育毛したい方必見!正しい育毛の方法とは?

育毛したい方必見!正しい育毛の方法とは?

加齢による抜け毛や薄毛、また出産後の抜け毛など、
薄毛や抜け毛はもはや男性だけの問題ではなく、
女性にとっても深刻な悩みとなっています。

でも病院に行くのも人目が気になるし、
育毛剤を購入するのにも抵抗がある…
そんな女性は大変多いと聞きます。

そこで、自宅で簡単にケアできる方法をまとめてみました! “育毛したい方必見!正しい育毛の方法とは?” の続きを読む

髪のボリュームを取り戻したい!育毛ケアを始めましょう♪≪シャンプー編≫

加齢や産後の抜け毛で髪のボリュームが以前よりも減ってきた…。
そんな方は多いと思います。間違ったケアをしていると、改善どころかどんどん抜け毛が加速してしまう恐れも。
正しい育毛ケアで健康な髪を取り戻しましょう! “髪のボリュームを取り戻したい!育毛ケアを始めましょう♪≪シャンプー編≫” の続きを読む

髪のボリュームを取り戻したい!育毛ケアを始めましょう♪≪育毛剤編≫

先週はシャンプーの選び方や洗い方などをまとめてみましたが、
今週は育毛剤についてお話したいと思います!
先週のシャンプーにプラスして意識することでさらに効果的ですので
ぜひぜひご参考くださいね♪

女性の育毛剤はこう選ぶ

沢山育毛剤がある中でどの育毛剤を選んでいいのかわからない
そんな方も多いのではないでしょうか。

男性用の育毛剤を使用している女性もいらっしゃいます。
確かにイメージ的には男性用の方が効果が高そうな感じがしますよね。
ですが、安易に男性用の育毛剤を使用するのは少々危険です。
男性用育毛剤の中には、女性のお肌には刺激が強すぎるものもあり、
かえって頭皮トラブルを招いてしまう恐れも。

中でも、男性用育毛剤に含まれていることの多い“ミノキシジル”は
配合濃度が高いものを女性が使用すると体毛が濃くなったり、
痒みや赤みなどの副作用が出る場合もあります。
妊娠中や授乳中の方の使用は悪影響を及ぼす可能性があるので使用しないようにしましょう。

やはり女性用の育毛剤は女性の肌に合った成分で作られておりますので、
できれば女性用のものを使用するのがよいです。
また、男女兼用のものを使用するのも良いでしょう。

vefla薬用育毛剤は敏感肌・乾燥肌の女性向けに作られた大変お肌に優しい育毛剤です。
中でも、基礎的成分である日高沖産昆布エキスは
頭皮の水分量を保持して育毛の大敵である頭皮の乾燥からお肌を守ります。

育毛剤を使用し始めたら

育毛剤に即効性は期待できません。
なぜなら髪には毛周期があるので少しの期間使用しただけでは効果は実感できないのです。

育毛剤を使用する上で大切なのは継続するということ。
長期の使用を見越して根気よくお使いいただくことで
初めて効果を実感いただけるものとなります。

中には使用し始めてから3ヶ月ほどで抜け毛の軽減など
何かしらの効果をご実感いただける方もおられます。
ですが「やっと改善されたと思ったのにしばらくするとまた抜け毛が目立ち始めた…。」
そんな経験をされた方も多いのではないでしょうか?

これは、まだ毛自体の毛周期のバランスが整っておらず、
成長期よりも退行期・休止期の期間の方が長くなっている為、
せっかく生えてきた髪がまた半年くらいで抜けてしまうといった状況が考えられます。

通常の成長期が2年から6年くらいと言われておりますので、
その正常な毛周期に戻るまでには少し時間がかかります。

抜け毛が再度増えてきても、そこで諦めてしまわず
正常なサイクルに戻るまで根気よく続けてみてくださいね!

