【頭皮の悩み特集】育毛シャンプーを解析してみた!

毎日実感していなくても着実に進む薄毛

私たちの髪は平均して10万本の髪が生えていて、老化や紫外線、生活習慣の乱れにより髪の太さや量は次第に減少します。
気づいた時に慌ててしまうよりも今から育毛シャンプーで頭皮ケアをして、将来イキイキとした健康な髪でい続けませんか。

育毛シャンプーと市販のシャンプーの違いって?

育毛シャンプーと市販のシャンプーは大きく分けると、頭皮に与える影響力だと思います。
市販のシャンプーは高級アルコール系シャンプーで、価格が安い界面活性剤を大量に使用しています。
ここで『界面活性剤ってなに?』という疑問が出てきます。
界面活性剤を分かりやすく例えると、スーパーで売っているドレッシングを想像してください。
何もしない状態のドレッシングは油と調味料が分離した状態で、使う時に振って油と調味料を混ぜなければいけません。
シャンプーもオイルと美容液が入っていますが、振って使わなくてもすでにオイルと美容液が混ざっています。
これは何故かというと、油と馴染みの良い界面活性剤が入っているからです。
つまり界面活性剤はシャンプーを作る時に必要なもので、その種類も3種類存在します。
①石油系
②石鹸系
③アミノ酸系
先に述べた価格の安い界面活性剤というのが①の石油系になります。
シャンプーの価格も安いので一般に多く出回っているのですが、洗浄力の強さが強力な為、シリコンで手触りをよくしています。
それでは育毛シャンプーはどうなのかというと、多くのシャンプーはノンシリコンシャンプーでシリコンを配合していません。
そして③のアミノ酸系であることが多いです。
アミノ酸はベタつきがちな頭皮や乾燥しがちな頭皮まで、あらゆる肌の悩みに対応できる優れものです。
その理由が界面活性剤の中で一番肌にやさしく、弱酸性で低刺激なため敏感肌の方も安心して使うことができます。
さらに潤いをキープしてくれることからエイジングや薄毛で悩む頭皮にやさしく働きかけてくれるのです。

おすすめのシャンプー♪

ノンシリコンで毛穴はすっきりし、アミノ酸で潤いをキープしながら洗い上げてくれるそんな優秀なシャンプーがveflaモイストクレンジングシャンプーです。
『モイスト』…アミノ酸、真珠エキスをはじめとした9つの有用成分が乾燥から守り、潤いをキープしてくれます。
『クレンジング』…ノンシリコン処方が頭皮や毛穴を清潔に保ち、健やかな髪を育てます。
抜け毛や薄毛で悩む原因は、シャンプー選びが間違っていることがあげられます。
肌に負担をかけるシャンプーは出来るだけ避け、髪だけではなく頭皮を労わるシャンプーにかえてみませんか。

>> vefla モイストクレンジングシャンプーの詳細はこちら

 

ノンシリコンシャンプーを分析してみた。

髪にハリやコシが少なくなってきた…

エイジング(老化)が進むと髪にハリやコシがなくなり、今まで落ち着いていた髪が膨らんだり、ボサボサになったりとお世辞にも見た目が良い状態とはいえないですね。
それだけではなく食生活や睡眠などの生活習慣が乱れると、髪は健康な状態で生えてこなくなり、細く頼りない髪やキューティクルがすぐに剥がれてしまう軟弱な髪になります。
そんな時におすすめしたいのが『ノンシリコンシャンプー』で、ノンシリコンシャンプーを使ってボサボサの頼りない髪にさようならしましょう!

