでなく顔のたるみや首のシワにも影響すると言われているので要注意。

さらに角度によっては毛流れと逆方向に洗い流すことになるため、髪のキューティクルが痛んでしまったり、残ったシャンプーやコンディショナーが顔につき、それを落とそうとすることで必要以上に顔の油分を奪って乾燥肌につながることも考えられます。

「上向き」でシャンプーするときのコツ

とはいえ、これまで「下向き」でシャンプーしてきた方がいきなり「上向き」でシャンプーするとなると、慣れないのでコツが必要です。

「上向き」のシャンプーでまず気をつけるのは「首」。

特に髪が長い方など髪にボリュームがある方は、髪の重みで首を痛めないように注意が必要です。コツは首だけでなく胸から反るようにすること。このとき、首の筋肉だけで体勢をキープしようとせず、腹筋を意識することで首を痛めにくくなり、さらに腹筋も鍛えられるのでおすすめです。

また、「上向き」で洗うと手を上に持ち上げなければならず、肩が痛くなることも。

もし「上向き」でシャンプーするとどうしても首や肩が痛くなってしまう方は「シャンプーを泡立てるときは下向き、流す時だけ上向き」がおすすめ。

頭皮の毛穴は「長時間重力によって下へ垂れている」ことと、「洗い流すときの水圧」によってたるみます。シャンプーを泡立てる時間は洗い流す時間よりも短いので、この時だけ「下向き」にして長時間同じ姿勢にならないようにしてみましょう。こうすることで首や肩にかかる負担も軽減されます。

いかがでしたか?初めは無理せず少しずつ慣らしながら、「上向き」のシャンプーでさらなる美髪を目指しましょう。

パーマを綺麗に出すには?乾かし方のポイントをパーマの種類別に紹介

「パーマをかけたのに、自分でスタイリングすると綺麗にパーマが出ない…」

そんなお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか?
実は、綺麗なパーマを出すにはお出かけ前のスタイリングだけではなく、シャンプー後の乾かし方も重要なんです!

今回はパーマを綺麗に出す乾かし方のポイントを、パーマの種類別にご紹介していきます。

デジタルパーマを綺麗に出す乾かし方

デジタルパーマとは「薬剤を塗った髪に熱を加えてパーマをつくる」手法です。

コテで巻いたようなしっかりしたパーマがつくので、パーマがかかりにくい髪質の方にもおすすめできるパーマです。また、濡れている状態だとパーマがゆるくなり、ドライヤーなどで熱を加えることではっきりとパーマが出てくるのが特徴です。

シャンプー後のデジタルパーマを綺麗に出すには、ドライヤーの熱ダメージを抑えるためにトリートメントをつけてから乾かすのが大切なポイントです。

①ドライヤーの強風で根元をしっかりと乾かす。
②弱風にして毛先を指にくるくる巻きつけながら乾かす。

指に巻きつける髪の量が一定になるように、ドライヤー前に髪をブロッキングするとやりやすくなります。指に巻きつけた髪は引っ張らず、巻きつける強さも出したいパーマのウェーブ感に合わせて調整しましょう。

朝のスタイリングは水やスプレータイプのくせ毛直しミストなどで毛先を濡らしてから、同じように指に髪を巻きつけてドライヤーの弱風で乾かしていきます。半乾きになったらムースなどのスタイリング剤をつけ、最後までしっかり乾かしたら完成です。

コールドパーマを綺麗に出す乾かし方

コールドパーマとは「薬剤の力のみでパーマをつくる」手法です。

デジタルパーマと違ってゆるやかなウェーブになるので、毛先のワンカールやくせ毛風パーマなど、自然なパーマスタイルがつくれます。コールドパーマは濡れた状態で一番パーマが強く出て、乾かしていくとゆるやかに伸びていくのが特徴です。

シャンプー後のコールドパーマを綺麗に出すには、まずはしっかりと乾かすことが大切です。乾かすと伸びてしまうコールドパーマですが、濡れたまま寝てしまうと髪へのダメージでパーマがとれてしまう可能性があるので注意が必要です。

①洗い流さないトリートメントでケアをする。
②髪を手の中でくしゃっと包むようにしながらドライヤーでしっかりと乾かす。

朝のスタイリングはまず水やミストで濡らしたあと、ムースやジェルタイプのスタイリング剤を揉み込んで完成。乾かさずにそのまま自然乾燥で大丈夫です。

いかがでしたか?自分がどのタイプのパーマをかけているかで、シャンプー後の乾かし方やスタイリング方法を変えることがポイントです。ぜひ参考にしてみてくださいね。

産後の抜け毛の原因と対策

出産という大仕事をした後のお母さんは、産後もゆっくり休むことなく育児に追われる毎日を過ごします。すると、多くのお母さんは抜け毛が気になりだすと言われています。
産後の抜け毛は、産後脱毛症や分娩後脱毛症とも呼ばれていて、 “産後の抜け毛の原因と対策” の続きを読む

頑固な寝癖を一瞬で直す方法

朝起きて、鏡をのぞくととんでもない寝癖がついてしまっていることってありますよね。出勤前や登校前なら早く直さないと…と焦ってしまって余計に直らないなんてことはないでしょうか?
今回は、朝の忙しい時間に寝癖を一瞬で直せる方法を伝授していきます。 “頑固な寝癖を一瞬で直す方法” の続きを読む

抜け毛、薄毛に効果的!生活習慣4つのポイント

抜け毛、薄毛が気になってきたとき、まず何から始めますか?

