仕事・育児・家事で忙しいけど実行できる!4つの発毛習慣

薄毛や抜け毛が気になる女性も多いでしょうが、なかなかヘアケアの時間が確保できないという人も少なくありません。

女性は、仕事・育児・家事で忙しいですよね!

でも、忙しいのを理由にしていては、いつまでもヘアケアはできないのです。

そこで今回は、忙しくてもできる「4つの発毛習慣」をご紹介します。

この記事は、こんな人におすすめ

カラーリング後のヘアケアは大事!3つのポイント

ヘアカラーリングをして、オシャレを楽しんでいる女性はたくさんいるでしょう。

カラーリングをして終わりではなく、きちんとその後のケアはしていますか?

カラーリング後の髪は、髪の内側に存在するコルテックスが流出しやすくなっています。

つまり、外的な刺激を受けやすい状態になているというわけです。

だからこそ、ダメージが進行しないように、ケアをしてあげることが大切です。

今回は「カラーリング後のヘアケア、3つのポイント」をお話していきます。

トリートメントは特別ではない。毎日しよう

トリートメントは、特別なヘアケアだと勘違いしていませんか?

「特別だから、たまにでいいや」「デートの前日にするスペシャルケア」と思っているのなら、大間違いです。

トリートメントはじっくり、ゆっくりと栄養分を髪の毛に浸透させていくことができるので、ヘアケアとしてはとても効果が “カラーリング後のヘアケアは大事!3つのポイント” の続きを読む

わかめはバランスの良い食材。ヘアケアに役立てよう

「わかめは髪の毛にいい」と聞いたことはありませんか?

わかめを食べれば髪の毛が必ず生えるというわけではありません。

けれども、わかめにはミネラル・ビタミン・食物繊維などが豊富に含まれているので、髪の毛が生えやすい頭皮環境を整えてくれる食材であることは間違いないのです。

そこで今回は、美しく健康な髪の毛を作り上げる食材「わかめ」についてお話します。

おすすめレシピもご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

この記事は、こんな人におすすめ

毛穴の酸化が薄毛を招く!原因と対処法は?

最近、抜け毛や薄毛が増えたと気になっている女性のみなさん。

毎日忙しくて髪の毛のケアが不十分だと、自ら薄毛を招いてしまうような頭皮の状態を作り上げてしまいます。

自分で何とかしなければ、髪の毛は抜けていく一方なのです。

そこで今回は、抜け毛の原因である「酸化」についてお話をしていきます。

この記事は、こんな人におすすめ

  • 入浴後やスタイリング中の抜け毛に困っている
  • 薄毛に悩んでいる
  • 薄毛や抜け毛の原因を知りたい
  • 髪の毛を結うことが多い
  • シャンプーは数日おきにする
  • 汗をかきやすい