ノンシリコンシャンプーに見られる特徴とは

ノンシリコンの最大の特徴はシリコンが入っていないという事なのですが、そもそもシリコンを使わないで大丈夫なのでしょうか?
シリコンが手触りやサラサラ感を実現してくれているのは皆さまもご存知かと思います。
しかしそんなシリコンが排除され、果たしてノンシリコンになって潤いや乾燥などはどうなるのでしょうか。
まずノンシリコンになる事で手触りの良さはなくなります。
これは洗うというシャンプーの特徴を最大限に生かしたノンシリコンならではのもので、キシキシするということは髪がすっぴんの状態になったという証拠です。
ではノンシリコンだと髪にまとまりがなくなるのでは?と思われるかと思いますが、髪や頭皮がすっぴんの状態になる事で本来持っていた自然なツヤやボリュームが生まれます。
この特徴を生かしたのが育毛シャンプーであり、抜け毛や薄毛で悩む方の救世主となったわけです。
ですが色んな所からストレスを受ける現代人の髪は自然の力だけでは追いつかないのが現状です。
そんな時に各メーカーが「天然由来成分」「オーガニック」「アミノ酸」といった肌にやさしい成分をシャンプーに加えています。
これにより洗っても指通りが良く、洗い上がりも引っかかる事がなくなるので毛穴の負担が減少します。
ノンシリコンには良い部分と悪い部分があり、悪い部分をしっかりとカバーしているシャンプー選びが大切でしょう。

>> vefla モイストクレンジングシャンプーの詳細はこちら

 

ノンシリコンの成分の真実

ノンシリコンの成分って?

シリコンが入っていない商品のことを「ノンシリコン」といい、そもそもノンシリコンという成分はありません。
シリコーンやジメチコンといった表示をされているのがシリコンで、これらが入っているか入っていないかは商品の成分表を見れば一目瞭然です。

ノンシリコン+肌にやさしいシャンプーは育毛の近道

ノンシリコンシャンプーが注目されたのはここ数年のことで、それまではシリコンシャンプーが主流でした。
人によってシャンプーのすすぎが足りなかったり、トリートメントを頭皮にもベッタリとつけてパックをしていた方にはシリコンの蓄積が問題となっています。
そもそもシリコンは安全なものであり、指通りが良くなることから髪だけではなくボディケア商品やフェイスケア商品など様々なコスメに使われています。
ですが先にも述べたように間違ったシャンプーの仕方やすすぎ方などによって、毛穴が塞がれ頭皮が呼吸できない状態になってしまいます。
そうすると不潔な状態になり、乾燥で痒みやフケ、脂漏性で毛穴の詰まりや臭いなど本人だけではなく周囲の人からみても不快な状態になります。
そこでノンシリコンシャンプーを使うことで今まで蓄積していたシリコンを剥がし、さらにシリコンの蓄積もなくなり髪や頭皮が呼吸できる状態に生まれ変わるのです。
ただノンシリコンシャンプーはシリコンが入っていないため手触りの面で懸念されていました。
そこで肌にやさしいアミノ酸系シャンプーと組み合わせることで解消することができ、更に頭皮にトラブルを抱えている人でもアミノ酸はやさしい洗浄力なので傷つける心配はありません。
ノンシリコンと肌にやさしいアミノ酸という組み合わせは、抜け毛や薄毛といった育毛に取り組む人に是非使っていただきたい商品です。
veflaモイストクレンジングシャンプーは潤いを保ちながらスッキリと洗い上げてくれるノンシリコン×アミノ酸系シャンプーです。
毎日のケアで髪のキレイを育て、理想の髪を実現しましょう。

 

>> vefla モイストクレンジングシャンプーの詳細はこちら

 

ノンシリコンシャンプーに欠点・短所はあるの?

シャンプー剤についての誤解

ノンシリコンが良いのか?悪いのか?という論争は未だに出てきていますが、本当の事を知っているとノンシリコンが良い悪いといった考え方にはならないと思います。
世間ではシャンプーの仕方について詳しく解説されており、もちろんこれも大事な事なのですが、その前に「正しいシャンプー剤の知識を身につける」ことが必要だと思いませんか?

