<知っていましたか?>薄毛を進行させていたのは実は…シャンプーでした

シャンプーの鉄則

薄毛の現象として多いのが、うねった髪がニョキニョキと生えてくるというものです。
これは毛穴に詰まった汚れや皮脂が髪の成長に影響を及ぼし、真っ直ぐ生えてくるのを邪魔しているからです。
そこで大切なのがシャンプーの選び方で、頭皮を重視するか髪を重視するかで選び方が変わってきます。
ですが自分に合ったシャンプーがわからない、どれも同じだという人は一度自分の頭皮の状態を確認してみましょう。
肌に合わないシャンプーをし続けることは薄毛の進行を早めるだけです。

頭皮タイプ

・頭に痒みあり
これはオイリータイプの頭皮の人に多く、毎日シャンプーをしているのにベタついたり臭いがしたり不快な症状が現れます。
ひどい乾燥肌の人も皮脂量が多い場合がり、これはインナードライ状態に陥っていると考えていいでしょう。

・頭に痒みなし
これは普通、乾燥、敏感肌タイプの頭皮の人だと考えられます。
皮脂量は普通ですが環境によってドライ、オイリーへと移る可能性があります。

使用感で選ぶ

シャンプーの洗浄成分には「せっけん系」「アルコール系」「アミノ酸系」「ベタイン系」があります。
せっけん系とアルコール系は洗浄力が高く、皮脂が過剰でベタベタが気になる人におすすめです。
せっけん系は肌への刺激が少ないのですが、アルカリ性なので洗い上がりがパサついたりゴワゴワしたりします。
アルコール系は安価なので市販で販売されているシャンプーはほとんどがこのアルコール系です。
安価なので経済的ではありますが、洗浄力や肌への刺激が強く薄毛で悩む人の頭皮にはあまりおすすめできません。
次はアミノ酸系とベタイン系ですが、両方とも洗浄力はやや弱く、肌に対する刺激が少ないため頭皮にとてもやさしいです。
パーマやカラーを繰り返している人はアミノ酸系かベタイン系がおすすめです。
このようにシャンプーによって使用感は異なります。
薄毛で悩む人は毛穴がつまっていたりフケが出たり、臭いがあったり痒みがあったりと必ずトラブルを抱えています。
出来るだけ肌にやさしいアミノ酸系かベタイン系のシャンプーを選ぶことがおすすめで、正しいシャンプー選びは薄毛を改善する近道になります。

白髪染めとシャンプーの関係

白髪染めの危険性

白髪染めの悪影響で最も多いのはアレルギーと髪へのダメージです。
白髪染めの中にはアレルギーを引き起こしてしまうパラフェニレンジアミンという物質があります。
このパラフェニレンジアミンは強いアレルギー物質なので、頭皮がかぶれたり湿疹や痒み、大量のフケなどを発生させることがあります。
それだけ強い成分を配合している白髪染めを使うと、頭皮だけではなく髪全体もダメージを受け抜け毛や薄毛の原因となる場合があります。
みなさんは普段、どのようなシャンプーをお使いでしょうか?
白髪染めをした毛髪はダメージの塊です。
そこに洗浄力の高いシャンプーを使用すると、頭皮は乾燥によりフケや痒みが発生し、髪はスカスカになり潤いを失います。
だからこそ白髪染めをしても美しく、健康な髪へと導いてくれるシャンプー選びがとても大切です。

洗うたびにやさしさを感じるシャンプー

白髪染めでハリ・コシのなくなった「スカスカ状態の髪」におすすめしたいのがveflaモイストクレンジングシャンプーです。
veflaは傷みの激しい髪にもやさしく洗い上げてくれるアミノ酸を配合しております。
アミノ酸の特徴は「弱酸性」「低刺激」「安心・安全」であり、頭皮や髪を乾燥させることなく潤いとツヤを与えてくれます。
さらにveflaは頭皮と髪を健やかに保ってくれるノンシリコンシャンプーです。
ノンシリコンは髪に美容成分の浸透を高めてくれ、さらに頭皮が清潔になることから健康な髪が生えやすいといわれています。
白髪染めだけではなく、カラーリングのダメージというのは日々蓄積していきます。
今はまだ大丈夫と安心せずに、なるべく早い段階から日常的にケアしていくことが大切です。
髪のオシャレをいくつになっても楽しみたい女性のみなさんに、これからも美しく健康な髪で居続けてもらいたからveflaモイストクレンジングシャンプーをおすすめします。

