産後や更年期の抜け毛には「カルシウム」が効果的。その理由とは?

産後や更年期の抜け毛は、ホルモンバランスの乱れが原因と言われています。


「ホルモンバランスって、自分で整えるの難しそう…」
「ピルやサプリメントを買うのは高くつくし…」


そう思って諦めている方も多いはず。しかし、実は産後や更年期の抜け毛はホルモンバランスの乱れだけではなく「カルシウム不足」も原因になっているのをご存知ですか?


今回はカルシウムと抜け毛の関係について紹介していきます。


カルシウム不足によるストレスが抜け毛を促進させる


「カルシウム=骨を強くするもの」というイメージが一般的ですが、実はカルシウムには脳神経を「興奮させる」作用があります。


カルシウムは血液中と細胞の中に蓄えられており、人間の身体は血液中のカルシウム濃度を常に一定に保つようにできています。しかし、カルシウムが不足すると人間の身体はバランスを取ろうと大量のカルシウムを血液中に放出してしまいます。このため、カルシウムの濃度が急激に変化して興奮しやすくなり、イライラしたり、不眠症などの「ストレス」が抜け毛の原因につながってしまうのです。


カルシウム不足を解消することで身体中のカルシウム濃度が保たれ、さらにカルシウムを多く含む乳製品やナッツ類には自律神経のバランスを整えるセロトニンという物質をつくる「トリプトファン」も多く含まれているため、相乗効果でイライラやストレスの軽減に効果的と言われています。


カルシウム不足を補うことで産後の育児によるストレスが軽減されたり、更年期に起こりやすい「骨粗鬆症」を予防することで栄養分が骨に吸い取られることなく髪に行き届くことで、抜け毛を予防することにつながるのです。


カルシウムを簡単かつ効果的に摂取する方法


カルシウムは食品からの摂取をおすすめします。乳製品はもちろん、大豆製品やナッツ、小魚などもカルシウムを多く含んでいます。毎日の習慣に取り入れやすい食品ばかりなので、自分の好みに合わせて選ぶといいですね。


・乳製品…牛乳が一番カルシウムの吸収率が高いと言われています。
・大豆製品…豆腐や納豆など、毎日の食事にも取り入れやすいものが多いです。
・ナッツ類…落花生はカルシウムの他にストレス軽減や興奮抑制に効果的なビタミンEやマグネシウムも多く含まれています。
・小魚…いわしやししゃもなど様々な種類がありますが、おやつや出汁としても取り入れやすい煮干しがおすすめです。


いかがでしたか?産後や更年期の抜け毛でお悩みの方や「抜け毛の原因はストレスかも…」と感じている方は、ぜひカルシウムを意識的に摂取してみてくださいね。

美髪に効果的なハンドブローとは?簡単なやり方と効果についてまとめ

「ハンドブロー」って何かご存知ですか?

シャンプー後、ドライヤーを当てるときにブラシではなく手を使っている方も多いはず。
髪の根元をやみくもにぐしゃぐしゃしたり、適当に手ぐしでとかしながらドライヤーを当てていませんか?

実は「ハンドブロー」はいつものドライヤーにちょっとしたコツを加えるだけでできる、美髪に効果的なブロー方法なんです!


今回は簡単にできる「ハンドブロー」についてまとめて紹介していきます。

ハンドブローで得られる効果とは?

 

「ハンドブロー」って何かご存知ですか?

ハンドブローとはその名の通り、手を使って行うブロー方法です。


濡れた髪はキューティクルが開いた状態で、そのまま放置せずドライヤーで乾かすことでキューティクルを髪に閉じ込めることが必要です。


「でも、ドライヤーの熱も髪によくないって聞いたけど…?」


確かに、ドライヤーの熱を長時間当て続けると髪は熱によるダメージを受けてしまいます。ドライヤーは構造上、一箇所に集中的に熱風が当たるようになっているので、キューティクルをキープしつつ熱からのダメージも防ぐには「ドライヤー」か「髪」を動かしながら乾かしてあげることが大切です。


