夏の栄養失調。髪の毛にも大きな影響が!

夏の暑さが続くと、体調だけではなく、髪の毛にも違和感を覚える人が急増します。

そこで今回のテーマは「夏の栄養失調。髪の毛にも大きな影響が!」です。

ぜひ、参考にしてくださいね。

この記事は、こんな人におすすめ

紫外線で疲れた髪の毛。回復レシピ

真夏の暑さが過ぎ去ると、何だか髪の毛がパサパサするという人はいませんか?

もしかしたら、紫外線で髪の毛が大きなダメージを受けているのかもしれません。

そこで今回は「紫外線で疲れた髪の毛。回復レシピ」をご紹介します。

この記事は、こんな人におすすめ

毛先のケアを重点的に!3つのケア方法とは?

毛先がボロボロな自分の髪の毛、諦めていませんか?

毛先が白くなっていたり、手触りが悪かったりしているのなら、重点的にケアをしなければなりません。

そこで今回は「毛先のケアを重点的に!」と題して、3つのケア方法をご紹介します。

ぜひ、参考にしてください。

この記事は、こんな人におすすめ

伸ばしっぱなしはNG!カットもヘアケアにつながる理由

髪の毛を伸ばし続けていると、何となく「このまま美容室に行かなくても、大丈夫かな」と思う時もあるでしょう。

しかしながら、髪の毛をカットして整えることは、ヘアケアにもつながるってご存じですか ?

そこで今回のテーマは「ヘアカットとヘアケアの関係性」です。

カットがヘアケアにつながるとは、どのようなことなのでしょうか?

ぜひ、参考にしてくださいね。

この記事は、こんな人におすすめ

眠気に負けないヘアケアのすすめ。3選

眠いとどうにもこうにも、髪の毛のケアまで手が回らない時がありますよね。

しかしながら、髪の毛が濡れている状態で寝てしまうと・・・髪の毛と枕の間に摩擦が起きて、髪の毛へのダメージが大きくなってしまいます。

だからこそ、眠気をこらえてヘアケアに力を入れる必要があるのです。

そこで今回は「眠気に負けないヘアケアのすすめ。3選」と題して、ご紹介いたします。

ぜひ、参考にして下さい。

この記事は、こんな人におすすめ

髪を乾かすときの3つのポイントは?

美しい髪の毛を維持していくためには、それなりの努力が必要です。

ヘアケアは1日にしてはならず!

毎日コツコツと続けることに、意味があります。

そこで今回は「髪を乾かすときの3つのポイント」をご紹介します。

ただ何となく、髪を乾かしていませんか?

ぜひ、ポイントを押さえていきましょう。

この記事は、こんな人におすすめ

髪に優しく。スタイリング時に気を付けること

ファッション・メイク・ヘアスタイルの3つを合わせて、オシャレは形作られます。

オシャレを楽しむためには、ヘアスタイリングは必要不可欠ですが、ヘアスプレーやワックス、ヘアアイロンなどは、少なからず髪の毛にダメージを与えます。

そこで今回は「ヘアスタイリングをする時に気を付けること」をご紹介します。

どのようにすれば、髪の毛へのダメージを最小限に留めながら、ヘアスタイリングを楽しむことができるのでしょうか?

この記事は、こんな人におすすめ

薄毛に効くサプリとは?サプリの種類と効果的な摂取方法まとめ

「薄毛をどうにかしたい!」と薄毛専用のシャンプーや育毛剤ばかりを試し続けていませんか?実は薄毛のお悩みには外からのアプローチだけではなく、内側からのケアも大切なんです。

そんな内側からのケアに便利なのが「サプリメント」。日頃から美容や健康のために摂取している方も多いのではないでしょうか?様々な種類があるサプリメントですが、薄毛に効くサプリメントとは一体どのような栄養素のサプリなのでしょうか?

今回は薄毛に効果的なサプリメントと、正しく効果的に結果を出すための摂取方法をご紹介していきます。

薄毛に効果的なビタミンとは?

薄毛に効果的と言われている栄養素は以下の5つです。

1. 亜鉛
2. ビタミンB2
3. ビタミンB6
4. ビタミンE
5. ビタミンC

髪の毛を主成分となる「ケラチン」を合成する機能を持つ「亜鉛」は、三大栄養素の中でも不足しやすい栄養素として知られています。牡蠣やレバー、ウナギなどに多く含まれていますが、毎日摂取することが難しい栄養素でもあるため、サプリメントでの摂取がおすすめです。

他にも亜鉛の吸収を助けるビタミンB2とB6、頭皮の血流を促進させて発毛を促すビタミンEとCも一緒に摂取するのがおすすめです。 “薄毛に効くサプリとは?サプリの種類と効果的な摂取方法まとめ” の続きを読む

産後や更年期の抜け毛には「カルシウム」が効果的。その理由とは?

産後や更年期の抜け毛は、ホルモンバランスの乱れが原因と言われています。


「ホルモンバランスって、自分で整えるの難しそう…」
「ピルやサプリメントを買うのは高くつくし…」


そう思って諦めている方も多いはず。しかし、実は産後や更年期の抜け毛はホルモンバランスの乱れだけではなく「カルシウム不足」も原因になっているのをご存知ですか?