オススメの使用方法

髪と頭皮が渇いている状態で使用するようにしましょう。
その理由としては、頭皮が濡れた状態にあると育毛剤の浸透が悪くなってしまうということ、
そして水分によって成分が薄まってしまう可能性があることが挙げられます。

また、タオルドライなどで頭皮の水分をふき取った状態であっても、
髪には水分が残っている状態ですので衛生上良くありません。
その後、ドライヤーで髪を乾かす場合でも、ドライヤーによりせっかくつけた育毛剤が
頭皮に浸透する前に蒸発してしまう可能性があります。

このような理由から、育毛剤を使用する場合は
髪と頭皮が渇いた状態でご使用いただくことがベストなご使用方法となります。

⇒vefla薬用育毛剤はこちらから

 

アミノ産配合の商品について正しく知ろう♪

veflaモイストクレンジングシャンプー
VEFLAパーリィモイストフェイシャルフォームはアミノ酸系洗浄成分を使用しています♪アミノ酸がいいとよく聞くけれど一体何がいいのかわからない…。
そういう方は多いのではないでしょうか?アミノ酸が人気の理由を見ていきましょう♪

アミノ酸洗浄剤とは?

アミノ酸系の洗浄成分を使用しているものは、
低刺激でお肌に優しいことが特徴です。
また、適度な洗浄力のためお肌の潤いを落としすぎずに洗うことができます。

保湿力に優れているので洗顔後や染髪後のお肌のつっぱり感があまりありません。

乾燥肌の方やお肌の弱い方に適した洗浄剤と言えるでしょう。
反対に、皮脂分泌が多い方には物足りないかもしれません。

アミノ酸の商品を選ぶ際に気を付けたい点

市販の商品でもアミノ酸配合のものが多く出回っています。
ですが、注意いただきたい点があることをご存知でしょうか?

アミノ酸が配合されていると言っても、
本当にアミノ酸系の洗浄成分がメインとなっている商品か、
もしくは洗浄成分は他の高級アルコール系や石鹸系が主成分で、
アミノ酸が少量入っているだけなのか。
同じアミノ酸の商品でもこの2つの差は非常に大きいです。

少しのアミノ酸で
“アミノ酸シャンプー”と謳っているものも多くあります。
しっかりと区別をするために成分をよく確認しましょう。

成分の最初の方に“ラウリル硫酸”“スルホン酸”
等が表示されていたら要注意です。
いくらアミノ酸と謳われていても、高級アルコールシャンプーです。

“ココイル○○”などの記載が最初の方にされていれば、
アミノ酸の洗浄成分が主成分になっている商品です。

良い成分を選びましょう

うたい文句に惑わされず、しっかり成分をみて選ぶことが大切です。

veflaモイストクレンジングシャンプー
N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-グルタミン酸トリエタノールアミン液というのが
別名「ココイルグルタミン酸TEA」、ヤシ由来アミノ酸系洗浄剤です♪

また、VEFLAパーリィモイストフェイシャルフォームもアミノ酸系の洗浄成分を使用!
洗浄成分はアミノ酸系のものが100%です♪

肌の乾燥が気になる方、頭皮環境を整えたい方、
是非ともお試しいただきたいシャンプー&洗顔フォームです^^

 

【育毛女子集まれ】コラーゲンたっぷりの食材、食品

コラーゲンが育毛に良いの?
コラーゲンって美肌の為のものじゃないの?
実はコラーゲンが髪にも良いということが報告されています。
だけどサプリメントだけでは不十分で、しっかりと食品から摂取することが大事です。

コラーゲンたっぷり食材♪

・牛肉…牛スジ
・豚肉…スペアリブ、豚足、レバー
・鶏肉…手羽、胸肉、レバー
・魚介類…ハモ、うなぎ、鮭、なまこ、フカヒレ

私たちが普段から手軽に食べられる食材の中に、コラーゲンがたっぷり入っているのは有難いですね。

特に魚の皮や冷めるとぷるっと固まるスジ肉や手羽などに比較的多いことがあげられます。

残してしまいがちな魚の皮もしっかりと食べるようにしましょう。

煮こごりはそのままだと食べにくいので、温めてスープにすると食べやすいですよ♪

一緒に摂ると効果的!

