【抜け毛に負けない】アラフォー女性に似合うヘアスタイル

抜け毛が多くてトップにボリュームが出なかったり、うまくアレンジができずに悩んでいるアラフォー女性のために華やかでふんわりとしたヘアスタイルをご紹介したいと思います。

ロングヘアにオススメ!Wコームを使ってセレブ風スタイル

1.アイロンで毛先だけを外巻きにしておきます。
2.サイドの髪を残して眉毛よりも上の髪をふんわりと集めます。
3.寄せ集めた髪をWコームでとめて完成です。
トップにボリュームを出してWコームでとめるだけなので、忙しい朝でも簡単にできます。

Wコームは大きめで華やかなものを選ぶと髪にボリュームが出てるように見えるのでオススメですよ!

ミディアムヘアにオススメ!大人可愛いポニーテール

1.アイロンで内巻きと外巻きを交互にしておきます。
2.少し高めの位置でポニーテールを作りゴムでとめ、巻いた髪を少しほぐしてボリュームを出します。
3.トップに太めのカチュームをのせて完成です。

カチュームをのせる事で薄毛をカバーでき、さらに首をだすことで顔周りがスッキリとし若々しい印象に変わります!

ショートヘアにオススメ!耳にかけてボリュームアップ

1.ホットカーラーで毛先を外側へワンカールさせます。
2.サイドの髪を耳にかけてピンでとめます。
3.耳にかけなかったサイドの髪は指でつまんでふんわりと横へ広げて完成です。

アレンジとして片方のピンを飾りピンにすると華やかさがでて、若々しい印象になりますので是非チャレンジしてみてください。

どのヘアスタイルも抜け毛で少なくなったボリュームを出すのに効果的ですし、なにより薄毛をカバーしているスタイルに見えないところが最大の特徴です。

ヘアアクセサリーをシンプルにすると普段使いはもちろんのこと、大きく華やかなものにするとパーティやイベントなどでも活用できること間違いなしです!

>> vefla モイストクレンジングシャンプーの詳細はこちら

 

女性の抜け毛の原因とは

女性の抜け毛の原因は様々ありますが、中でも生活習慣が原因となっている事が多いです。

・ダイエット

人間の身体は生命の危機を感じると生命を維持するために必要な場所にだけ栄養を送り、必要ではない場所には送ることをやめてしまいます。

この必要ではない場所が髪の毛なのです。

髪が成長するのに大切な栄養が送られず抜け毛へと進行してしまいます。

・サプリメントの過剰摂取

ダイエットと平行してサプリメントの過剰摂取を考えていきましょう。

ダイエットで失われた栄養素をサプリメントで埋めようと過剰に摂取する女性が増えています。

ですが多くのサプリメントは体内に入ると他の栄養素と合わさることで効果を発揮するのです。つまり単独で摂取を行っても一時的に体内に残った後、すべて排出されます。

これでは沢山サプリメントを摂ってもほとんど意味がありません。

・喫煙

喫煙をすると血管が収縮してしまいます。

髪の栄養はすべて血液が運んでくれています。

ですが喫煙により血液循環が悪くなると栄養を吸収できなくなり髪は痩せていきます。

また喫煙の血管収縮作用はとても強いと言われています。

・アルコール摂取

アルコールは適量であるならば身体を温め健康に良いとされていますが、摂りすぎてしまうと髪を構築するアミノ酸が肝臓に回されアミノ酸がなくなってしまい髪の環境が不安定になります。

・睡眠不足

髪の生成には成長ホルモンが深く関わっています。

この成長ホルモンは睡眠時に多く分泌されますので、睡眠不足や夜更かしなどを繰り返していると抜け毛の原因に繋がります。

veflaモイストクレンジングシャンプーの存在

痩せて綺麗になりたい、仕事も恋愛も充実させたい、子育ても頑張りたい。
このように頑張る女性が増える中、髪のトラブルで悩んでしまう女性も増えています。
無理をしたら髪は崖っぷちに立たされてしまうのです!
とはいえこれだけ頑張っているのですから、毎日キラキラと輝いて欲しい!
そんな女性の為にveflaはあります。
髪のトラブルで悩む前にまずはシャンプー選びからはじめてみましょう。

>> vefla モイストクレンジングシャンプーの詳細はこちら

 

絶対知っておきたい!女性の抜け毛の原因

こんな症状はありませんか?