ノンシリコンシャンプーに欠点・短所はあります

ノンシリコンシャンプーの欠点・短所と言われているポイントを紹介します。
①傷んだ髪が補修できない
②熱に弱い(コーティングしていないので熱から守れない)
③コーティングの持続性がない
④シャンプー価格が高い

このようにノンシリコンだからこそのデメリットは存在しています。

ちょっと待った!!真実はコレだ!

先に述べたのは確かにノンシリコンシャンプーの欠点・短所ではありますが、これを鵜呑みにせずによく考える必要があります。

①傷んだ髪が補修できない

これは大きな間違いで、シャンプーで必要なのは『汚れを落とすこと』です。

もともと傷んだ髪はシャンプーで補修できるものではなく、再生は不可能です。(髪は死んだ細胞なので再生することは不可能)

これはシリコンだからとかノンシリコンだからという問題ではありません。

もし傷みが気になるようでしたらトリートメントで補修してあげましょう。

②熱に弱い

シリコンでコーティングしていないから熱に弱いとされていますが、ノンシリコンシャンプーは髪が生える土台(頭皮)を清潔に健やかにしてくれるので健康的な髪を育むことが可能です。

つまり今ある髪のダメージは先にも述べましたが元に戻ることはありませんので、次に生えてくる髪を健康にしてあげることでキューティクルがしっかりとし熱にも強い髪になります。

もし今あるダメージが気になるようでしたらその部分を切るか、トリートメントで手触りを良くする他ありません。

③コーティングの持続性がない

これも上記に書いた事と同じになってしまうのですが、そもそもシャンプーにコーティングが必要なのでしょうか?

手触りや洗い上がりの良いものはシリコンのような※疎水性(水に溶けない)ではなくても、アミノ酸を使うことで解決できます。

※シリコンの中には疎水性と親水性があり、市販されているシャンプーは疎水性である事が多いです。

④価格が高い

安心・安全なものを使うとなるとどうしても価格が高くなってしまいます。

安価なシャンプーは「どこでコストを削減するか」「どこで妥協をするか」という事が考えられ、安いものはそれなりのものです。

逆に安価である石油系界面活性剤を使わない代わりに、優しく洗えて潤いを与えるアミノ酸が使われている場合は価格が高くなってしまいます。

これはメーカーによって変わりますが、他にもシリコンの代わりに潤いを与える天然由来成分などが使われることもあります。

詳しくはシャンプーサイトやボトルの表示成分を見ると良いでしょう。

ここで一番言いたいことは、シリコンは髪の傷みが気になる人には向いていますが(手触りという部分のみ)、薄毛や禿げでお悩みの方には向きません。

今ある髪よりも新しく生まれる髪がどれだけ太くキューティクルもしっかりとしているかという事に力を入れるべきではないでしょうか?

シャンプー選び一つで頭皮の環境がガラっと変わることを知ってもらいたいです。

>> vefla モイストクレンジングシャンプーの詳細はこちら

 

【2チャンネルでも話題】ノンシリコンシャンプーの効果とは。

ノンシリコンとシリコンの効果をめぐり論争勃発

話題が話題をよびノンシリコンシャンプーの需要が高くなりました。(参考:なぜ今、ノンシリコンシャンプーが売れているのか
髪をキレイにしたいのなら今すぐノンシリコンシャンプーを使うべき!という意見と、シリコンは安全なもので髪に害はなくシリコンが悪いという事は全くない!と真っ二つに意見がわかれてしまっています。
そもそもシリコンもノンシリコンシャンプーも良い部分があって、人によってシリコンが使いやすいという人もいればノンシリコンシャンプーの方が良いという人がいるのも事実です。
それは皆が抱えている髪のトラブルが異なるからで、百人に百人ともシリコンが良いというわけでもないし、ノンシリコンシャンプーが良いというわけではありません。