「ハンドブロー」は癖毛や希望のスタイルに合わせて手で優しく髪をリードすることで、髪を熱風のダメージから守り、キューティクルを活かした美髪に効果的。さらに正しい手の使い方を覚えれば希望のスタイルに合わせてヘアセットまですることが可能です。


ハンドブローのやり方とコツ


それでは、具体的なハンドブローのやり方とコツを紹介していきたいと思います。


①タオルドライした髪にオイルや洗い流さないトリートメントなどで下準備


②下を向いて後頭部、耳周り、前髪の根元を手で頭皮をこするようにして乾かす


均等に風が当たるように根元を手で散らしながら乾かすのがコツ。根元に生え癖がある場合は少し引っ張るようにしながら乾かすと癖がなくなって綺麗な毛流れになります。


③髪の中間から毛先にかけて、手ぐしで流したい方向に少し引っ張りながら乾かす


内巻きにしたい場合は内側から手を入れて指のカーブを利用して内側に巻き込むように、ストレートにしたい場合は手ぐしのときに少し引っ張るように圧をかけながら、パーマヘアを活かしたい場合は指でねじりながら乾かすのがコツ。


いかがでしたか?手でドライヤーの熱風を分散させたり、指をつかって髪に毛流れをつくることでヘアスタイルの土台をつくり、自然なキューティクルを生み出すことができます。ハンドブローは簡単で誰でもできるブロー方法なので、ぜひ参考にして取り入れてみてくださいね。

調理不要!産後に毎日食べて欲しい発毛フードとは?

赤ちゃんのお世話、上の子達のケア、家事など、妻としても母としても、毎日奮闘しているママたち。

食べる時間もきちんも確保できないくらい、忙しい時ってありますよね。

産後の髪の毛のためには栄養をきちんと摂って、体の内側から発毛ケアをしていくことが大切です。

そこで今回は「産後に毎日食べて欲しい発毛フード」をご紹介します。

調理不要なので、産後のバタバタする時期でも大丈夫!

この記事はこんな人におすすめ

  • 産後の抜け毛が気になる
  • 産後の生活がバタバタしていて、自分のケアまで手が回らない
  • 産後、髪の毛が細くなった気がする
  • 忙しい子育ての合間に、ヘアケアをやっていきたい

甘くて疲れも吹き飛ぶ!バナナ

産後のママは、慣れない育児や寝不足が続き、疲れが溜まりがち。

そこで、おすすめするのが「バナナ」です。

時間がない時でも、皮を剥くだけですぐに食べることができますし、何より甘いバナナを食べるだけで元気が出てきますよね。

その上、バナナには産後のママの役に立つ栄養成分がもりだくさん。

バナナには抗酸化作用が含まれるポリフェノール、育毛・発毛促進効果が期待できるビタミンB群などがたっぷりと含まれているので、頭皮環境を整えるのにはとても効果的というわけです。

冷蔵庫に常備したい!納豆

薄毛予防に効果的なイソフラボンや、良質なタンパク質が豊富に含まれている納豆は、産後ママの強い味方です。

お値段もお手頃ですし、醤油やたれをかけるだけで、立派なメインにも変身する優れものです。

頭皮環境を整えてくれるビタミンB2もしっかり摂取できるので、産後の髪の毛の状態を良くする食材としておすすめです。

納豆は白米・麺・野菜など、さまざまな食材との相性が良いので、毎日飽きることなく食べられるのが嬉しいですね。

片手でパクパク。ナッツ類

授乳をしていると無性にお腹が空きますし、寝不足の状態が続くと「何か食べていないと、眠くなってしまう」というママも多いでしょう。

おすわりができるようになる産後8か月くらいまでは、赤ちゃんを抱っこしながら、片手でパクパクと食べられるものが重宝する時期ですよね。

ナッツには、産後の薄毛予防に役立つのが良質なタンパク質と血行促進効果がある「ビタミンE」がたくさん含まれています。

油分が多いので食べすぎには注意ですが、片手で食べられる高栄養食材は、貴重ですね。

小瓶に入れて、キッチンやリビングに置いておけば、どんなに忙しい毎日でも気が付いたときにパクッと食べられます。

まとめ

今回は、産後に毎日食べて欲しい発毛フードについてお話をしました。

バナナ・納豆・ナッツのすべてが、調理不要です。

産後は赤ちゃんのことで手いっぱいで、なかなか自分のことまで気が回らないママも多いですが、今回ご紹介した発毛フードなら手軽に摂取できることは間違いなし!