若い頃と違ってツヤやコシが感じられなくなった…。
髪の毛が傷んですぐボサボサになり、朝セットをする時間が長くなる…。
まとまりのない髪をダメージヘア用のトリートメントやオイルでケアしているのに改善されない…。
そんな女性の頭皮や髪はストレスレベルが極めて高いかもしれません。

抜け毛の原因とは?

女性の抜け毛の原因はパーマやカラーリングを繰り返し行っていることや、ダイエット、ストレス、更年期、紫外線、間違ったシャンプー選びなどさまざまあります。
現れる年齢もさまざまで、老化現象なら40代から見受けられますし10代20代で海や川のレジャーなどで紫外線対策をしてこなかったツケが30代になって現れる例もあります。
またダイエットを経験したことがありますか?という回答に約8割の女性が「はい」と回答しています。
女性は異性のためよりも同性から良く思われたい、誰よりも細くキレイでいたいと願うもの。
そのため食生活は乱れ、痩せたい気持ちと食べたい気持ちの葛藤からストレスを溜め込むことで頭皮は固くなり、充分な栄養を摂取できない髪はやせ細り抜け毛へと進行してしまいます。
またりんごダイエットや豆腐ダイエットなど、ひとつの食材を食べ続けることで栄養が偏り髪に必要なアミノ酸やビタミンが極端に減ってしまいます。
髪だけではなく身体全体が栄養不足状態になり、人の身体は生命の危機を感じると生きるために必要な場所へしか栄養を運ばなくなります
つまり髪は生きるために必ず必要な場所ではなく、充分な栄養が送られないことからより深刻な抜け毛の状態になってしてしまうのです。
美しいスタイルを保つことは女性の永遠の憧れでもありますが、髪がやせ細り抜け落ちてしまっては美しさを保つことはできないのではないでしょうか。
美髪は何よりも美しさを決めるポイントだということを忘れてはいけないでしょう。

>> vefla モイストクレンジングシャンプーの詳細はこちら

 

毛根のイロハ

毛根とは毛の白い部分の事を言い、抜けた髪の毛根部分を見るだけで髪の健康状態がわかると言われています。

自然に抜け落ちた毛根はマッチ棒の先のようにぷっくりとしていて、栄養不足などが原因で抜け落ちた毛根は、細く丸みを帯びていないのが特徴です。

抜け毛で気になるのは量だったりしますが、実は毛根をみることで自分の頭皮がどの様な状態にあるのかをチェックすることができます

・毛根でわかる抜け毛の原因

毛根に丸い膨らみがない…栄養不足

付着物がある…皮脂の過剰分泌

毛根の先に細い糸のようなものがある…ホルモンバランスの崩れ

毛根が尖っている…ストレスや免疫疾患

毛根がない…無理なダイエット

もし自分の毛根が上記のような形をしていたら、様々なことを見直してあげる必要があります。
とくに女性の場合は、無理なダイエットからくる栄養失調や女性ホルモンの乱れ、冷えによる血行不良などが多いかと思います。
これは抜け毛だけではなく髪のエイジングも早めてしまい、白髪が増えたり薄毛の原因となりますので注意が必要です。
さらに毛根だけではなく髪の毛もパサついたりハリ・コシがなくなってしまったりします。
このような髪の悩みは頭皮をケアしてあげる事で改善されます。
まずは根本的な原因となっている間違った頭皮ケアを見直してあげましょう。