自分に合ったものを選びましょう

そもそも健康な頭皮や髪はシリコンが使われているシャンプーを使っても何ら問題はありません。
というのも健康な人は新陳代謝が活発に行われてる為、例え毛穴にシリコンが付着したとしてもターンオーバーの際に一緒に剥がれ落ちてくれるからです。
ですがここで問題なのは日本人の頭皮はトラブルだらけという事で、外国の食文化により油の摂取量が増え、過度のストレスや睡眠不足、そして紫外線など問題点を挙げるときりがありません。
こんな環境で生活しているのですから約8割の方は髪に何らかの問題があります。
そこに気づいている人は『かなり進行している』状態にあり、痒みや吹き出物、脂漏性から乾燥に至るまで様々なトラブルで頭皮は悲鳴をあげています。
つまり頭皮が弱っていて新陳代謝も活発ではなくなり毛穴がたるみ、血行不良から新しく生えてくる髪が細すぎる為に毛穴に詰まったシリコンや皮脂を押し出す事ができずにいます。
これではいくら頑張ってシャンプーをしてもシリコンは蓄積する一方で、悩みの解決には至らないのです。
そんな方におすすめしたいのがノンシリコンシャンプーであり、これは必ずこのシャンプーでなければいけないという事ではなく、悩みを抱えた多くの方におすすめしたいという事です。
シリコンもノンシリコンシャンプーも共にメリットがあり、もしあなたが健康な髪じゃない、将来の髪に不安を感じている時にはノンシリコンシャンプーを一度手にとってみてはいかがでしょうか。

>> vefla モイストクレンジングシャンプーの詳細はこちら

 

【リアルな口コミ】ノンシリコンシャンプー体験談

これから見ていただく体験談はveflaを愛用しているお客様の、貴重なご意見です。

「S.Aさん 28歳/OL」

もともと猫っ毛で髪の毛も少なく流行の髪型はもちろん、スタイリングも全く決まりません。
友達から海やプールに誘われても「濡れたら薄毛がバレるかも…」「猫っ毛が更に酷い状態になるし…」と髪のことばかり気にして遊びにも行けませんでした。
彼氏にもいつバレるかわからず、毎日恐怖の思いで一杯でした。
そんな時「髪…大丈夫?ストレスとかあるの?」と彼に言われて、思わず絶句。
もう隠せない状態まできたのだなと思い本格的に育毛に取り組もうと考えました。
そこで今すぐ解決したいと思い専門のクリニックを探しましたが、月3万円もかかるらしく…私の収入では到底無理です。
そんな時、いつも買っていた雑誌のarにveflaが掲載されていて、説明を読むと『肌にやさしい』『髪がまとまりやすい』とまさに私に必要なもので思わずコレだ!と購入することに。
ノンシリコンシャンプーを使うのは初めてで不安だったのですが、フワフワとした細かい泡が、猫っ毛の髪でも絡まることなく洗えます。
それだけではなく洗い流した時もスルスルと泡が落ちてスッキリと洗い上がるのでとっても使いやすいです!
そして使ってから一ヶ月経った頃に今まで朝のスタイリングに40分かかっていたのが半分に減っていて本当にビックリです!
髪質がどんどん良くなっているのが分かって、私の髪に合っているんだなと今では安心して使っていますし、同じ悩みの人にもおすすめしたいです!