今回はカルシウムと抜け毛の関係について紹介していきます。


カルシウム不足によるストレスが抜け毛を促進させる


「カルシウム=骨を強くするもの」というイメージが一般的ですが、実はカルシウムには脳神経を「興奮させる」作用があります。


カルシウムは血液中と細胞の中に蓄えられており、人間の身体は血液中のカルシウム濃度を常に一定に保つようにできています。しかし、カルシウムが不足すると人間の身体はバランスを取ろうと大量のカルシウムを血液中に放出してしまいます。このため、カルシウムの濃度が急激に変化して興奮しやすくなり、イライラしたり、不眠症などの「ストレス」が抜け毛の原因につながってしまうのです。


カルシウム不足を解消することで身体中のカルシウム濃度が保たれ、さらにカルシウムを多く含む乳製品やナッツ類には自律神経のバランスを整えるセロトニンという物質をつくる「トリプトファン」も多く含まれているため、相乗効果でイライラやストレスの軽減に効果的と言われています。


カルシウム不足を補うことで産後の育児によるストレスが軽減されたり、更年期に起こりやすい「骨粗鬆症」を予防することで栄養分が骨に吸い取られることなく髪に行き届くことで、抜け毛を予防することにつながるのです。


カルシウムを簡単かつ効果的に摂取する方法


カルシウムは食品からの摂取をおすすめします。乳製品はもちろん、大豆製品やナッツ、小魚などもカルシウムを多く含んでいます。毎日の習慣に取り入れやすい食品ばかりなので、自分の好みに合わせて選ぶといいですね。


・乳製品…牛乳が一番カルシウムの吸収率が高いと言われています。
・大豆製品…豆腐や納豆など、毎日の食事にも取り入れやすいものが多いです。
・ナッツ類…落花生はカルシウムの他にストレス軽減や興奮抑制に効果的なビタミンEやマグネシウムも多く含まれています。
・小魚…いわしやししゃもなど様々な種類がありますが、おやつや出汁としても取り入れやすい煮干しがおすすめです。


いかがでしたか?産後や更年期の抜け毛でお悩みの方や「抜け毛の原因はストレスかも…」と感じている方は、ぜひカルシウムを意識的に摂取してみてくださいね。

美髪に効果的なハンドブローとは?簡単なやり方と効果についてまとめ

「ハンドブロー」って何かご存知ですか?

シャンプー後、ドライヤーを当てるときにブラシではなく手を使っている方も多いはず。
髪の根元をやみくもにぐしゃぐしゃしたり、適当に手ぐしでとかしながらドライヤーを当てていませんか?

実は「ハンドブロー」はいつものドライヤーにちょっとしたコツを加えるだけでできる、美髪に効果的なブロー方法なんです!


今回は簡単にできる「ハンドブロー」についてまとめて紹介していきます。

ハンドブローで得られる効果とは?

 

「ハンドブロー」って何かご存知ですか?

ハンドブローとはその名の通り、手を使って行うブロー方法です。


濡れた髪はキューティクルが開いた状態で、そのまま放置せずドライヤーで乾かすことでキューティクルを髪に閉じ込めることが必要です。


「でも、ドライヤーの熱も髪によくないって聞いたけど…?」


確かに、ドライヤーの熱を長時間当て続けると髪は熱によるダメージを受けてしまいます。ドライヤーは構造上、一箇所に集中的に熱風が当たるようになっているので、キューティクルをキープしつつ熱からのダメージも防ぐには「ドライヤー」か「髪」を動かしながら乾かしてあげることが大切です。


「ハンドブロー」は癖毛や希望のスタイルに合わせて手で優しく髪をリードすることで、髪を熱風のダメージから守り、キューティクルを活かした美髪に効果的。さらに正しい手の使い方を覚えれば希望のスタイルに合わせてヘアセットまですることが可能です。


ハンドブローのやり方とコツ


それでは、具体的なハンドブローのやり方とコツを紹介していきたいと思います。


①タオルドライした髪にオイルや洗い流さないトリートメントなどで下準備


②下を向いて後頭部、耳周り、前髪の根元を手で頭皮をこするようにして乾かす


均等に風が当たるように根元を手で散らしながら乾かすのがコツ。根元に生え癖がある場合は少し引っ張るようにしながら乾かすと癖がなくなって綺麗な毛流れになります。


③髪の中間から毛先にかけて、手ぐしで流したい方向に少し引っ張りながら乾かす


内巻きにしたい場合は内側から手を入れて指のカーブを利用して内側に巻き込むように、ストレートにしたい場合は手ぐしのときに少し引っ張るように圧をかけながら、パーマヘアを活かしたい場合は指でねじりながら乾かすのがコツ。


いかがでしたか?手でドライヤーの熱風を分散させたり、指をつかって髪に毛流れをつくることでヘアスタイルの土台をつくり、自然なキューティクルを生み出すことができます。ハンドブローは簡単で誰でもできるブロー方法なので、ぜひ参考にして取り入れてみてくださいね。