髪のダメージを少なく見せる。3つのアクション

美しい髪の毛は、女性にとっては憧れですよね。

でも、髪の毛の美しさをキープするのは、簡単なことではありません。

工夫をして、髪の毛のダメージを少なく見せることも大切です。

そこで今回は「髪のダメージを少なく見せる。3つのアクション」と題してご紹介します。

ぜひ、参考にしてくださいね。

この記事は、こんな人におすすめ

  • 髪の毛のトラブルに悩んでいる
  • 髪の毛の質をよく見せたい
  • 髪の毛のパサつきを何とかしたい
  • 髪のダメージを少なく見せたい

髪のダメージを少なく見せる。3つのアクション

髪の毛のダメージをすぐにゼロにすることは、なかなか難しい。

だからこそ、髪の毛のダメージをできるだけ少なく見せるアクションを、知っておくことをおすすめします。

1. 髪の毛を結う

ロングヘアの人は髪の毛がパサついて広がってしまったり、毛先までなかなか栄養がいきわたりません。

毛先がパサパサしてしまうと、どうしてもダメージが多い印象になってしまうので、そのような時には髪の毛を結ってしまいましょう。

髪の毛を結うことで、相手に見える部分の面積が少なくなるので、ダメージも少なく見えるのです。

2. ヘアオイルとクリームを使う

パサつきはダメージの1つです。

そこで、少しでもダメージを少なくみせるためにパサつきを減らしていきましょう。

ヘアオイルやヘアクリームを使って、毛先や髪の表面のパサつきを抑えるだけで、ダメージが少なく見えます。

乾燥の激しい季節は、バッグの中にヘアオイルなどを忍ばせて、パサつきを感じたときに塗ってみてはいかがでしょうか。

3. 定期的に髪の毛を整える

定期的に髪の毛を整えるのも、髪のダメージを少なく見せる方法の1つです。

髪の毛を切るために美容室に行くのではなく、髪の毛を整えるために美容室に行くという考えにすると、通う頻度は増えますが、髪の毛のダメージは抑えられることでしょう。

ヘアケアは、1日で効果が出るものではありません。

毎日コツコツと取り組むことが、明日だけではなく、1か月後、3か月後、半年後の髪の毛の美しさにつながるはずです。

まとめ。髪のダメージを少なく見せよう

今回は「髪のダメージを少なく見せる3つのアクション」をご紹介しました。

ヘアケアを完璧に行うのは、なかなか難しいですよね。

だからこそ、髪のダメージを少なく見せる工夫が大切です。

それでは、もう一度おさらいをしましょう。

  •  髪の毛を結う
  •  ヘアオイルとクリームを使う
  • 定期的に髪の毛を整える

髪の毛にもっと気遣って、女子力をアップさせていきましょう。

「髪のダメージを少なく見せる。3つのアクション」への1件のフィードバック

  1. みなさま、今回のVefla スタッフコラムはいかがでしたか?

    あまりお外にでられない今だからこそできることがたくさんあります。
    もし髪に関する疑問やお悩みなどございましたら、お気軽にこのコメント欄よりお知らせください。

    あなたのお悩みを解決できるような、記事を作成させていただきます。

veflajp.pm にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です