「Y.Nさん 41歳/主婦」

2人目の子供を出産したのを機に、額の生え際から頭の上にかけて地肌が目立つようになりました。
今は子育てや家事で忙しいからちょっとストレスがかかってるだけよね、大丈夫!とあまり気にかけていませんでした。
ですが掃除機をかけた後、ゴミを捨てようとしたら「あれ?私の髪ってこんなに抜けてるの」と驚くほど抜け落ちた髪で一杯だったのです。
それから枕をチェックしたり毎日排水溝をチェックするようになり、ようやく自分の髪の状態に気づかされました。
それからママ友達に会ったり、街行く人を見ては「どうして私だけ…」と悲しい気持ちになり、心が沈む毎日をおくっていました。
毎日髪の事ばかり考えて辛くてたまらなくなっていた時、母親が探してきてくれたのがveflaです。
誰にも相談できなかったけど母親には話していたので心配してくれていたのですね。
それから「ノンシリコンっていうのが良いらしいの」「アミノ酸は肌に良いらしいわよ」と細かく説明をしてくれました(笑)
必死になる母をみて私も頑張ろう!という気持ちになり、早速veflaを使ってみることに。
ノンシリコンってキシむって聞いていたのですが、まったくキシみません!
むしろスルスルと指が入っていくので、すぐにフワフワの泡が立って髪の負担はすごく低いなと感じました。
洗った後は髪が潤って弾むのがわかります。
今までは頭が痒くてダメだとわかっていながらもかいてしまっていたのですが、その痒みが治まり今ではまったく痒くありません。
詳しく調べてみると私の頭皮は乾燥していたみたいで、アミノ酸系のveflaはまさに私の頭皮を労わりながら洗ってくれていたのだと知り感動しました!
もし髪が薄くて外出するのも嫌なほど落ち込んでいる時は誰かに相談してみてください。
そして薄毛は今日、明日で治るというものではないので、長い目をみて育毛に取り組んで欲しいなと思います。

>> vefla モイストクレンジングシャンプーの詳細はこちら

 

ノンシリコンってなに? 3分で徹底的に理解

まずはじめに「シリコン」を知りましょう

最近では薄毛や抜け毛をあまり気にしていない方も、育毛シャンプーやノンシリコンシャンプーに注目し、試される方が増えました。
それは何故かというと『将来のことを考えている』『髪をいつまでも綺麗に保ちたい』という「美しくありたい」という願いからです。
以前はネットでしか見つけることが出来なかった育毛シャンプーは、今ではどのスーパーでも購入できるようになりました。
そこで数多くある育毛シャンプーの中から「ノンシリコン」に注目してみましょう。
そもそもノンシリコンをお話しする前に、シリコンを知ってもらいたいと思います。
皆さんの中にはシリコンと聞くと「豊胸で胸を大きく膨らませるもの」や「クッション」、それから化合物質ということもあり「体に悪そう」というイメージを持たれているかもしれません。
シャンプーに使われているシリコンはこれらとはまったく違うものです。
メイクアップ商品の中にも肌触りを良くする為にシリコンは使われていますし、髪の表面を綺麗に整える素材としてシャンプーの中にも配合されています。

ではノンシリコンの特徴とは?

先ほど髪の表面を整える為にシャンプーの中にシリコンが使われているといいましたが、シリコンが入っていないノンシリコンは大丈夫なの?と思われるかもしれません。
そもそもシャンプーは汚れを落とすものであり、シリコンのように髪の表面に皮膜を作りコーティングしてしまう事はシャンプーの意味を無くしてしまいます。
これは汚れを落とすことだけではなく、トリートメントが浸透しにくい事や育毛剤、発毛剤の成分の浸透も妨げてしまいます。
またカラーリングやパーマ液が上手く入らず時間がかかってしまい、髪への負担は私たちが思っているよりも遥かに大きなものとなり想像を絶します。
汚れを落とすという事だけではなく、髪をいつまでも健康で美しく保つという意味でもノンシリコンはとても重要だと言えるでしょう。
でも肌触りが良くなるシリコンを使っていないとシャンプーをしている時にゴワつきませんか?という意見もあります。
髪が元々細い方や、薄毛が進行して髪が生まれたての赤ちゃんほどの細さになってしまっている方は特に気になる点かもしれません。
ですがアミノ酸系シャンプーを使うことで解決します。
私たちの体と同じ成分であるアミノ酸は潤いを与えながら洗い上げてくれるので、シャンプー後もキシまず指どおりが良いです。
安価なラウレス硫酸と比べて高価なアミノ酸はシャンプー価格も上がります。
ですがこれは肌への負担、そして薄毛が進行して最悪の結果を招き高額なクリニックに通うことを考えると高いとは言えないのではないでしょうか。