髪がイキイキとするには頭皮を清潔にしてあげる事と毛根にしっかりと栄養を与えてあげることが必要です。

頭皮を清潔にするには毎日のシャンプーが鍵となっています。

シリコンが入っているシャンプーは、シャンプーで落としきれなかった毛穴の皮脂をコーティングしてしまい頭皮が呼吸できない状態になります。

ノンシリコンシャンプーは頭皮をコーティングしないので、毛穴にこびりついた皮脂をすっきりと落として呼吸できる状態にしてくれます。

そしてシャンプーをする時は力を入れず、細かく撫で洗いをしてあげる事で血行がよくなり毛根に栄養が行き渡りやすくなります。

veflaモイストクレンジングシャンプーはノンシリコンなので頭皮を清潔に保ちながら、皮脂汚れによる嫌なニオイも防いでくれます。

さらにアミノ酸配合でマイルドな洗浄力が頭皮をやさしくマッサージするのにとてもお勧めです。

>> vefla モイストクレンジングシャンプーの詳細はこちら

 

髪の毛を財産だと思え!財産を排水溝に捨てない抜け毛対策方法

髪が財産という本当の理由

薄毛で悩む人にとって髪は財産であり、出来ることなら手放したくないもです。
そう思っていても排水溝を見ればドッサリと溜まった髪、枕元には沢山の抜け毛・・・もう抜け毛を増やしたくない!
そう考えている人はネットで「薄毛治療 病院」と検索して、とにかく口コミで評判の良かったところや有名な病院へ行って治療してもらいたいと願うはずです。
ですが、ここで一つ気になることが・・・。
治療費が病院によってバラバラですよね?
利用者にとって費用は大事な要素ですし、病院なのに費用が異なるだなんて意味がわかりません。
実はAGAの治療や女性の薄毛治療は保険が適用されない自由治療です。
つまり病院が自由に価格を決めることができ、ミノキシジルやプロペシアで5,000円から18,000円と大きな価格差が生まれます。
また女性専用内服薬のパントガールも、8,000円から16,000円と病院によって費用が異なります。
また保険がきかないということは全ての治療費が自己負担であり、これに育毛メソセラピーをするとなると月にかかる費用は軽く10万円を超えてしまいます。
毎月高額を支払って治療しているのですから、髪(薄毛)=お金のかかるものと考えられても仕方がないのかもしれません。

月10万円もかからない育毛方法

薄毛を気にしている人は早い人で20代後半から、そして本格的に治療を始めている人は30代40代と働き盛りな方達です。
生活は充実していて仕事もバリバリとこなしている反面、身体を気にかけてあげる時間がないという人も多くいます。
月に一度ヨガや自宅周辺をランニングできたら良いほうでしょう。
これだけ時間に余裕のない人が、育毛をする時間を取れるのでしょうか?
そこで考えてもらいたいのは毎日の生活習慣に育毛を取り入れるということ。
毎日している事なので、わざわざ時間を作る必要もありませんし、また気軽なので取り組みやすいといったメリットがあります。
それは、コリ固まって疲れた頭皮をリセットさせてくれるシャンプーです。
もちろんただ洗うだけではなく、とても簡単なマッサージをしながら洗うだけで大丈夫です。
その方法は髪の長さにあった量を手に取り、髪全体に馴染ませ泡立てたら、指の腹を使い頭皮と頭蓋骨をずらすような感覚で前後にゆっくりと動かします。
次は両手を組み合わせて頭を挟みこみ、少し力をいれてギューっと上にひっぱるようにマッサージをするとコリがほぐれて気持ちが良いです。
これを2~3回してあげるだけで、後は普通に洗って丁寧に洗い流せばOKです。
とても簡単で時間もかかりませんので、一度試してみてください。
おすすめは髪と頭皮の事を考えて作った「veflaモイストクレンジングシャンプー」です。
天然の潤い成分がたっぷり入ったveflaはマッサージがしやすく、フケや痒みを抑える効果もあります。
是非使ってみてください。

>> vefla モイストクレンジングシャンプーの詳細はこちら

 

今すぐ知りたい女性の抜け毛と季節の関係

四季を感じることは頭皮にも良い!