酸化の1番の原因は「毛穴の酸化」

女性の抜け毛の原因は、一般的にストレス・遺伝・不規則な生活・妊娠や出産によるホルモンバランスの乱れなどが挙げられます。

ホルモンバランスの変化などはどうにもならない部分もありますが、対策法がいくつかある、薄毛や抜け毛の最大の原因は「毛穴の酸化」です。

毛穴に皮脂やホコリなどが詰まったまま、汚れが定着してしまうと、髪の毛が生えてくる部分の毛穴や頭皮環境は悪くなってしまうのです。

そこで、毛穴の酸化を予防する、または解消することによって髪の毛が抜けにくい環境を整えるというわけです。

酸化の原因は、花粉や黄砂などの季節的なもの、過剰な皮脂分泌、脂質の多い食事など、さまざまです。

毛穴の酸化を解消することで、髪の毛の健康状態も確実に良くなっていきますから、毛穴の酸化対策は力を抜けません。

毛穴の酸化。今すぐに出来る2つの対策法

毛穴の酸化に対して、今すぐに出来る2つの対策法をご紹介します。

対策法1.シャンプー

面倒だからと言って、あまりシャンプーをしなかったりすると、毛穴の酸化を招いてしまいます。

そこで、シャンプーは1日1回するようにしましょう。

1日に何度もすると、頭皮が乾燥して皮脂分泌が過剰になり、更に毛穴の酸化を招いてしまう可能性があります。

対策法2.食事内容に気を付ける

カレー・焼肉・ラーメン・揚げ物などの脂っこい食事ばかりをとっていると、皮脂分泌が過剰になり、頭皮環境の悪化を招きます。

全く食べてはいけないというわけではなく、栄養バランスの整った食事を基本として楽しむ程度にとどめましょう。

まとめ

今回は「薄毛・抜け毛の原因は毛穴の酸化」と題して、お話をしました。

女性はホルモンバランスの乱れやストレス、疲れなどによって毛穴が酸化しやすくなってしまいます。

酸化は毛穴の状態を悪くして、薄毛・抜け毛の原因を作り出してしまうので、日頃から酸化予防を心がけていくことが大切です。

シャンプーの方法や食生活など、毎日の対策をコツコツと続けて、健康な髪の毛を目指していきましょう。

女子も頭皮が臭う!原因と対処法をチェック

女子たるもの、いつもいい香りでいたいものですね。
でも、毎日のこの暑さ!

真夏が終わっても、ムシムシとした日々は続きますし、最近は秋でも暑い。
そこで気になるのが、頭皮の臭いです。

自分でなかなか嗅ぐことのできない部分だからこそ、日頃からしっかりとケアをしていきましょう。

今回は「頭皮の臭いの原因」と「対処法」についてお話をしていきます。

この記事は、こんな人におすすめ

  • 汗をよくかく
  • ロングヘアー
  • 毛量が多い
  • 頭皮の臭いが気になる
  • 毎日被っている帽子が臭い

臭いと悩む前に!頭皮の臭いの原因を知る

そもそも、頭皮が臭うのはどうしてなのでしょうか?

頭皮の臭いを引き起こすのは、頭皮や髪の毛に付着している汚れや分泌される皮脂です。

ここで、びっくりする事実をお話します。

実はテカリと言えば、顔のTゾーンとイメージされる人も多いでしょうが、頭皮にはTゾーンの倍以上の皮脂腺があるというのです。

髪の毛で隠れて見えにくい部分ですが、皮脂腺が多いということは汗もかきますし、詰まりやすいというわけです。

頭皮の臭いの原因は 皮脂が酸化したり、汚れと汗が混ざり合って菌が繁殖してしまうことにあります。

頭皮の臭いの対処法はこれだ!

頭皮の臭いって、なかなか自分では嗅ぐことができません。

だからこそ、日頃から臭わないように気を付けることが大切です。

そこで、頭皮の臭いを予防するための対処法をまとめてみました。

ぜひ、参考にしてくださいね。

対処法1.シャンプーは寝る前にする

皮脂のサイクルを知っていますか?