>> vefla モイストクレンジングシャンプーの詳細はこちら

 

【ランキング上位記事】ノンシリコンと抜け毛の関係

 

ノンシリコンの働き

 

スーパーやドラッグストアで気軽に手にすることが出来る「ノンシリコン」を扱った商品はシャンプーやリンス、トリートメントがあります。
そもそもノンシリコンの働きは抜け毛や薄毛で悩む人、そして髪をいつまでも綺麗に保ちたい人にとって素晴らしい役割があります。
頭皮は顔のお肌と繋がっており、頭皮には筋肉がないだけで肌に起こるトラブルは頭皮にも起こります。
ですが髪で覆われている頭皮は、顔のように剥き出しの肌よりも敏感でダメージに弱い部分です。
多くの女性はファッションやオシャレを楽しみ、ヘアカラー、パーマ、コテやポニーテールなどのヘアアレンジで頭皮は思っている以上にダメージを受けています。
そこで肌のように毎日化粧水をつけて美容液をつけてオイルをつけて…とケアをすることが大切なのですが、見えない分忘れてしまいがちです。
そこでノンシリコンが、髪だけではなく頭皮の汚れをスッキリとさせ清潔な状態にしてくれる事から髪でお悩みの方に役立っています。

ノンシリコンで抜け毛が増えた?

 

ノンシリコンシャンプーを使うと抜け毛がふえました、という話を時々聞くことがあります。
ノンシリコンは頭皮や髪の汚れをスッキリとさせる事が特徴で、指通りが良くなるものではありません。
その為、洗っている時に髪が絡まったり、思い通りに指が通らないことから引っ張ってしまう事があります。
この『引っ張り洗い』が毛根に負担をかけ、次第に毛穴がたるみ抜け毛が増えてしまう原因なのかもしれません。
ここで皆さんにしっかりと理解してもらいたい事は、ノンシリコンだけでは良いシャンプーと言えないという事です。
中にはノンシリコン×高級アルコール系シャンプーという商品もあり、洗浄力の強い成分とノンシリコンの組み合わせで、髪への潤いはまったく無く『引っ張り洗い』の原因となります。
そこで引っ張り洗いをしない優秀な組み合わせとして、ノンシリコン×アミノ酸系シャンプーがあり、大変おすすめです。
アミノ酸は潤い成分であり更にやさしい洗いあがりが特徴で、絡まることもなくスルスルとした指通りが実現できます。
veflaモイストクレンジングシャンプーはノンシリコン×アミノ酸系シャンプーで、ご愛用頂いているお客様からもキシまない、ゴワつかなくて使いやすいと好評です。
髪と頭皮が潤い、引っ張り洗いもしなくてすみますから今までノンシリコンシャンプーを使って抜け毛が気になっていた方にもおすすめです。

>> vefla モイストクレンジングシャンプーの詳細はこちら

 

今、話題のノンシリコンシャンプーは効果がないの?

 

シャンプー音痴でした

 

皆さんはシャンプーを選ぶときに「シリコン」か「ノンシリコン」で選んでいますか?
実は私はシャンプーに関して『洗えればそれで良い』と思って、市販されているものを使い続けてきました。
でもここに落とし穴があり、シャンプー剤についての誤解というものをまったく知らなかったのです。

ノンシリコンシャンプーは優秀

 