痒み(かゆみ)とシャンプーについて

痒みを抑えようと高価なシャンプーを買い、毎日使っているけれども効果がでないという事はありませんか?
頭皮が痒くなってしまうのは、シャンプーの洗い方やすすぎ不足が考えられます。
どんなに良いシャンプーを使っても頭皮の汚れをしっかり落とすことができなければ、効果は発揮されません。
最近では髪の毛のアンチエイジングに力を入れた商品が多数並んでいますが、その力を発揮できていない方が多いように感じます。
商品に頼りきっているだけでは本当の美髪にはなりませんので、髪や頭皮に本当にいい事を知りましょう。

頭皮に繁殖している?!

シャンプーのすすぎ不足になっている方は、雑菌にとってたいへん住みやすい環境となっています。頭皮は髪の毛に覆われているので蒸れやすく、そして日光に直接さらされないため菌が繁殖しやすくなっています。
そこに菌のエサである皮脂やシャンプーカスが残っていると繁殖していき、にきびや痒みの原因となってきます。そもそも私たちの身体にはある程度の菌が住みついているのですが、現代人の生活では繁殖しやすくなっているので注意が必要です。

洗髪の大事なポイント

女性はメイクをするとクレンジグをつけ、手で馴染ませながら落としていきますよね。
シャンプーも同じことで、上にのせるだけではなく指で丁寧にマッサージをしてあげましょう。丁寧なマッサージにより、菌の好物である皮脂を浮かせて落としやすくしてくれます。さらに血流が良くなるので毛根に血液がまわり、十分な栄養を髪に与えることができます。
さらにもう一つ注意してもらいたいのが、シャワーの温度です。
シャワーの温度を38度から40度に設定している方が多いのですが、あまり高い温度だと頭皮が乾燥してしまいます。乾燥もまた頭皮の痒みの原因となりますので、すこし低いかなと感じる温度がベストです。
veflaはフケや痒みを防ぎ、頭皮の汗臭も防いでくれます。
ノンシリコンシャンプーだからこそ毛髪と頭皮を清潔にし、すこやかに保ってくれます。
頭皮の痒みを感じて不快感がある方はveflaを使ってみてはいかがでしょうか。

献立の参考に!育毛に効くかもしれない食材はコレだ

食べ物と薄毛の因果関係を証明したものはありませんが、食生活を見直すことはとても大切なことです。
私たちの身体には自分で生成できる栄養素とそうでないものがあります。
身体の健康を維持するために必要な栄養素を体内で作ることができない場合、食事で栄養を取り込むしかありません。
その為にも食事はとても大切なのです。
そこで身近な食材を使って簡単に、髪に必要な栄養素を取ることができるメニューを紹介します!

朝ごはん

朝ごはんにおすすめしたいのがクロックムッシュ!
クロックムッシュには必須アミノ酸の「チーズ」「牛乳」「卵」が一度に摂取できます。さらにこの3つの食材にはビタミンB2が含まれており、肌荒れやフケの発生を抑える力があります。

昼ごはん

お昼ごはんは外で食べるという方におすすめなのがレバニラ炒めです!
レバーにはビタミンB6が含まれており、このB6が不足してしまうと皮脂が過剰に分泌されたり抜け毛や薄毛の原因につながります。

夜ごはん

夜ごはんはメインに牡蠣フライ、副菜に豆腐のサラダ、ひじきとかぼちゃの煮物、汁物に納豆汁がおすすめです!
牡蠣は髪を丈夫に保つ働きのあるシスチンと、タンパク質の新陳代謝を良くしてくれる亜鉛が豊富に含まれています。
豆腐や納豆の豆類は女性ホルモン(エストロゲン)と似た働きをしてくれるイソフラボンが含まれており、女性はホルモンバランスの異常から脱毛症になる事もありますので積極的に取り入れましょう。
ひじきには髪を健康的にするヨードが沢山ふくまれていますし、かぼちゃはビタミンが豊富な食材です。
食べ物を見直すことで身体の内側から健康にしてみませんか?
食生活の改善をしたら体調がよくなったという経験のある人も少なくありません。
健康がすべての基本であり、髪にも同じことがいえます。
薄毛や抜け毛が気になる人は食生活にも気をつけてみましょう。

