髪に優しく。スタイリング時に気を付けること

ファッション・メイク・ヘアスタイルの3つを合わせて、オシャレは形作られます。

オシャレを楽しむためには、ヘアスタイリングは必要不可欠ですが、ヘアスプレーやワックス、ヘアアイロンなどは、少なからず髪の毛にダメージを与えます。

そこで今回は「ヘアスタイリングをする時に気を付けること」をご紹介します。

どのようにすれば、髪の毛へのダメージを最小限に留めながら、ヘアスタイリングを楽しむことができるのでしょうか?

この記事は、こんな人におすすめ

  • 髪の毛の傷みが気になる
  • スタイリングをする
  • 髪の毛へのダメージを何とかしたい
  • 髪の毛に優しいスタイリング方法を知りたい
  • ヘアスタイリングを楽しみたい
  • よくヘアアイロンやコテを使用している

コテやヘアアイロンは高温&短時間で済ますこと

髪の毛に動きを付けたり、ストレートにするために、コテやヘアアイロンを使う女性も多いですよね。

熱の力を髪の毛に加えることによって、動きがつくわけですが、少なからず髪の毛にはダメージがかかってしまいます。

ここで注意して頂きたいのが、コテやヘアアイロンを使用する時の温度や時間です。

「髪の毛への負担を少なくするために、温度は低めがいいんでしょ?」という声もありますが、一概に低温が良いとは言い切れません。

低温だとイメージ通りにスタイリングができない場合が多いので、どうしても長時間髪の毛に熱を加えてしまいがちだからです。

ポイントは、高温&短時間でイメージ通りにスタイリングを仕上げることです。

低温のコテを長時間使い続けるよりは、髪へのダメージは少なくなります。

スタイリング剤はぬるま湯で洗い流すこと

スタイリング剤を、シャンプーだけで洗い流そうとしていませんか?

シャンプーは、意外と頭皮や髪の毛への刺激が強いので、使用時に注意が必要です。

「ヘアスタイリング剤を落とすために、何度も洗っているの」という人もいますが、スタイリング剤が完璧に洗い流せる一方で、頭皮の健康を保つために必要な油分まで奪われてしまう可能性があります。

ですから、シャンプーで何度も洗い流すのではなく、ぬるま湯でスタイリング剤を洗い流してからシャンプーを使いましょう。

まとめ。優しいヘアスタイリングをしよう

今回は「ヘアスタイリングをする時に気を付けること」と題して、ご紹介しました。

ちょっとしたことですが、意識しているかどうかによって、髪の毛が受けるダメージは少なからず違ってくるはずです。

ダメージを受けて扱いづらくなった髪の毛を、元の状態に戻すのは、簡単なことではありません。

日頃から、コツコツと気を付けていきましょう。

「髪に優しく。スタイリング時に気を付けること」への1件のフィードバック

  1. みなさま、今回のVefla スタッフコラムはいかがでしたか?

    あまりお外にでられない今だからこそできることがたくさんあります。
    もし髪に関する疑問やお悩みなどございましたら、お気軽にこのコメント欄よりお知らせください。

    みなさまのお悩みを解決できるような、記事を作成させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です