一般的なシャンプーを選ぶポイント
…指通りや洗い上がりが良い
…ダメージを修正してツヤ感UP
…しっとり、さらさら
ということが調査でもわかっています。
実は私もそうでした。ですが年齢を重ねるごとに肌の乾燥が進み頭皮も痒く臭いがするようになったのです。
これは乾燥からくる脂漏性のもので、みなさんの肌も毎日乾燥から守ろうと毛穴から少量の皮脂が分泌されています。
ですが間違ったシャンプーを使い続けたことで乾燥が進み、大量の皮脂を出し続けてしまうのです。
これが臭いの元であり毛穴を詰まらせる原因で、このまま進むと抜け毛→薄毛→髪が育たないという事態になります。
そこで注目したのがノンシリコンシャンプーです。
髪に皮膜を作ってしまうシリコンは水溶性ではないので洗い流しても落ちません。
その為ツルツルとした指通りが実現できるわけなのですが、実際は毛穴を詰まらせる原因にもなり特に頭皮に問題を抱えている人にとっては致命的です。
ノンシリコンシャンプーは髪や頭皮を清潔に保つことができますし、毛穴を防ぐこともありません。
そして更に乾燥が気になる人や、ダメージに弱い方にはアミノ酸系シャンプーがおすすめです。
乾燥に効果的なアミノ酸系と頭皮を清潔に保つノンシリコンは、潤いを残しつつも汚れを落としてくれるまさに優秀なものと言えるでしょう。
今お使いのシャンプーはシリコンが配合されているものですか?それともノンシリコンですか?髪でお悩みの方は、まずそこから始めてみてもいいかもしれません。

>> vefla モイストクレンジングシャンプーの詳細はこちら

 

【人気コラム】ノンシリコンシャンプーは、結果的には安い。

ノンシリコンシャンプーの平均価格とは

ノンシリコンは安くて500円台から高いものですと7000円を超えるものもあります。
一番多く市場に出回っているのは3000円前後のものが多いです。
この価格差なのですが、ノンシリコンの中にも界面活性剤のラウレス硫酸が配合されているものもあり、価格は非常に低く抑えられます。
その逆にアミノ酸やオーガニックといった頭皮に極めて安全なものは高価なものなので、シャンプーの価格も高くなっています。

ノンシリコンシャンプーは長い目で見ると安い

ノンシリコンシャンプーを使っている多くの方は頭皮にトラブルを抱え、『抜け毛』『薄毛』が気になっている人です。

一般的な抜け毛・薄毛の対処法

○医療機関へ行く

○発毛を謳うクリニックへ行く

○かつらを作る

○ノンシリコンシャンプーを使う

この4つがあげられますが、まず医療機関やクリニックへ行くことは悪いことではありません。

ですが発毛や育毛には個人差があり、3ヶ月で生えてきたという人もいれば5年経っても変化がないという人もいます。

数ヶ月で改善されたという人は稀で、多くの方は1年から2年の期間は通わないければなりません。

医療機関では血液検査などの初診料として1万5千円から2万円かかり、さらに飲み薬や塗り薬で5000円から2万円と毎月かかってしまいます。

これは病院によって薬の価格が異なります。

そしてクリニックでは発毛を促すために定期的に通い、マッサージや育毛ケア、増毛、ヘアチェックなど色々な事をしなければならなくなり、結果的に高額になってしまいます。

かつらは安いものでウィッグが5000円からあるのですが、オシャレ用として使うのではなく薄毛を隠す為に利用する為、自分の髪に近いオーダーメイドで作る場合が多いです。

すると数十万円から数百万円となり、安い買い物とはいえません。

ではノンシリコンシャンプーはどうでしょうか?

先に述べたようにノンシリコンシャンプーのもっとも多い価格は3000円前後です。

市販されているシャンプーが数百円ということもあり、率直に「高い」と感じるでしょう。

ですが髪の長さにもよりますが、シャンプーは毎月購入するものではありません。

それでいて頭皮環境を整えるのに一番であり、育毛を促す近道でもあります。

長い目で見たときにノンシリコンシャンプーが高いと感じるか、安いと感じるかは明確ではないでしょうか。

>> vefla モイストクレンジングシャンプーの詳細はこちら