「抜け毛に効果的なシャンプーに変える」
「専門医療を受診する」

実は抜け毛や薄毛は日頃の「生活習慣」が原因になっている可能性があるんです!
せっかく良いシャンプーを買っても、生活習慣が乱れていると効果が充分発揮されないことも。お金をかける前に、まずは自分自身で生活習慣を見直してみましょう。

今回は、抜け毛、薄毛に効果的な生活習慣4つのポイントをご紹介します!

適度な有酸素運動をする

抜け毛、薄毛は「血行の流れ」と大きく関係しています。
血行が悪くなると、栄養が頭皮の細胞に行き届かず、髪をつくる組織がうまく働かなくなってしまい、抜け毛や薄毛につながってしまうのです。
まずは日々、適度な有酸素運動をすることで、血行を良くすることができます。

また、抜け毛や薄毛の原因となる「ストレス」も軽減されるので、おすすめの見直しポイントです。

質の良い睡眠をとる

毎日何時間くらい眠れていますか?
睡眠不足になると、ホルモンバランスが崩れてしまい、皮脂が過剰に分泌され頭皮状態が悪くなる原因にもなります。
髪の状態を整える組織が一番活性化する22時〜2時の間は、なるべく眠るよう心がけましょう。
寝る直前にスマホを見たりタバコを吸ったりすると、睡眠の質が落ちてしまいます。ホットミルクやホットマスクなどでリラックスした状態で眠ると、質の良い睡眠を取ることができるのでおすすめです。

喫煙、飲酒を控える

タバコやお酒は少しの量ならストレス解消になりますが、過剰な摂取は体の血行を悪くする原因になります。タバコに含まれるニコチンやタールは血管の収縮につながり、頭皮や髪にとって必要な栄養を消耗してしまうこともあります。
お酒は少量なら血行促進の効果もありますが、過度に摂取すると肝臓に負担がかかり、かえって血行が悪くなってしまいます。

タバコは本数を減らす、含まれるタールの量が少ないタバコに変える。
お酒は量を減らし、ビールなら中瓶1本、日本酒なら1合、ワインなら200mlくらいまでを目安にするといいでしょう。

シャンプーの仕方を変える

シャンプーをするときは以下のポイントを意識してみましょう。

・洗いすぎないよう注意する
本来必要な皮脂まで落としてしまいます。シャンプーは1日1回まで。

・シャンプーをしてすぐに外出しない
紫外線から頭皮を守る皮脂が洗い落とされているため、日中の外出直前にシャンプーするのは避けましょう。

・正しいシャンプーの仕方を習慣づける
ブラッシングをしてから、シャンプーをよく泡立てて、指の腹を使って優しく洗い、熱すぎないぬるま湯でしっかり流す。このステップを習慣づけましょう。

いかがでしたか?生活習慣を見直すと、髪だけでなく身体にも良い効果が期待できます。
ぜひ参考にしてみてくださいね!

育毛効果が期待できる!「パドルブラシ」の魅力とは?

髪をとかすだけではなく、ヘアケアにも効果的なブラッシング。
シャンプー前やドライヤーの後など、意識的に取り入れている方も多いのではないでしょうか?
今回は様々なブラッシング用品の中から、育毛効果が期待できるおすすめのヘアブラシ「パドルブラシ」の魅力をご紹介します! “育毛効果が期待できる!「パドルブラシ」の魅力とは?” の続きを読む

寝ながらヘアケア!ナイトキャップのすすめ

シャンプーやトリートメントにこだわっているのに、髪のダメージが改善されない…
オイルをつけても乾燥してしまい、髪がまとまらなくて困っている…

そのお悩み、実は寝ているときの髪のダメージが原因かも!?

寝るときのダメージから髪を守る「ナイトキャップ」をご存知ですか?芸能人が使っていると話題になり、知っている方も多いと思います。今回はナイトキャップの髪への効果や使い方、種類などを紹介していきます!!