皮脂は髪を洗ってから早い人で4時間、遅くとも12時間ほどで毛穴に詰まってしまいます。

ですから、頭皮の汚れは「その日のうち」に洗い流しておくようにしましょう。

「眠いから、ちょっと次の日に洗おう」とそのままにしておくと、それが頭皮の臭いの原因となってしまうことをお忘れなく。

対処法2.睡眠のサイクルを整える

「睡眠が頭皮の臭いに影響するなんて、ウソでしょう?」と驚く人もいますが、それは本当です。

寝不足の状態が続くと、ホルモンバランスが崩れやすくなり、皮脂の分泌量に影響を与えます。

頭皮の臭いを予防したいのなら、睡眠のサイクルをしっかりと整えて、ホルモンバランスを正常に整えることが大切です。

まとめ

今回は「頭皮の臭いの原因と対処法」と題して、お話をしました。

頭が臭いなんて、なかなか女性に対しては言えません。

だからこそ、自分でしっかりと気遣って、日頃から頭皮の臭いを抑えておくことが大切なのですね。

勘違いしていない?自然乾燥が髪によくない理由

紫外線が強くなる夏は、肌だけではなく髪へのダメージも大きくなります。

そこで「できるだけ、髪の毛に良いことをしてあげたい!」と思い、ヘアケアに力を入れる人も多いでしょう。

でも、中には勘違いをしている人もいます。

そこで今回は、勘違いしている人の多い「髪の毛の自然乾燥」について、お話をしていきます。

この記事は、こんな人におすすめ

  • ヘアケアを徹底したい
  • 髪の毛のダメージが気になる
  • 髪の毛が痛みやすい
  • ヘアケアを頑張りたい
  • 髪の毛を自然乾燥している

自然乾燥は、髪の毛にはいいの?悪いの?

「自然乾燥はドライヤーの熱がないから、きっとダメージが少ないんだろうな」と思っていませんか?

でも、それは大間違い!

自然乾燥させている間の髪の毛はずっと濡れているので、摩擦による刺激をダイレクトに受けやすくなってしまうのです。

例えば、こんな状況

  • 濡れたままの髪の毛で、寝てしまう
  • 濡れたままの髪の毛を、結う
  • 濡れたままの髪の毛を、とかす
  • 濡れたままの髪の毛で、帽子をかぶる

睡魔に勝つことができずに、濡れたままの髪の毛で寝てしまうのは、特に要注意。

翌朝のスタイリングが面倒なだけではなく、濡れた髪の毛と枕の間に摩擦が起きて、ダメージを受けやすくなってしまうからです。

結果、髪の毛同士が絡まったり、切れ毛が多くなってしまいます。

ちょっとしたことでも、髪の毛にとっては負担がかかっていることを、意識して過ごしましょう。

ダメージリスクが高いのは、どっち?

ダメージリスクの高い、濡れた髪の毛をずっとそのままにしておく方法。

また、ドライヤーの熱を使ってでも、完全に乾ききった髪の毛にしてあげる方法。

あなたは、どちらが良いと思いますか?

答えは、ドライヤーの熱を使ってでも、完全に乾ききった髪の毛にしてあげる方法です。

髪の毛から一定の距離をおいて使う、長時間の利用はしないなど、正しい使い方をすれば、ドライヤーの熱も効果的です。

髪の毛が長くなればなるほどに、自然に乾くまでの時間が長くなるので、ダメージリスクも高まると覚えておきましょう。

まとめ

 

今回は「髪の毛の自然乾燥」について、お話をしました。

1番良くないのは、髪の毛が濡れていて、摩擦による刺激を受けやすくなっている状態をそのままにしておくことです。

ドライヤーによる熱も髪へのダメージがないとは言えませんが、自然に乾くまでずっと放置しておく方がリスクが高い言えます。

健康でしなやかな髪の毛を作るためにも、正しいヘアケア知識を身に付けていきましょう。

【禿げ(ハゲ)対策】縮毛矯正は卒業!ツヤ髪の法則

美容院に行ってトリートメントもしてるし、毎日ちゃんと洗髪後にヘアパックだってしてるのに…しばらくするとうねりやボサボサ頭になってしまう。
面倒なお手入れをしても長く続かないし効果がない…やはりお金をかけないとツヤ髪にはなれないの?

