カラーリング後のヘアケアが大事。理由と対策

オシャレのために、カラーリングをする人も多いでしょう。

そこで気になるのが、髪の毛の健康状態です。

ヘアカラーリング後に髪の毛のパサつきや手触りの悪さを感じる人は多く、いかにカラーリング後のヘアケアが重要なのかが分かります。

そこで今回は「カラーリング後のヘアケアが大事。理由と対策」について、お話をします。

この記事は、こんな人におすすめ

春先の紫外線にも要注意!ヘアケア対策

春になって、ポカポカとした陽気に誘われると、何だか心もウキウキしてきますよね。

気軽に外出を楽しめる季節だからこそ、気を付けるべきは「紫外線」です。

「紫外線が強い季節=夏」だと勘違いしている人がいるのなら、大間違い。

春先にも紫外線は強いので、髪のケアを怠っていると、髪質がガサガサになってしまいます。

そこで今回は「春先の紫外線にも要注意!ヘアケア対策」と題して、お話をしていきます。

この記事は、こんな人におすすめ

今日からヘアパック開始!知っておくべき基本のこと

髪の毛がガサガサしている。 毛先がボロボロでどうしようもない。

このような髪の毛の悩み、今すぐ解決したいですよね?

どんなにバッチリメイクをしていても、髪の毛がボロボロだと台無しです。

そこで今回は、美しい髪の毛を作り上げるためには欠かすことのできない「ヘアパック」について、徹底リサーチしていきます。

この記事は、こんな人におすすめ

ホカホカ!美しい髪の毛を作るお鍋でヘアケア

冬になり、手足が冷えていませんか?

「冷えは万病のもと」という言葉があるように、冷えはからだにも髪の毛にもよくありません。

そこで、からだの内側から冷えを解消して、おいしく進めていけるヘアケアを実践していきましょう。

今回のテーマは「ポカポカお鍋でヘアケア」です。

この記事は、こんな人におすすめ

今すぐできる!美髪のための3つのアクション

コシとハリがある、美しい髪の毛に憧れる方も多いのではないでしょうか。

カラーリングやパーマなどの外的な刺激と、加齢によるコラーゲン不足などの内的な作用が重なって、どんどん髪の毛の状態が悪くなってきたと感じる人も少なくありません。

そこで今回は「今すぐできる!美髪のための3つのアクション」と題して、お送りします。

この記事は、こんな人におすすめ

  • 髪の毛がガサガサ
  • 髪の毛が抜けやすい
  • 髪の毛のトラブルを解決したい
  • 産後の髪の毛の状態が良くない
  • なんだか最近、髪の毛にコシがない

すぐできる!美髪のための3つのアクション

髪の毛の状態が良くないまま、放っておいても良くなるはずがありません。

美しい髪の毛を作り上げるためには、自分から積極的にアクションを起こしていくことが大切です“今すぐできる!美髪のための3つのアクション” の続きを読む

ヘアケア知識。コンディショナーとトリートメントの違い

こちらではヘアケアをしていく上で、知っておくべき知識をご紹介していきます。

今回は、知っているようで知らない「コンディショナーとトリートメントの違い」です。

何となくの知識ではなく、きちんとした知識を得て、毎日のヘアケアに活かしましょう。

この記事は、こんな人におすすめ

  • ヘアケアに力をいれたい
  • 自宅でのケアを頑張りたい
  • コンディショナーとトリートメントの違いが分からない
  • 美しい髪の毛を作りたい
  • 髪の毛の状態が悪い

コンディショナーとトリートメントの違い

コンディショナーとトリートメントの違いをお話していくにあたって、リンスの役割にも触れておく必要があります。 “ヘアケア知識。コンディショナーとトリートメントの違い” の続きを読む

スタイリングとケアのW効果!ヘアクリームがおすすめの理由

髪の毛を美しく仕上げていきたいのなら、ケアは必要不可欠です!

でも、スタイリング剤などでオシャレを楽しんでいると、どうしても髪にダメージがかかってしまいます。

そこで今回はスタイリングとケアのW効果が期待できる「ヘアクリーム」についてご紹介します。

この記事は、こんな人におすすめ

  • 美しい髪の毛を育てたい
  • オシャレを楽しみながら、ケアにも力をいれたい
  • ヘアケアとスタイリングをダブルで行いたい
  • ヘアクリームとオイルの違いが知りたい
  • 髪の毛が痛んでいる

ヘアクリームとは?

スタイリングとヘアケアを同時に補える、ヘアクリーム。

基本的にはスタイリング剤ですが、最近の商品には髪の美しさをキープするために必要な栄養成分も含まれているのです。

ヘアオイルも一般的ですが、こちらでスタイリング&ヘアケア剤として、おすすめするのは「ヘアクリーム」です。

その理由をまとめてみました。 “スタイリングとケアのW効果!ヘアクリームがおすすめの理由” の続きを読む

1月2月は要注意。髪のパサつきお助け術

1月2月は、本当に乾燥が激しくなる季節。 インフルエンザが流行しますし、ノロウィルスも蔓延します。

このような感染症が流行するのは、空気が乾燥しまくっているからです。

そこで影響を受けるのが、髪の毛や頭皮!