働く女性、育児や家事に追われる女性は多忙な生活のなかで「いつ」抜け毛が多いのか少ないのかなど気にしている余裕などないかと思います。
ですが1年を通して同じ量の抜け毛が発生しているわけではなく、抜け毛が多くなってしまう時期というのがあります。
これを知っているか知らないかで抜け毛や頭皮の状態が大きく変わってくるので、知っておいて損はありません。
多くなる時期は季節の変わり目で、「春」と「秋」がとくに多いとされています。
では何故、乾燥している冬や紫外線の強い夏ではなく「春」と「秋」なのでしょうか?
それは冬や夏に受けたダメージが少しずつ髪や頭皮を弱らせ、春や秋などに抜け毛となって現れるのからです。
乾燥や紫外線対策をしていなかったことが、後々悪い影響を引き起こすということですね。

季節を問わずできるケアとは?

毎日しっかりとヘアケアが出来ていれば、抜け毛などの症状で現れることも少ないとされています。
髪をいたわれるホームケアは沢山ありますが、一番お手軽で効果的なのがシャンプーです。
そして重要なのが、頭皮にやさしいシャンプーを選び正しい方法で行うということです。シャンプー論はネットや雑誌など本当に沢山飛びかっており、話題の中心でもありますが間違ったシャンプー選びをしてしまうことにより症状が酷く現れることもあるので注意が必要です。
そこでオススメなのがアミノ酸とノンシリコンシャンプーです。
弱酸性でもあるアミノ酸は洗浄成分の中で最も安心で安全な成分であり、ダメージを起こした頭皮や髪にとてもやさしいのです。
さらにノンシリコンシャンプーは不要な成分を配合していないことから、毛穴つまりや髪に付着することを防ぎます。
清潔な頭皮環境は抜け毛を抑制させるのにとても重要なことなので、ノンシリコンシャンプーはオススメです。
【人気美容院の美容師に聞いた】 ノンシリコンシャンプーをオススメする理由

ノンシリコンシャンプーの中でも髪がゴワつき、細い髪の方だと絡まってしまう事があるのですがveflaモイストクレンジングシャンプーは真珠タンパク質エキスやローヤルゼリーなどの潤い成分をしっかりと配合してますので、さまざまな髪質の方にお使い頂くことができるやさしいシャンプーです。

>> vefla モイストクレンジングシャンプーの詳細はこちら

 

薄毛の原因と対策

 

日本人の男性の3人に1人が髪の毛の悩みを抱えていると言われています。

最近では、薄毛治療など病院に行く人も増えていますが、自宅でできるセルフケアは欠かせません。

生活習慣を見直すだけでも抜け毛防止になる場合もあります。

今回は薄毛の原因と、日頃から取り入れられる抜け毛対策をご紹介していきます。

 

 

  • 抜け毛が増える主な原因

 

睡眠不足やダイエットをすると、ホルモンバランスが崩れ、体だけでなく髪の毛にも十分な栄養が行き届かなくなります。

成長ホルモンが出る夜の22時から午前2時の時間帯はなるべく睡眠を取りましょう。

 

食生活も大きく関わっていて、高脂肪な食事が増えたため、血行が悪くなり、髪の毛に栄養が行き届かなくなってしまう要因となります。

また、現代人がよく食べているコンビニ弁当、カップラーメン、スナック菓子、ハンバーガーなどジャンクフード類には化学調味料と添加物が大量に含まれています。これらを摂取していると、油分や添加物で血行が悪くなる恐れがあり、髪の毛や頭皮に栄養が行きわたりにくくなります。体に良くないものは、髪の毛や頭皮にもダメージを与えることになるのです。頻繁に食べている人は要注意です。

 

 

  • 生活習慣の改善で抜け毛予防につながる

 

髪の毛の主な成分は「ケラチン」という18種類のアミノ酸から出来たタンパク質です。このケラチンという成分は、髪の毛を作るためには必ず必要なもので、不足すると発毛しにくくなったり、薄毛や毛が細くなるなど様々な問題を引き起こす原因となります。

 

このケラチンを生成するためには、良質なタンパク質の摂取が欠かせません。

「肉」、「魚」、「卵」、「乳製品」、「大豆製品」の5つはタンパク質の含有量が多い食品です。積極的に食事に取り入れていきましょう。

 