いえ、そんなことはありません。

「いつものシャンプーの選び方や仕方を変えるだけ」でツヤツヤとした美しい髪を手に入れることができます。

うねりやボサボサ頭を隠す宿毛矯正は卒業しましょう。

ツヤ髪になれる法則がありますのでご紹介していきたいと思います。

まずはじめにシャンプー選びから

多くの方が誤解をしているのですが「ツヤツヤの髪=トリートメントすればいい」と思っていませんか?
髪のツヤや潤いを生み出すのにもっとも重要なのはシャンプーです。
天然の保護成分として毛穴から分泌されている「脂」は適量ならツヤツヤとした髪を生み出してくれます。
しかし時間が経つと臭いが発生したり、毛穴をふさいで新しい髪がまっすぐ生えるのを邪魔してしまいます。
これがどんなにトリートメントでヘアケアをしても、ツヤ髪が持続しない原因です。
だからこそシャンプーが大切なのです!
シャンプーの役割はまっすぐな髪が生まれるのを邪魔されないように、毛穴に詰まった皮脂を落とすこと。
おすすめはノンシリコンシャンプーです。
シリコンは水に溶けにくいため毛穴に残りやすく、ツヤ髪が生まれにくくなります。

シャンプーの仕方

シャンプーで洗うのは「頭皮」なのか「髪」なのかを考えたことはありますか?
禿げている人は頭皮で、ボサボサ髪の人は髪だと思ってはいませんか?
実はどちらも「頭皮」が重要です。
先にも述べましたがまっすぐ美しい髪が生まれるのは頭皮が清潔であるからこそ。
禿げている人もそうでない人も頭皮にアプローチするシャンプーの仕方が正解です。

自分に合ったシャンプーを選ぶには市販された多くのシャンプーを試していく必要がありますが、これは頭皮を傷める原因になりますのでやめましょう。

肌にやさしく敏感肌の方にも安心して使うことができるアミノ酸系(洗浄成分)で洗うことが大切です。

>> vefla モイストクレンジングシャンプーの詳細はこちら

 

ips細胞を使って女性の禿げ(ハゲ)がなくなる!?

ips細胞とは様々な組織に変化し、失われた(機能しなくなった)臓器の代わりとなることから注目を浴びました。
そしていつか私たちがお世話になるかもしれないips細胞が、なんと毛髪組織を再生したという報告がされ、世の中の禿げで悩む人には大きな喜びと早く実現してほしいという期待がよせられています。

ips細胞はまだまだ研究段階

今回の実験ではマウスと人の細胞を混ぜ合わせ、毛包と毛髪を作り出すことに成功したそうですが、きっと将来は自分達の組織を使って毛髪を作ることが出来るかもしれません。
ですがまだマウス実験のみでわたし達の髪に移植できるわけでもなく、今すぐ試すこともできません。
今の実験段階では髪を作れるようにはなったものの、それが頭皮に定着するのか、副作用はないのかまだわからないのです。
ips細胞はまだまだ研究の段階なのです。

ips細胞だけではない

薄毛や禿げの改善は何もips細胞だけではなく、地道な頭皮ケアも立派な育毛法として効果的です。
最近若い女性のファッション誌や情報誌でも頭皮ケアグッズなどが多く紹介されています。
それだけ若い女性が薄毛や育毛に関心を持っているということですが、その中でも一番注目されているのはノンシリコンシャンプーではないでしょうか。
ノンシリコンシャンプーは頭皮を清潔に保ってくれることから育毛を目的とした方だけではなく、美しい髪を育てたい人にも人気が高いです。
ノンシリコンシャンプーはキシみやゴワつきの原因となるのですが、天然の潤い成分が入っているシャンプーを選べばサラサラとした髪質になります。
是非、シャンプーに注目してみてください。

>> vefla モイストクレンジングシャンプーの詳細はこちら

 

女性の禿げ(ハゲ)今すぐできることって?