乾燥に弱いので、小まめにヘアケアをしてあげなければいけません。

そこで今回は「1月2月は要注意。髪のパサつきお助け術」というテーマでお話します。

この記事は、こんなひとにおすすめ

  • 冬の間だけ、髪がパサつく
  •  ヘアケアに力をいれたい
  • 毛先がごわごわする
  • うまくスタイリングできない
  • キューティクルを復活させたい

どうして、1月2月は髪のダメージが大きくなるの?

1年を通して、1番髪の毛へのダメージが大きくなるのが、1月2月です。

では、どうしてなのでしょうか? “1月2月は要注意。髪のパサつきお助け術” の続きを読む

マイナスイオンの髪への効果とは?ヘアケアとマイナスイオンの関係

「マイナスイオンが髪に良い」って、漠然と思い込んでいませんか?


1990年代終盤に突如一大ブームとなった「マイナスイオン」は、ヘアケアや肌ケア、メンタルケアまで幅広い効果があるとされており、中でもマイナスイオンの力で髪を美しく整える「マイナスイオンドライヤー」が大ヒットしました。


でも、「マイナスイオン」ってどうして髪に良いのかご存知ですか?


今回は「マイナスイオン」の髪への効果や、マイナスイオンドライヤーの正しい使い方についてご紹介していきます。

マイナスイオンの効果とは?


まず、「マイナスイオン」とは一体何なのでしょうか?


マイナスイオンとは、「ミスト」よりもさらに細かい、空気中の水分がマイナスに帯電した微粒子水のことを言います。
反対に、静電気などが発生したときに生まれるのが「プラスイオン」と呼ばれるプラスに帯電した微粒子です。静電気で髪がパサパサに広がったりしてしまうのは、プラスイオンが髪のキューティクルを傷つけ、ダメージを与える原因となっているからなのです。 “マイナスイオンの髪への効果とは?ヘアケアとマイナスイオンの関係” の続きを読む

ヘアケアのスペシャリスト?「ヘアケアマイスター」とは

美容院に行ったらヘアカットやパーマ、カラーだけではなく「ヘアケアの最新情報や自分に合ったヘアケア方法を聞く」のが楽しみという方も多いのではないでしょうか?


美容師は誰もがヘアケアに詳しいイメージがありますが、実は今そんな美容師でも取得するのが難しいと言われている資格「ヘアケアマイスター」が話題になっています。「ヘアケアマイスター」とは一体どんな資格なのでしょうか?


今回は話題の「ヘアケアマイスター」についてまとめてご紹介していきます。

「ヘアケアマイスター」ってどんな資格?


「ヘアケアマイスター」とは、ヘアケアに特化した専門知識を持つ「ヘアケアのスペシャリスト」として、お客様それぞれに合ったヘアケアの分析や提案をすることができる資格です。


ヘアケアの専門知識は毛髪科学からカウンセリング、様々なヘアケア剤の知識や皮膚科学まで多岐に渡ります。一人一人の髪の状態に合わせた学術的アプローチもできるため、より的確で効果的なヘアケア方法を提供することが可能になります。


ヘアケアマイスターには以下の3つの「説明責任」が与えられます。


1. 「現状説明」毛髪診断から髪質を見極め、ダメージレベルを的確に把握しお客様に理解してもらう。
2. 「技術説明」ヘアケアのプロとしてなぜこのヘアケア方法が効果的なのか?学術的アプローチも踏まえて説明し、品質を保証する。
3. 「お手入れ方法」施述後60日間の保証を約束し、ヘアケアのプロとしてのアフターフォローを行う。


「ヘアケアマイスター」になるには?


それでは「ヘアケアマスター」になるには一体どのような手順が必要なのでしょうか?


まず「ヘアケアマイスター」の受験資格は、美容師、理容師の国家資格を持ち実際に仕事として従事している人に限られます。趣味として資格取得するように、誰でも取得できる資格ではないことが大きな特徴です。


「ヘアケアマイスター」を目指すには、まずマイスターの前段階である「プライマリーコース」「ミドルコース」の試験に合格する必要があります。コースが上がるにつれ学ぶ範囲が広がっていき、「プライマリーコース」の合格率が75%と比較的高いにも関わらず、次の「ミドルコース」の合格率は25%と、合格率を見てもいかに難しい試験になのかがわかります。合格すると「ヘアケアマイスター」としてその知識を業務に活かすことができるようになります。


いかがでしたか?より自分に合ったヘアケア方法を知りたければ「ヘアケアマイスター」に相談してみるのがおすすめです。ヘアケアのプロによる診断をしてもらいたいという方は、ぜひ気になる美容室に「ヘアケアマイスター」の資格を持つスタッフがいるか確認してみてくださいね。