「ビタミンC」「鉄」はコラーゲンと一緒に摂ると、アミノ酸の合成がうまく働くようになります。
アミノ酸は美しく健康な髪を育てるのに欠かせない栄養素なので、是非一緒にとるように心がけましょう。

・ビタミンC…柑橘類、ブロッコリー、キャベツ、大根の葉

・鉄…レバー、あさり、ひじき、鰯、うなぎ、かつお

ここで驚いたのですが髪に必要なタンパク質は肉類や魚に多く、コラーゲンの多い食材を見ると、肉や魚などタンパク質が豊富な食材が多いです。

つまりタンパク質とコラーゲンを無理なく同時に摂取できるという事です♪

これだけ多くの食材の中にコラーゲンが含まれているということは、毎日飽きずに摂ることができますし、お肉だけではなく野菜も同時に取れるのは健康的で理想だと言えます。

でも、どんなに優れた食材であっても摂りすぎて他の栄養素が不足してしまうと意味がありません。

偏ることなく、食材をうまくアレンジして摂り入れるようにしましょう。

>> vefla モイストクレンジングシャンプーの詳細はこちら

 

育毛女子が知っておきたいたった3つのポイント

薄毛・抜け毛なんて早くおさらばしたい!
そんな女子の為に、育毛ポイントを3つ紹介します。

ポイント1:シャンプー

私たちの頭皮は大量の太い髪で覆われているため、他の皮膚よりも敏感でデリケートだといえます。
ですが抜け毛や薄毛などが進行し、頭皮は常に危険にさらされるようになりました。
とくに一年を通して降り注ぐ紫外線の影響は計り知れません。
そこに加えて仕事や家事、育児などのストレスにより薄毛の進行は止まることなく悪化していきます。
そこで頭皮に清潔で、髪にしっかりと栄養を吸収させるためにもシャンプーを見直すことが大切です。

トラブル回避!頭皮に優しいシャンプーの特徴

●安心、安全

●保湿力がある

●低刺激

●洗浄力がやさしい

●髪の毛も潤う

とくに抜け毛が多く、薄毛が気になる方にはアミノ酸系シャンプーやノンシリコンシャンプーをおすすめします。

ポイント2:食生活

健康な身体を作っているのは食事で摂取した栄養素からです。
もちろん髪も私たちが食べたもので「キレイで健康」か「パサパサのスカスカ」に分かれます。

気をつけたい食事のポイント

●朝昼晩、三食頂くこと

●パンやパスタは糖質が多いのでごはんを摂るようにする

●牛・豚・鶏は赤身を選んで食べる

●塩分は極力控える

外食が多い人は揚げ物やマヨネーズなどの脂質に注意しましょう。

ポイント3:育毛を楽しむ

年齢を重ねるたびに薄くなっていく髪…。
どうにかしたい!と焦っていてはストレスを増やすだけです。
発毛や育毛は魔法のように一瞬で終わるものではありません。
個人差はありますが、長い時間をかけて付き合っていかなければならないのです。
だったら楽しく育毛と向き合いたいですよね。
美味しい食事を家族や友人、恋人と楽しんだり、運動がてら風や日本の四季を感じながら散歩をすることもいいと思います。
毎日の生活に少しだけでもかまいません。心も身体も楽しめる要素を取り入れてみてはいかがでしょうか。

>> vefla モイストクレンジングシャンプーの詳細はこちら

【女子注目】知って納得!育毛に優しい食べ物

育毛を心がけるなら、まずはじめに取り入れたいのが髪や頭皮に優しい食事を摂取すること。
私たちの身体は60兆を超える細胞でできており、この細胞を作り生きて行くためには毎日食事を摂取しなければいけません。
毎日摂取する食べ物の種類や質、量、食べ方により髪や頭皮の健康状態は左右されます。特に現代人の多くは食べ物の種類が豊富になったことから、食べたいものを食べたいだけ食べ、見た目を良くするための添加物を摂取するようになりました。
私たちは知らず知らずのうちに髪や頭皮に良くない食生活をおくり、老化や薄毛を悪化させてしまっているのです。