10人に一人が悩んでいる女性の禿げは、全国で600万人にも及んでいるといわれています。
女性の禿げは男性と違い全体的に薄くなることから気づきにくいという点があります。
なので今は大丈夫と思っている方も鏡をもって覗いてみてください。
髪が細くて絡まっていたり、地肌が透けて見えていたりはしませんか?
もし禿げいたり、その兆しがあるなら対策を今すぐ行う必要があります。

予防が一番の治療

生活習慣の乱れは生活習慣病を引き起こすだけではなく、髪にも悪影響です。
今の生活スタイルに問題があると考えられる場合は、予防も含めて見直す必要があります。
・改善しすると良いもの
●シャンプーを選ぶ(アミノ酸、ノンシリコンシャンプー)
●バランスのよい食事(塩分と脂質に気をつける)
●コーヒー、アルコールを控える
煙草をやめる
ストレスの解消

この中で自分にできることをひとつずつ実践してみましょう。

煙草やストレスは簡単にやめたり解消できるものではありませんが、工夫をして本数を減らしたりリラックスできる時間を作ってみてはいかがでしょうか。

食事や健康面で気を使っていても抜け毛が起こる場合は遺伝の可能性もあります。

バランスのとれた食事や健康的な生活スタイルは抜け毛の進行を遅らせるのにも効果的です。

さらに洗浄成分がアミノ酸のシャンプーは頭皮にとても優しく、ノンシリコンシャンプーを使うことで清潔さを保つことができます。

今お使いのシャンプーを見直して、頭皮レベルを上げましょう。

スカルプケアはシンプルが一番

頭皮のためにとあれこれするのは逆に頭皮を傷つけてしまい、禿げトラブルになりかねません。
育毛剤の中には刺激の強い成分が配合されている事があり、女性のデリケートな頭皮には合わないこともあります。
天然の成分や植物由来など肌にやさしいものを使っているスカルプケアは「潤い」「守る」「やさしい」とごくシンプルです。
このシンプルさが肌に良いのです。
髪が抜けて毎日落ち込んでいてはキレイを生み出せないですよ!
キレイになりますように…そんな気持ちで薄毛と向き合ってみてはいかがでしょうか。

>> vefla モイストクレンジングシャンプーの詳細はこちら

 

女性の禿げ(ハゲ)は予防できる!?驚愕の理由とは

髪がボサボサになって、そのうち細くうねるように…30代を過ぎるとそんな髪の悩みを感じる女性が急激に増えます。
そのボサボサやうねりは髪のダメージではなく「老化現象」かもしれません。
女性の髪は歳を重ねるとうねりが出て髪は次第に細くなり、進行すると薄毛になり地肌が見えるほど禿げてしまうことがあります。
世の中に溢れる「美」や「若返り術」といった情報をいくら頑張って試してみてもツヤを失ったボサボサの髪では実年齢を公表しているのと変わりません。

どうして髪は薄くなるの?

髪が細く薄くなってしまう「老化現象」には血流の悪さが関係しています。
血液の流れが悪くなると頭皮がたるみ、毛穴の形もゆがんでしまうことからうねりや細く元気のない髪が生えてくるのです。
ですが多くの女性は髪のうねりや細くなっている事が老化現象だと気づかず、トリートメントやヘアパックをし続けます。
だけど「成果が出ない」「もう何をやっても意味がない」と諦めてしまうのです。

美しくなる努力を諦めないでほしいから。

老化した髪をイキイキとさせるにはご自身の頭皮のタイプを知ることが大切です。
シャンプーをしてから痒くなる人はオイリー肌の可能性があります。
頭皮に赤いにきびのようなものが出来る人は敏感肌の可能性があり、頭皮のタイプによってシャンプーを選ぶ必要があります。

●オイリー肌…ノンシリコンシャンプーがおすすめ。頭皮をすっきり清潔に保ってくれます。

●普通肌、乾燥肌、敏感肌…アミノ酸系やオーガニック系のシャンプーは天然の保湿を与えてくれます。

●抜け毛や薄毛…アミノ酸系ノンシリコンシャンプーがおすすめ。頭皮の汚れを落とし「育毛系」の成分が入ったものを選びましょう。

ご自身にあったシャンプーで洗髪した後は「しっかりと洗い流すこと」が重要です。

これを守れば、健康で美しい髪が育ちやすい頭皮になるでしょう。

>> vefla モイストクレンジングシャンプーの詳細はこちら