しっかりと食べて、体の内側からキレイなママを目指しましょう。

育毛したい方必見!正しい育毛の方法とは?

育毛したい方必見!正しい育毛の方法とは?

加齢による抜け毛や薄毛、また出産後の抜け毛など、
薄毛や抜け毛はもはや男性だけの問題ではなく、
女性にとっても深刻な悩みとなっています。

でも病院に行くのも人目が気になるし、
育毛剤を購入するのにも抵抗がある…
そんな女性は大変多いと聞きます。

そこで、自宅で簡単にケアできる方法をまとめてみました! “育毛したい方必見!正しい育毛の方法とは?” の続きを読む

髪のボリュームを取り戻したい!育毛ケアを始めましょう♪≪シャンプー編≫

加齢や産後の抜け毛で髪のボリュームが以前よりも減ってきた…。
そんな方は多いと思います。間違ったケアをしていると、改善どころかどんどん抜け毛が加速してしまう恐れも。
正しい育毛ケアで健康な髪を取り戻しましょう! “髪のボリュームを取り戻したい!育毛ケアを始めましょう♪≪シャンプー編≫” の続きを読む

髪のボリュームを取り戻したい!育毛ケアを始めましょう♪≪育毛剤編≫

先週はシャンプーの選び方や洗い方などをまとめてみましたが、
今週は育毛剤についてお話したいと思います!
先週のシャンプーにプラスして意識することでさらに効果的ですので
ぜひぜひご参考くださいね♪

女性の育毛剤はこう選ぶ

沢山育毛剤がある中でどの育毛剤を選んでいいのかわからない
そんな方も多いのではないでしょうか。

男性用の育毛剤を使用している女性もいらっしゃいます。
確かにイメージ的には男性用の方が効果が高そうな感じがしますよね。
ですが、安易に男性用の育毛剤を使用するのは少々危険です。
男性用育毛剤の中には、女性のお肌には刺激が強すぎるものもあり、
かえって頭皮トラブルを招いてしまう恐れも。

中でも、男性用育毛剤に含まれていることの多い“ミノキシジル”は
配合濃度が高いものを女性が使用すると体毛が濃くなったり、
痒みや赤みなどの副作用が出る場合もあります。
妊娠中や授乳中の方の使用は悪影響を及ぼす可能性があるので使用しないようにしましょう。

やはり女性用の育毛剤は女性の肌に合った成分で作られておりますので、
できれば女性用のものを使用するのがよいです。
また、男女兼用のものを使用するのも良いでしょう。

vefla薬用育毛剤は敏感肌・乾燥肌の女性向けに作られた大変お肌に優しい育毛剤です。
中でも、基礎的成分である日高沖産昆布エキスは
頭皮の水分量を保持して育毛の大敵である頭皮の乾燥からお肌を守ります。

育毛剤を使用し始めたら

育毛剤に即効性は期待できません。
なぜなら髪には毛周期があるので少しの期間使用しただけでは効果は実感できないのです。

育毛剤を使用する上で大切なのは継続するということ。
長期の使用を見越して根気よくお使いいただくことで
初めて効果を実感いただけるものとなります。

中には使用し始めてから3ヶ月ほどで抜け毛の軽減など
何かしらの効果をご実感いただける方もおられます。
ですが「やっと改善されたと思ったのにしばらくするとまた抜け毛が目立ち始めた…。」
そんな経験をされた方も多いのではないでしょうか?