ダメージから髪を守る!ナイトキャップの髪への効果

一晩で人は約20〜30回寝返りをうつと言われています。
枕との摩擦や髪同士がこすれることで枝毛や切れ毛、抜け毛の原因になってしまいます。とはいえ、寝ているときは無意識なので自力で防ぐことはできません。ナイトキャップは髪をやさしくまとめてくれるので髪同士も絡まりにくく、枕の摩擦から髪を守ってくれるのです。また、しつこい寝癖もつきにくくしてくれる効果があるので、朝のヘアセットの時短にも効果的です。

さらに、ナイトキャップは髪全体を覆うので、シャンプーやトリートメントで補った栄養を閉じ込め、髪と頭皮の乾燥も防ぐことができます。アトピー性皮膚炎やアレルギー性の湿疹のある方はナイトキャップをすることで無意識の搔きむしりを防止することにも役立ちます。
「夏は暑いからしたくない」という方も多いと思いますが、夏場は吸水性や速乾性に優れた素材を選べば、髪が寝汗で首回りや顔にはりつくことも防いでくれるので快適に眠ることができます。

どんなナイトキャップを選べばいいの?おすすめの種類を紹介

ナイトキャップには形や素材など、さまざまな種類があります。
シャワーキャップに大きなレースがついた可愛らしいものをイメージする方も多いと思いますが、ヘアケア用に特化した過度な装飾のない、シンプルなものもたくさんあります。一般的に、シャワーキャップのようにゴムでかぶるタイプと、リボンを首の後ろで結んで縛るタイプの2種類があります。「ゴムの跡がおでこにつくのが気になる」「しめつけた感じがイヤ」という方は、結ぶタイプのものを選ぶといいでしょう。

素材でおすすめなのはやっぱりシルク100%のもの。シルクは保温性、吸湿性、放湿性に優れているので夏も冬も使えます。さらに人間の肌の成分に似た18種類のアミノ酸が含まれているので、頭皮との相性もよく、髪にもやさしい素材なんです。髪が一晩でツヤツヤになった!という意見も多く、通販サイトなどでも比較的安く手に入ります。もちろん、高級なものはそれ相応の効果を期待できますが、まずはお試しの気持ちで数千円のものを買ってみるのがおすすめです。

いかがでしたか?気になる方はぜひ、使ってみてくださいね!

シャンプーの効果を持続させる!おすすめの植物性オイルを紹介

近年ヘアケア用品として注目を集めている「植物性オイル」。
ホホバ、アルガン、アーモンドなど…一度は聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?
今回はヘアケアはもちろん、顔から全身まで使える植物性オイルの魅力と、ヘアケアにおすすめな植物性オイルをご紹介します!

植物性オイルの髪への効果とは?

植物性オイルにはシャンプーやトリートメントの栄養を「閉じ込める」効果があります。

どんなに栄養を与えても、乾燥や紫外線のダメージを受け続けてしまっては意味がありません。植物性オイルには潤いやツヤ、保湿の効果の他、髪をコーティングすることでシャンプーやトリートメントの栄養を髪に閉じ込め、ダメージから守る働きをしてくれるんです!
また、シャンプー後のドライヤーの熱からも髪を守ってくれるので、タオルドライした乾かす前の髪につけるのがおすすめです。
うっかりオイルをつけ忘れて髪を乾かしてしまってもまだ大丈夫!
植物性オイルには髪をブラッシングの摩擦から守る効果もあるので、乾かした後でも効果ありなんです。

ヘアケアにおすすめの植物性オイル2選

市販されていて手に入れやすく、使い心地の異なる2つの植物性オイルをご紹介します!

ホホバオイル

髪だけでなく顔から全身まで使える植物性オイル。「オイル」と聞くと「ベタベタしそう」「髪がぺったりしそう」というイメージをしがちですが、ホホバオイルは数ある植物性オイルの中でも軽いつけ心地で、つけた直後は多少ベタつきますがすぐに髪に馴染んでさらさらになります。これは人間の角質層にも含まれる「エステル」という成分のおかげで人肌と相性が良く、浸透力も良いためです。ビタミンE、A、Bなどの栄養やアミノ酸も豊富に含まれているので、頭皮マッサージにも最適なオイルです。価格も比較的安く、量もたくさん入っているものが市販されているのでコスパも良い植物性オイルです。

アルガンオイル

アルガンツリーと呼ばれる植物の種30kgから1Lしか採れない貴重なオイル。ホホバほどさらさらしていませんが、なめらかなつけ心地で、まとまりのある髪にしてくれます。熱に強く酸化しにくいオイルで、ビタミンEがオリーブオイルの2~3倍含まれていて栄養も豊富。抜け毛や白髪の予防にも効果的なリノール酸も多く含んでいるのでアンチエイジングにもおすすめです。様々なヘアケア用品にも使われていますが、原液だとお値段は高め。量も少ないものが多くコスパは悪いですが、ホホバに比べて保湿力や栄養価に優れているので人気のある植物性オイルです。

いかがでしたか?今回は薬局などで手に入れやすい植物性オイルを紹介しました。
ぜひ、参考にして髪質やダメージにぴったりな植物性オイルを使ってみてくださいね。