漢方ってなに? 育毛に効くかもしれない漢方の紹介

漢方は中国で広く使われている医薬品ですが、女性は冷え性や月経痛、便秘に肩こりなどさまざまな場面で利用されている方も多いのではないでしょうか。
自分のライフスタイルを崩すことなく体調を改善できるので、忙しい女性にはとても嬉しいですよね。
そんな漢方が育毛に効くかもしれないということでご紹介していきたいと思います。

自然治癒力を高める漢方

●女性ホルモンのバランスを整える…カンゾウ、ヨモギエキス、ビワ葉エキス
●頭皮の炎症を抑える…アロエエキス、カンゾウ、シャクヤクエキス
●血行を促し促進してくれる…トウエキス、ニンジンエキス、トウガラシエキス
●頭皮の保湿をする…ヘチマエキス、大豆タンパク
漢方の特徴として効き目がゆっくりと現れることがあげられます。
穏やかに作用することから即効性はないので根気良く、毎日続けていく必要があります。また漢方の中にはアレルギーを引き起こしてしまうものもあるので気をつけましょう。

心が沈んでしまう薄毛…。

30代で薄毛に本格的に取り組むようになった多くの人が「20歳を過ぎたあたりから抜け毛が多くなってきた」と感じているそうです。
そこからゆっくりと薄毛が進行するのが女性に多い脱毛症の特徴で、仕事の激務からくるストレスやダイエットなど色々な事が重なって気づいた時には…「えっ?!」と驚く事態に…。
「まだまだオシャレしたい」「若く見られたい」「可愛いく見られたい」これはどの女性も同じです。
漢方は時間がかかる…育毛剤や育毛サロン、そして病院へ通うけれども費用が高く、中には高額ローンを組まされるサロンもあります。
無理をしても続かなければ意味がありません。
そこで費用も精神面でも無理をしないことが大切だと思いませんか。
育毛には高価な育毛剤やサロンだけではなく、費用を抑えたホームケアもあります。
自分にあった育毛方法で毎日楽しんで取り組むことが一番の近道だと思います。

毛根のイロハ

毛根とは毛の白い部分の事を言い、抜けた髪の毛根部分を見るだけで髪の健康状態がわかると言われています。
自然に抜け落ちた毛根はマッチ棒の先のようにぷっくりとしていて、栄養不足などが原因で抜け落ちた毛根は、細く丸みを帯びていないのが特徴です。
抜け毛で気になるのは量だったりしますが、実は毛根をみることで自分の頭皮がどの様な状態にあるのかをチェックすることができます

・毛根でわかる抜け毛の原因

毛根に丸い膨らみがない…栄養不足

付着物がある…皮脂の過剰分泌

毛根の先に細い糸のようなものがある…ホルモンバランスの崩れ

毛根が尖っている…ストレスや免疫疾患

毛根がない…無理なダイエット

もし自分の毛根が上記のような形をしていたら、様々なことを見直してあげる必要があります。
とくに女性の場合は、無理なダイエットからくる栄養失調や女性ホルモンの乱れ、冷えによる血行不良などが多いかと思います。
これは抜け毛だけではなく髪のエイジングも早めてしまい、白髪が増えたり薄毛の原因となりますので注意が必要です。
さらに毛根だけではなく髪の毛もパサついたりハリ・コシがなくなってしまったりします。
このような髪の悩みは頭皮をケアしてあげる事で改善されます。
まずは根本的な原因となっている間違った頭皮ケアを見直してあげましょう。
髪がイキイキとするには頭皮を清潔にしてあげる事と毛根にしっかりと栄養を与えてあげることが必要です。
頭皮を清潔にするには毎日のシャンプーが鍵となっています。
シリコンが入っているシャンプーは、シャンプーで落としきれなかった毛穴の皮脂をコーティングしてしまい頭皮が呼吸できない状態になります。
ノンシリコンシャンプーは頭皮をコーティングしないので、毛穴にこびりついた皮脂をすっきりと落として呼吸できる状態にしてくれます。
そしてシャンプーをする時は力を入れず、細かく撫で洗いをしてあげる事で血行がよくなり毛根に栄養が行き渡りやすくなります。
veflaモイストクレンジングシャンプーはノンシリコンなので頭皮を清潔に保ちながら、皮脂汚れによる嫌なニオイも防いでくれます。
さらにアミノ酸配合でマイルドな洗浄力が頭皮をやさしくマッサージするのにとてもお勧めです。