頭皮の新陳代謝を高めるにはビタミンB群が必要です。

「レバー」、「鶏ひき肉」、「生ハム」、「あさり」、「ししゃも」、「まいたけ」、「マッシュルーム」、「乾燥しいたけ」などに多く含まれていますので、こちらも積極的に摂取しましょう。

 

血行を良くするにはビタミンA・Eが必要です。(薄毛予防に効果的な栄養素です)

ビタミンAは「小松菜」、「ほうれん草」、「人参」、「モロヘイヤ」に多く含まれています。ビタミンEは「オリーブオイル」、「なたね油」、「黒ごま」、「ナッツ」に多く含まれています。

ビタミンA・Eは抗酸化力が高く、頭皮を健やかに保つ効果があります。

 

髪の毛を作るには亜鉛が必ず必要です。亜鉛不足になると、抜け毛や薄毛の症状を引き起こし、新しい髪の毛を作ることが困難になります。

亜鉛を多く含む食べ物は「牡蠣」、「レバー」、「牛モモ肉」、「鶏モモ肉」、「数の子」、「チーズ」などがあります。これらを日頃からなるべく食べるよう心がけましょう。

 

日頃なかなか食事に取り入れられない人はサプリなどを利用して、なるべく摂取していきましょう。

 

  • まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

上記で説明した以外にも「タバコ」や「ストレス」なども大きな原因となります。ストレスは薄毛の原因だけでなく、病気の原因にもなり得るものです。日頃からストレス解消をし、リラックスしながら睡眠を取れるように心がけてみてください。

 

余談ですが、私も子供と一緒に22時に寝てしまう生活をしていたら髪の毛にハリ・コシが出てきました。(もともと細い髪の毛で毛も薄い方でした。)

ストレスを溜めず、食生活を改善し、睡眠をしっかりと取るということを意識して生活してみるといいかもしれません。

続けることに意味があるので即効性はありませんが、ぜひ上記で説明したことを試してみてください。

貴方は知っていますか?カラーリングやパーマと抜け毛の関係

オシャレ=抜け毛?!

時間をかけず簡単にボリュームアップできたり、くせ毛の人はストレートにしたいと決まったペースでパーマをかける人や季節や流行によってヘアカラーを楽しんでいる人がとても多くなったにも関わらず、その後のケアをしっかりしている人がとても少ないように感じます。
その理由として美容室へ行くとカラーやパーマをしたにも関わらずツルツルとした手触りなので、傷んでいるという自覚が低いことがあげられます。
これはトリートメントやカラー剤やパーマ液に混ぜ込まれた保護成分が髪の表面をツルツルとさせてくれているのですが、髪が修復されたわけではなく一時的に保護してくれているのです。
ましてや頭皮はカラー剤やパーマ液の影響をダイレクトに受けてしまいます。
最近では頭皮や髪にやさしいカラー剤やパーマ液を使用していますが、それでも少なからず影響を受けてしまうのが現実です。
中でもブリーチ剤が頭皮につくと、角質を溶かしてしまうことから痒くなったりフケがでたり頭皮は傷つき抜け毛を引き起こしてしまうのです。
パーマをかける時、熱を当ててかける方法と、熱を当てないでかける方法があります。
この場合熱を加えるほうが良くないように感じますが、熱を当てた方が時間が短くてすむことから頭皮にパーマ液がついている時間が短くて済みます。
何が頭皮や髪にやさしくて良いことなのかを美容師さんに聞いてみるのも良いかもしれません。

期間を見直そう

本当は何もしないことが一番なのですが、お洒落に気を使う現代人にとってコンプレックスになる部分は隠したいと思うものですし、更にキレイで美しくありたいと思う事もわからない事ではないですよね。
頻繁に行わないようにすることを基本にして、できてしまったトラブルを良い方向へと変えるためにも今まで以上に頭皮をいたわることに注目してみてはいかがでしょうか。

絶対知っておきたい!女性の抜け毛の原因

こんな症状はありませんか?

若い頃と違ってツヤやコシが感じられなくなった…。
髪の毛が傷んですぐボサボサになり、朝セットをする時間が長くなる…。
まとまりのない髪をダメージヘア用のトリートメントやオイルでケアしているのに改善されない…。
そんな女性の頭皮や髪はストレスレベルが極めて高いかもしれません。

抜け毛の原因とは?

