フケとシャンプーについて

増え続けるフケの悩み

30代、40代女性にとって大事なことが、スキンケアをしっかりと行ってあげること。
エイジングを防止するために毎日肌のスキンケアをしっかりとしている、「美」の意識が高い女性がとても多くなってきました。

実は頭皮のケアも肌と同じなのです。

頭皮は髪に隠れて見えないので気になりませんが、肌と同じようにむくみ・たるみ・くすみ・にきびが発生します。

そして肌は乾燥をすると粉を拭いた状態になりますが、頭皮もフケとして表れます。

中でも30代、40代女性の頭皮は水分量が減り、乾燥していることから過剰なフケが発生することがあります。

フケは目に見えるものなので、衣服についたり髪をかきあげた時に落ちてきたりなど女性にとっては強いストレスとなってしまうことが多いのです。

フケが発生する原因

フケを気にして頭皮にたっぷりと美容液をふりかけ、毎日ケアしているのに何の効果もない…。それだけではなく痒みまで出てくるようになった…。
これは「正しいスキンケア」が出来ていないことが原因です。
頭皮は先ほども述べましたが髪の毛に覆われていて、蒸れやすくなっています。
フケを防止するために使っていた美容液が頭皮に行き渡らず、その水分が蒸れて雑菌が繁殖してしまいます。
雑菌が繁殖してしまうとフケだけではなく、痒みも伴いそしてニオイも発生します。
こうなってしまうとスキンケアだけでは解決するのが困難となってしまいます。

毎日行える正しいスキンケアとして、シャンプーが一番の方法ではないでしょうか。

シャンプーの中にはグリチルリチン酸など炎症を抑えてくれる成分が入ったものがあり、毎日のシャンプーだけでケアが出来るので手軽です。

veflaモイストクレンジングシャンプーも同じ成分が配合されており、フケやかゆみといった炎症から頭皮をやさしく守ってくれます。

またアミノ酸と真珠エキスなど有用成分が配合されていますので、ダメージを受けた髪やストレスのかかった頭皮に潤いを与え健康な土台(頭皮)を作ってくれます。

>> vefla モイストクレンジングシャンプーの詳細はこちら

 

痒み(かゆみ)とシャンプーについて

痒みを抑えようと高価なシャンプーを買い、毎日使っているけれども効果がでないという事はありませんか?
頭皮が痒くなってしまうのは、シャンプーの洗い方やすすぎ不足が考えられます。
どんなに良いシャンプーを使っても頭皮の汚れをしっかり落とすことができなければ、効果は発揮されません。
最近では髪の毛のアンチエイジングに力を入れた商品が多数並んでいますが、その力を発揮できていない方が多いように感じます。
商品に頼りきっているだけでは本当の美髪にはなりませんので、髪や頭皮に本当にいい事を知りましょう。

頭皮に繁殖している?!

シャンプーのすすぎ不足になっている方は、雑菌にとってたいへん住みやすい環境となっています。頭皮は髪の毛に覆われているので蒸れやすく、そして日光に直接さらされないため菌が繁殖しやすくなっています。
そこに菌のエサである皮脂やシャンプーカスが残っていると繁殖していき、にきびや痒みの原因となってきます。そもそも私たちの身体にはある程度の菌が住みついているのですが、現代人の生活では繁殖しやすくなっているので注意が必要です。

洗髪の大事なポイント

女性はメイクをするとクレンジグをつけ、手で馴染ませながら落としていきますよね。
シャンプーも同じことで、上にのせるだけではなく指で丁寧にマッサージをしてあげましょう。丁寧なマッサージにより、菌の好物である皮脂を浮かせて落としやすくしてくれます。さらに血流が良くなるので毛根に血液がまわり、十分な栄養を髪に与えることができます。
さらにもう一つ注意してもらいたいのが、シャワーの温度です。
シャワーの温度を38度から40度に設定している方が多いのですが、あまり高い温度だと頭皮が乾燥してしまいます。乾燥もまた頭皮の痒みの原因となりますので、すこし低いかなと感じる温度がベストです。
veflaはフケや痒みを防ぎ、頭皮の汗臭も防いでくれます。
ノンシリコンシャンプーだからこそ毛髪と頭皮を清潔にし、すこやかに保ってくれます。
頭皮の痒みを感じて不快感がある方はveflaを使ってみてはいかがでしょうか。