更年期と薄毛・抜け毛について

更年期について

更年期の薄毛・抜け毛は切っても切れない関係です。
更年期と呼ばれる期間は閉経する5年前から始まり、閉経した5年後まで続くといわれています。つまり50歳で閉経した場合45歳~55歳までが更年期と呼ばれるわけです。
更年期を迎えると女性ホルモンの分泌が急激に減り、やがて閉経時にはまったく分泌されなくなってしまいます。
この女性ホルモンが急激に少なくなることで様々な症状が身体に現れることを「更年期障害」といいます。
更年期障害の主な症状
○ほてり、のぼせ
○異常発汗
○肌の乾燥、シワ
○イライラ、不安感、無気力
○白髪や薄毛の増加
以上がよくあげられる症状です。
これらの症状が全て引き起こる人もいれば、一つだけの人もいます。

更年期の薄毛の原因

女性ホルモンは髪が育つのに必要不可欠なものです。
ですがその女性ホルモンが急激に分泌されなくなってしまうと、髪の成長サイクルが短くなり髪が育たなくなり抜けていきます。
そしてそのまま成長期がおとずれる事なく休止期の状態が続くことから薄毛になってしまうのです。

対処法

更年期の症状も薄毛も「女性ホルモンの急激な低下」によるものですので、減少を緩やかにしてあげる事がとても大切です。
急激な減少を抑えるには女性ホルモンと同じ働きをしてくれる「イソフラボン」を摂取してあげることが効果的です。
そして更年期の薄毛にはシャンプーで緩和してあげましょう。
頭皮にやさしいシャンプー選びをして、正しいシャンプー方法を行ってあげるだけで抜け毛や薄毛を緩和してくれます。

シャンプー選び

おすすめは「veflaモイストクレンジングシャンプー」です。
veflaはアミノ酸系シャンプーです。
アミノ酸はやさしい洗い心地で刺激がとても低く安全性が高いです。
さらに潤い成分でもあるので、キシまず洗った後もしっとりとしているのが特徴です。
女性は肌の弱い方が多く、さらに更年期には女性ホルモンが減少していますから更にダメージが多くなっています。
そんな時にアミノ酸系シャンプーはとてもお勧めです
そしてveflaはノンシリコンシャンプーです。
頭皮を清潔にしてくれて、さらに美容成分が浸透しやすくなるので頭皮も髪イキイキとしてきます。

早速調べてみた!女性の薄毛は薬で治るの?

髪の毛が薄くなり始めると、鏡をみてため息をつくものです。
これは中年の男性だけではなく、若い女性にも当てはまるもの。
そんな時に薄毛の治療薬に頼るのはごく自然なことだといえます。
それでは女性の薄毛に対する治療薬にはどのようなものがあるのでしょうか?
またその効果はどのようなものなのか紹介します。

ミノキシジル

ミノキシジルは血管を拡張させる為に開発された薬ですが、薄毛の改善にも効果を示すことから日本でも手に入りやすい治療薬として販売されています。
ミノキシジルは女性の薄毛対策として使用することができる治療薬です。
抜け毛を減らす効果が期待されており、日本ではリアップとして販売されています。

プラセンタ

プラセンタと聞けば美容に良い成分というイメージをされる方が多いのではないでしょうか。
プラセンタはホルモンのバランスを正常にする働きがあり、男性ホルモンを抑制させる効果もあるとされています。
また健康的な髪を育むための毛母細胞を活性化させることから薄毛にも期待できるのだそうです。

スピロノラクトン

スピロノラクトンは女性の薄毛治療薬として使用されている薬のひとつですが、もとは血圧を下げるお薬として使用されています。
スピロノラクトンは、女性のホルモンバランスを整えてくれる働きがあるため薄毛治療として使われているのだそうです。

副作用はないの?