これは、まだ毛自体の毛周期のバランスが整っておらず、
成長期よりも退行期・休止期の期間の方が長くなっている為、
せっかく生えてきた髪がまた半年くらいで抜けてしまうといった状況が考えられます。

通常の成長期が2年から6年くらいと言われておりますので、
その正常な毛周期に戻るまでには少し時間がかかります。

抜け毛が再度増えてきても、そこで諦めてしまわず
正常なサイクルに戻るまで根気よく続けてみてくださいね!

オススメの使用方法

髪と頭皮が渇いている状態で使用するようにしましょう。
その理由としては、頭皮が濡れた状態にあると育毛剤の浸透が悪くなってしまうということ、
そして水分によって成分が薄まってしまう可能性があることが挙げられます。

また、タオルドライなどで頭皮の水分をふき取った状態であっても、
髪には水分が残っている状態ですので衛生上良くありません。
その後、ドライヤーで髪を乾かす場合でも、ドライヤーによりせっかくつけた育毛剤が
頭皮に浸透する前に蒸発してしまう可能性があります。

このような理由から、育毛剤を使用する場合は
髪と頭皮が渇いた状態でご使用いただくことがベストなご使用方法となります。

⇒vefla薬用育毛剤はこちらから

 

アミノ産配合の商品について正しく知ろう♪

veflaモイストクレンジングシャンプー
VEFLAパーリィモイストフェイシャルフォームはアミノ酸系洗浄成分を使用しています♪アミノ酸がいいとよく聞くけれど一体何がいいのかわからない…。
そういう方は多いのではないでしょうか?アミノ酸が人気の理由を見ていきましょう♪

アミノ酸洗浄剤とは?

アミノ酸系の洗浄成分を使用しているものは、
低刺激でお肌に優しいことが特徴です。
また、適度な洗浄力のためお肌の潤いを落としすぎずに洗うことができます。

保湿力に優れているので洗顔後や染髪後のお肌のつっぱり感があまりありません。

乾燥肌の方やお肌の弱い方に適した洗浄剤と言えるでしょう。
反対に、皮脂分泌が多い方には物足りないかもしれません。

アミノ酸の商品を選ぶ際に気を付けたい点

市販の商品でもアミノ酸配合のものが多く出回っています。
ですが、注意いただきたい点があることをご存知でしょうか?

アミノ酸が配合されていると言っても、
本当にアミノ酸系の洗浄成分がメインとなっている商品か、
もしくは洗浄成分は他の高級アルコール系や石鹸系が主成分で、
アミノ酸が少量入っているだけなのか。
同じアミノ酸の商品でもこの2つの差は非常に大きいです。

少しのアミノ酸で
“アミノ酸シャンプー”と謳っているものも多くあります。
しっかりと区別をするために成分をよく確認しましょう。

成分の最初の方に“ラウリル硫酸”“スルホン酸”
等が表示されていたら要注意です。
いくらアミノ酸と謳われていても、高級アルコールシャンプーです。

“ココイル○○”などの記載が最初の方にされていれば、
アミノ酸の洗浄成分が主成分になっている商品です。

良い成分を選びましょう

うたい文句に惑わされず、しっかり成分をみて選ぶことが大切です。

veflaモイストクレンジングシャンプー
N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-グルタミン酸トリエタノールアミン液というのが
別名「ココイルグルタミン酸TEA」、ヤシ由来アミノ酸系洗浄剤です♪

また、VEFLAパーリィモイストフェイシャルフォームもアミノ酸系の洗浄成分を使用!
洗浄成分はアミノ酸系のものが100%です♪

肌の乾燥が気になる方、頭皮環境を整えたい方、
是非ともお試しいただきたいシャンプー&洗顔フォームです^^

 

【育毛女子集まれ】コラーゲンたっぷりの食材、食品

コラーゲンが育毛に良いの?
コラーゲンって美肌の為のものじゃないの?
実はコラーゲンが髪にも良いということが報告されています。
だけどサプリメントだけでは不十分で、しっかりと食品から摂取することが大事です。

