生乾きはNG!夏でも髪を乾かす理由とは

夏になると、とにかく暑くてたまらない!

1日に何度もシャワーを浴びてしまうし、夏の疲れで髪の毛を乾かす暇もなく寝てしまうことも少なくないでしょう。

でも、髪の毛を乾かさないで寝てしまうのは、決して良くはありません。

夏でも髪の毛は、しっかりと乾かして欲しいのです。

そこで今回は「髪の毛を乾かす理由」をご紹介します。

この記事は、こんな人におすすめ

  • 髪の毛を乾かすのが面倒
  • 髪の毛が臭い
  • 髪の毛を乾かさないで寝てしまいがち

夏でもしっかりと!髪の毛を乾かす理由は?

夏でも髪の毛を乾かす理由を、まとめてみました。

理由1.生乾きは頭が臭くなる

髪の毛が濡れている状態が長くなると、どうしても頭皮が蒸れやすくなってしまいます。

そのため、雑菌が繁殖しやすい状態になってしまうのです。

雑菌が繁殖すると、どうなるのか?

頭皮の嫌な臭いや皮膚炎の原因となり、かゆみや吹き出物を引き起こしてしまいます。

理由2.キューティクルが傷つく

ドライヤーで乾かさずに、自然乾燥をして髪が濡れたままだと、キューティクルが剥がれやすくなってしまいます。

キューティクルが傷つけば、髪の毛も傷みやすくなるので、髪質は悪くなってしまいます。

理由3.カラーやパーマが取れやすくなる

髪の毛を濡れたままにしておくと、キューティクルが傷つきやすくなるので、当然カラーやパーマがとれやすくなってしまいます。

せっかく美容室でカラーリングをしても、カラーやパーマが取れてしまうのは嫌ですよね。

まとめ。夏でも髪の毛はしっかり乾かそう

今回は「髪の毛をしっかりと乾かす理由」について、お話をしました。

もう一度、おさらいしてみましょう。

  • 理由1.生乾きは頭が臭くなる
  • 理由2.キューティクルが傷つく
  • 理由3.カラーやパーマが取れやすくなる

頭皮や髪の毛の健康という面でも、オシャレの面でも、夏の暑い時期でも髪の毛はドライヤーでしっかりと乾かした方がよさそうですね 。

「生乾きはNG!夏でも髪を乾かす理由とは」への1件のフィードバック

  1. みなさま、今回のVefla スタッフコラムはいかがでしたか?

    夏本番に向けて今はヘアケアに力を入れるべき時期です。
    もし髪に関する疑問やお悩みなどございましたら、お気軽にこのコメント欄よりお知らせください。

    あなたのその真剣なお悩みを解決できるような、記事を作成させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です