薄毛の治療として使われている薬ですが、その効果には個人差があり現在のところ画期的な改善薬ではありません。
もちろん副作用が存在するものもあり、頭皮のアレルギー反応や低血圧、めまい、貧血などの症状を訴える人もいます。
また女性の場合、妊娠していると胎児に悪い影響を及ぼすこともあり使用を禁止されているものが多くあります。
薄毛を改善しようと色々なものを試す前に、安心または安全な薬であるのか?成分はどのようなものなのか?などしっかり調べて理解することがとても大切ではないでしょうか。

早速調べてみた!女性の薄毛は病院の外来で治療出来るの?

薄毛の対処方法をどうしていますか?

抜け毛が多くなってきたり、髪が薄くなってきたことを自覚しだしたら多くの人は育毛剤や発毛剤に手を伸ばすのではないでしょうか。
または育毛サロンへと足を運んでいる方がいると思います。
時間のかからない育毛剤や発毛剤は口コミなどを比較して選んでいる方が多く、自分の頭皮の状態や薄毛の原因がわからないまま使っている方がほとんどです。
また育毛サロンはとても費用が高く、長期間必要とされるため途中で諦めてしまう方も少なくありません。
そこで「脱毛症外来」「毛髪外来」という診療科を設けている病院に注目してみましょう。

病院の薄毛治療とは?

治療は医学的根拠のある方法で行い、毛髪の専門家が対応してくれるので安心して受診することができます。
多くの場合は男性型脱毛症(AGA)に対しての治療が注目されていますが、もちろん女性も病院で治療することが可能です。
女性の場合は女性ホルモンのバランスを検査してもらうこともできますし、専門の薬を処方してもらうこともできます。
「脱毛症外来」「毛髪外来」は始まったばかりという事もあり、病院によって呼び方から治療の方法まで差がありますので一度調べてみてください。
女性の薄毛の原因は男性の薄毛よりも複雑で、明確なものがわかならい場合もあります。ひとつだけではなくいくつもの原因が重なることで引き起こしているのが、女性の薄毛の特徴だといえるでしょう。
何が原因かわからないまま自己流でケアをすることは危険で、場合によっては頭皮を傷つけてしまうことがあります。
薄毛で悩まれている方なら自分で判断する前に、また時間とお金がかかってしまうサロンへ行く前に一度病院を受診してお医者さんに相談してみてはいかがでしょうか。
そして自分の薄毛の原因を知り、毎日できるホームケアをすることをおすすめします。

旅行とシャンプーについて

荷物が重くなるなどの理由でシャンプーを持っていかず、旅行先のホテルや旅館にあるシャンプーを使用することがあると思います。
その時に「いつもよりベタつく」「パサつく」「痒みがでた」「香りが好みではない」など感じたことがあるのではないでしょうか。
ホテルや旅館で使用されているシャンプーにどのような成分や効能があるかというよりも、今日だけだし、毎日じゃないしと妥協をしてはもったいないですよ。

高級ホテル

高級ホテルで使われてるシャンプーは海外メーカーが多く、「スキンケア」「うるおいキープ」「エイジングケア」「フレーバー」などをテーマとして作られているものが多いです。
一見良さそうに感じてしまいますが、日本人に向けて開発されているものではないので質感がまず違います。
日本人は欧米人に比べると皮膚が薄く、デリケートなため刺激に弱いという点があります。皮膚が弱い日本人が濃度の高い海外製品を使ってしまうと、かぶれてしまう事があるので注意をした方がいいです。

ビジネスホテル

宿泊代が安いビジネスホテルでは、シャンプーも安価な成分が配合されているものを使用している事が多く、肌の弱い方ですと刺激がきつく痒みが出てしまったり、乾燥してしまったりします。
せっかく楽しみにして行く旅行なのですから、このようなトラブルを避けるためにもシャンプーは持って行くようにしましょう。
とくに旅先では普段と違った環境であったり、食事だったりと気づかないうちに髪に影響を及ぼすことが多いので、いつも以上にヘアケアを行って欲しいと思います。
veflaは環境の変化による頭皮のトラブルや地肌ストレスにもやさしい、アミノ酸×ノンシリコンシャンプーです。
毛髪と頭皮を清潔にし、すこやかに保ってくれるveflaを是非、旅先でも体感してください。