コラーゲンたっぷり食材♪

・牛肉…牛スジ
・豚肉…スペアリブ、豚足、レバー
・鶏肉…手羽、胸肉、レバー
・魚介類…ハモ、うなぎ、鮭、なまこ、フカヒレ

私たちが普段から手軽に食べられる食材の中に、コラーゲンがたっぷり入っているのは有難いですね。

特に魚の皮や冷めるとぷるっと固まるスジ肉や手羽などに比較的多いことがあげられます。

残してしまいがちな魚の皮もしっかりと食べるようにしましょう。

煮こごりはそのままだと食べにくいので、温めてスープにすると食べやすいですよ♪

一緒に摂ると効果的!

「ビタミンC」「鉄」はコラーゲンと一緒に摂ると、アミノ酸の合成がうまく働くようになります。
アミノ酸は美しく健康な髪を育てるのに欠かせない栄養素なので、是非一緒にとるように心がけましょう。

・ビタミンC…柑橘類、ブロッコリー、キャベツ、大根の葉

・鉄…レバー、あさり、ひじき、鰯、うなぎ、かつお

ここで驚いたのですが髪に必要なタンパク質は肉類や魚に多く、コラーゲンの多い食材を見ると、肉や魚などタンパク質が豊富な食材が多いです。

つまりタンパク質とコラーゲンを無理なく同時に摂取できるという事です♪

これだけ多くの食材の中にコラーゲンが含まれているということは、毎日飽きずに摂ることができますし、お肉だけではなく野菜も同時に取れるのは健康的で理想だと言えます。

でも、どんなに優れた食材であっても摂りすぎて他の栄養素が不足してしまうと意味がありません。

偏ることなく、食材をうまくアレンジして摂り入れるようにしましょう。

>> vefla モイストクレンジングシャンプーの詳細はこちら

 

育毛女子が知っておきたいたった3つのポイント

薄毛・抜け毛なんて早くおさらばしたい!
そんな女子の為に、育毛ポイントを3つ紹介します。

ポイント1:シャンプー

私たちの頭皮は大量の太い髪で覆われているため、他の皮膚よりも敏感でデリケートだといえます。
ですが抜け毛や薄毛などが進行し、頭皮は常に危険にさらされるようになりました。
とくに一年を通して降り注ぐ紫外線の影響は計り知れません。
そこに加えて仕事や家事、育児などのストレスにより薄毛の進行は止まることなく悪化していきます。
そこで頭皮に清潔で、髪にしっかりと栄養を吸収させるためにもシャンプーを見直すことが大切です。

トラブル回避!頭皮に優しいシャンプーの特徴

●安心、安全

●保湿力がある

●低刺激

●洗浄力がやさしい

●髪の毛も潤う

とくに抜け毛が多く、薄毛が気になる方にはアミノ酸系シャンプーやノンシリコンシャンプーをおすすめします。

ポイント2:食生活

健康な身体を作っているのは食事で摂取した栄養素からです。
もちろん髪も私たちが食べたもので「キレイで健康」か「パサパサのスカスカ」に分かれます。

気をつけたい食事のポイント

●朝昼晩、三食頂くこと

●パンやパスタは糖質が多いのでごはんを摂るようにする

●牛・豚・鶏は赤身を選んで食べる

●塩分は極力控える

外食が多い人は揚げ物やマヨネーズなどの脂質に注意しましょう。

ポイント3:育毛を楽しむ

年齢を重ねるたびに薄くなっていく髪…。
どうにかしたい!と焦っていてはストレスを増やすだけです。
発毛や育毛は魔法のように一瞬で終わるものではありません。
個人差はありますが、長い時間をかけて付き合っていかなければならないのです。
だったら楽しく育毛と向き合いたいですよね。
美味しい食事を家族や友人、恋人と楽しんだり、運動がてら風や日本の四季を感じながら散歩をすることもいいと思います。
毎日の生活に少しだけでもかまいません。心も身体も楽しめる要素を取り入れてみてはいかがでしょうか。

>> vefla モイストクレンジングシャンプーの詳細はこちら