女性の抜け毛の原因はパーマやカラーリングを繰り返し行っていることや、ダイエット、ストレス、更年期、紫外線、間違ったシャンプー選びなどさまざまあります。
現れる年齢もさまざまで、老化現象なら40代から見受けられますし10代20代で海や川のレジャーなどで紫外線対策をしてこなかったツケが30代になって現れる例もあります。
またダイエットを経験したことがありますか?という回答に約8割の女性が「はい」と回答しています。
女性は異性のためよりも同性から良く思われたい、誰よりも細くキレイでいたいと願うもの。
そのため食生活は乱れ、痩せたい気持ちと食べたい気持ちの葛藤からストレスを溜め込むことで頭皮は固くなり、充分な栄養を摂取できない髪はやせ細り抜け毛へと進行してしまいます。
またりんごダイエットや豆腐ダイエットなど、ひとつの食材を食べ続けることで栄養が偏り髪に必要なアミノ酸やビタミンが極端に減ってしまいます。
髪だけではなく身体全体が栄養不足状態になり、人の身体は生命の危機を感じると生きるために必要な場所へしか栄養を運ばなくなります
つまり髪は生きるために必ず必要な場所ではなく、充分な栄養が送られないことからより深刻な抜け毛の状態になってしてしまうのです。
美しいスタイルを保つことは女性の永遠の憧れでもありますが、髪がやせ細り抜け落ちてしまっては美しさを保つことはできないのではないでしょうか。
美髪は何よりも美しさを決めるポイントだということを忘れてはいけないでしょう。

更年期と薄毛・抜け毛について

更年期について

更年期の薄毛・抜け毛は切っても切れない関係です。
更年期と呼ばれる期間は閉経する5年前から始まり、閉経した5年後まで続くといわれています。つまり50歳で閉経した場合45歳~55歳までが更年期と呼ばれるわけです。
更年期を迎えると女性ホルモンの分泌が急激に減り、やがて閉経時にはまったく分泌されなくなってしまいます。
この女性ホルモンが急激に少なくなることで様々な症状が身体に現れることを「更年期障害」といいます。
更年期障害の主な症状
○ほてり、のぼせ
○異常発汗
○肌の乾燥、シワ
○イライラ、不安感、無気力
○白髪や薄毛の増加
以上がよくあげられる症状です。
これらの症状が全て引き起こる人もいれば、一つだけの人もいます。

更年期の薄毛の原因

女性ホルモンは髪が育つのに必要不可欠なものです。
ですがその女性ホルモンが急激に分泌されなくなってしまうと、髪の成長サイクルが短くなり髪が育たなくなり抜けていきます。
そしてそのまま成長期がおとずれる事なく休止期の状態が続くことから薄毛になってしまうのです。

対処法

更年期の症状も薄毛も「女性ホルモンの急激な低下」によるものですので、減少を緩やかにしてあげる事がとても大切です。
急激な減少を抑えるには女性ホルモンと同じ働きをしてくれる「イソフラボン」を摂取してあげることが効果的です。
そして更年期の薄毛にはシャンプーで緩和してあげましょう。
頭皮にやさしいシャンプー選びをして、正しいシャンプー方法を行ってあげるだけで抜け毛や薄毛を緩和してくれます。

シャンプー選び

おすすめは「veflaモイストクレンジングシャンプー」です。
veflaはアミノ酸系シャンプーです。
アミノ酸はやさしい洗い心地で刺激がとても低く安全性が高いです。
さらに潤い成分でもあるので、キシまず洗った後もしっとりとしているのが特徴です。
女性は肌の弱い方が多く、さらに更年期には女性ホルモンが減少していますから更にダメージが多くなっています。
そんな時にアミノ酸系シャンプーはとてもお勧めです
そしてveflaはノンシリコンシャンプーです。
頭皮を清潔にしてくれて、さらに美容成分が浸透しやすくなるので頭皮も髪イキイキとしてきます。