>> vefla モイストクレンジングシャンプーの詳細はこちら

 

痒み(かゆみ)とシャンプーについて

痒みを抑えようと高価なシャンプーを買い、毎日使っているけれども効果がでないという事はありませんか?
頭皮が痒くなってしまうのは、シャンプーの洗い方やすすぎ不足が考えられます。
どんなに良いシャンプーを使っても頭皮の汚れをしっかり落とすことができなければ、効果は発揮されません。
最近では髪の毛のアンチエイジングに力を入れた商品が多数並んでいますが、その力を発揮できていない方が多いように感じます。
商品に頼りきっているだけでは本当の美髪にはなりませんので、髪や頭皮に本当にいい事を知りましょう。

頭皮に繁殖している?!

シャンプーのすすぎ不足になっている方は、雑菌にとってたいへん住みやすい環境となっています。頭皮は髪の毛に覆われているので蒸れやすく、そして日光に直接さらされないため菌が繁殖しやすくなっています。
そこに菌のエサである皮脂やシャンプーカスが残っていると繁殖していき、にきびや痒みの原因となってきます。そもそも私たちの身体にはある程度の菌が住みついているのですが、現代人の生活では繁殖しやすくなっているので注意が必要です。

洗髪の大事なポイント

女性はメイクをするとクレンジグをつけ、手で馴染ませながら落としていきますよね。
シャンプーも同じことで、上にのせるだけではなく指で丁寧にマッサージをしてあげましょう。丁寧なマッサージにより、菌の好物である皮脂を浮かせて落としやすくしてくれます。さらに血流が良くなるので毛根に血液がまわり、十分な栄養を髪に与えることができます。
さらにもう一つ注意してもらいたいのが、シャワーの温度です。
シャワーの温度を38度から40度に設定している方が多いのですが、あまり高い温度だと頭皮が乾燥してしまいます。乾燥もまた頭皮の痒みの原因となりますので、すこし低いかなと感じる温度がベストです。
veflaはフケや痒みを防ぎ、頭皮の汗臭も防いでくれます。
ノンシリコンシャンプーだからこそ毛髪と頭皮を清潔にし、すこやかに保ってくれます。
頭皮の痒みを感じて不快感がある方はveflaを使ってみてはいかがでしょうか。

フケとシャンプーについて

増え続けるフケの悩み

30代、40代女性にとって大事なことが、スキンケアをしっかりと行ってあげること。
エイジングを防止するために毎日肌のスキンケアをしっかりとしている、「美」の意識が高い女性がとても多くなってきました。
実は頭皮のケアも肌と同じなのです。
頭皮は髪に隠れて見えないので気になりませんが、肌と同じようにむくみ・たるみ・くすみ・にきびが発生します。
そして肌は乾燥をすると粉を拭いた状態になりますが、頭皮もフケとして表れます。
中でも30代、40代女性の頭皮は水分量が減り、乾燥していることから過剰なフケが発生することがあります。
フケは目に見えるものなので、衣服についたり髪をかきあげた時に落ちてきたりなど女性にとっては強いストレスとなってしまうことが多いのです。

フケが発生する原因

フケを気にして頭皮にたっぷりと美容液をふりかけ、毎日ケアしているのに何の効果もない…。それだけではなく痒みまで出てくるようになった…。
これは「正しいスキンケア」が出来ていないことが原因です。
頭皮は先ほども述べましたが髪の毛に覆われていて、蒸れやすくなっています。
フケを防止するために使っていた美容液が頭皮に行き渡らず、その水分が蒸れて雑菌が繁殖してしまいます。
雑菌が繁殖してしまうとフケだけではなく、痒みも伴いそしてニオイも発生します。
こうなってしまうとスキンケアだけでは解決するのが困難となってしまいます。
毎日行える正しいスキンケアとして、シャンプーが一番の方法ではないでしょうか。
シャンプーの中にはグリチルリチン酸など炎症を抑えてくれる成分が入ったものがあり、毎日のシャンプーだけでケアが出来るので手軽です。
veflaモイストクレンジングシャンプーも同じ成分が配合されており、フケやかゆみといった炎症から頭皮をやさしく守ってくれます。
またアミノ酸と真珠エキスなど有用成分が配合されていますので、ダメージを受けた髪やストレスのかかった頭皮に潤いを与え健康な土台(頭皮)を作ってくれます。