キーワードは「シスチン」

髪は何で出来ているか知っていますか。
18種類からなるアミノ酸で構成されており、その中で注目されている成分がシスチンです。
シスチンは髪を丈夫に保つ働きをしてくれます。

・牛、豚、鶏などの肉類

・たまご、牛乳

・ウニ、カニ、牡蠣、アワビ

・ピーナッツ、大豆、納豆

・じゃがいも、小麦タンパク

上記にあげたものがシスチンを多く含んだ食べ物で、これらの食べ物は身体を作るためにも大切な役割を果たしてくれます。

美容効果だけではないビタミンの力!

髪の新陳代謝を促しているのがビタミンで、ビタミン不足になるとヘアサイクルが崩れフケや抜け毛を引き起こしてしまうと言われています。

ビタミンを多く含む食品

・牛乳、チーズ、たまご

・うなぎ、どじょう

・レバー、

・緑色葉野菜

これらの食べ物に含まれるビタミンは美容ビタミンと呼ばれている「ビタミンB2」が多く含まれています。

ビタミンB2は皮膚の抵抗力を強くしたり、炎症を防ぐ働きがあるので積極的に取り入れましょう。

これらの食べ物が育毛に優しいからといって過剰摂取すると、コレステロールの多いものやアレルギーを引き起こしてしまうものがありますので、自分の体質にあったものを効率よく摂るようにしましょう。

>> vefla モイストクレンジングシャンプーの詳細はこちら

 

育毛女子は正しく理解。AGAってなんだろう?

テレビや雑誌でよく目にする「AGA」。
病院で治療しましょうとか、薄毛で悩むならまずは病院へといったキャッチフレーズを聞いたことがあるかと思います。
でも「AGA」ってよくわからない…でも知りたい!そんな育毛女子にわかりやすくご紹介します。

AGAの意味って?

AndroGenetic Alopecia…男性ホルモンや遺伝型の脱毛症という意味で、男性ホルモンが多い男性がなる脱毛症です。
この単語を略したものがAGAです。
思春期になると男性ホルモンが活発になり、ヒゲや胸毛などが生えてきます。
ヒゲが生えるという事は髪も同じように生えるんじゃないの?と思いますよね。
ですが男性ホルモンの中には、髪の成長を阻害してしまうものもあります。
それがDHT(ジヒドロテストステロン)というもので、年齢と共にストレスや不規則な生活がDHTとあわさり、薄毛へと進行してしまうのです。
しかも放って置くと抜け毛は止まらず、比較的早く進行していくというのですから怖いですよね。

女性には関係ない…はうそ?!

男性ホルモンが影響してるんだったら女性には関係ないよね、と思ってしまいます。
女性ホルモンが活発に活動しているので男性ホルモンは表へ出てきませんが、女性にも男性ホルモンはあります。
そして加齢と共に女性ホルモンが減少すると、抑えられていた男性ホルモンが活動的になり、男性型脱毛症と同じような症状が現れます。
それをFAGAといいます。
またAGAではプロペシアという薬を使って治療するのですが、女性の場合はプロペシアを使うことができません。
その理由は妊娠中にプロペシアを服用すると、生育中の胎児に障害が残ってしまうことが多数報告されているからです。

治療する薬がないということは、頭皮にとって良いことをしてあげる他ありません。

そこでおすすめなのが、頭皮に優しいものを選ぶということ。

頭皮は私たちが思っているよりもデリケートです。

私たちがしっかりと労わって、健康な頭皮にしてあげることが大切だと思います。

>> vefla モイストクレンジングシャンプーの詳細はこちら